※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JST
本店:東京都江東区新砂一丁目6番27号

【商号履歴】
JST株式会社(2006年4月1日~)
日本鉄塔工業株式会社(1961年4月~2006年4月1日)
株式会社若松服部製作所(1938年11月26日~1961年4月)

【株式上場履歴】
<東証2部>1961年10月2日~2011年1月27日(株式会社Jホールディングスが全部取得)

【合併履歴】
2007年3月 日 株式会社日塔建設

【沿革】
昭和13年11月 株式会社服部製作所より同社若松工場(大正11年3月、福岡県若松市に建設)を分離独立して、工場施設、従業員等一切の権利義務を引継ぎ、東京市日本橋区に株式会社若松服部製作所(資本金1百万円)を設立し、電力用鉄塔の国内における唯一の専門メーカーとして発足。
昭和26年12月 大阪精機工業株式会社東京工場を買収して、大森工場とし、鉄塔用ボルト・ナット製作を開始。
昭和29年1月 東京都江東区南砂町に砂町工場を建設。
昭和35年10月 キシヤ機械鉄工株式会社を買収し、建設用機材の賃貸及び商品の販売を開始。
昭和36年1月 キシヤ機械鉄工株式会社の商号を小倉建設機械株式会社に変更。
昭和36年4月 商号を日本鉄塔工業株式会社に変更。
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和37年4月 砂町工場に第二鉄塔工場を建設。
昭和37年7月 若松工場に鋼管鉄塔工場を新設し、ネックフランヂ方式による鋼管鉄塔製作を開始。
昭和38年5月 若松工場に橋梁工場を新設し、橋梁部門に進出。
昭和39年2月 大阪営業所を開設。
昭和43年9月 本社を東京都江東区に移転。
昭和43年11月 豊橋工場(愛知県豊橋市)を新設。
昭和44年9月 名古屋営業所を開設。
昭和44年11月 福岡県北九州市北湊臨海工業地帯に響灘鉄構センターを新設し、海洋鉄構造物製作を開始。
昭和50年4月 仙台営業所を開設。
昭和52年4月 福岡営業所を開設。
昭和55年5月 大森工場を分離独立させ、株式会社日本鉄塔大森工場(現・連結子会社)として設立。
昭和59年6月 大型橋梁に対応するため、響灘鉄構センターを閉鎖し港湾設備の整った若松鉄構センター(福岡県北九州市)を新設。
昭和62年7月 砂町工場を閉鎖し、千葉工場(千葉県佐倉市)へ新設移転。
平成3年7月 小倉建設機械株式会社の商号を株式会社日塔建設(現・連結子会社)に変更。
平成3年10月 若松鉄構センター内に橋梁溶接工場を増設。
平成5年3月 砂町工場跡地に賃貸用ビル(新砂プラザ、一部当社本社部門使用)を新設。
平成7年4月 広島営業所を開設。
平成9年6月 賃貸用大型店舗(愛知県豊橋市)を新設。
平成10年2月 沖縄営業所を開設。
平成13年1月 山口営業所を開設。
平成13年8月 豊橋工場を閉鎖。
平成14年4月 岐阜営業所を開設。
平成15年8月 鉄塔部門と景観部門を統合の上、株式会社日本鉄塔鉄構カンパニー(現・連結子会社)を設立。
平成15年9月 千葉工場を閉鎖し、若松工場へ集約。
平成16年7月 静岡営業所を開設。
平成17年11月 岐阜営業所を閉鎖。
平成18年3月 静岡営業所を閉鎖。
平成18年4月1日 鉄塔事業の完全分社化に伴い、商号を「JST株式会社」に変更。また、株式会社日本鉄塔鉄構カンパニーの商号を「日本鉄塔工業株式会社」(現・連結子会社)に変更。
平成19年3月 株式会社日塔建設を吸収合併。