※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

UACJ製箔
本店:大阪市淀川区西中島四丁目1番1号

【商号履歴】
株式会社UACJ製箔(2014年1月1日~)
日本製箔株式会社(1937年1月~2014年1月1日)
日本錫紙株式会社(1933年11月17日~1937年1月)

【株式上場履歴】
<東証2部>1961年10月2日~2009年10月9日(古河スカイ株式会社が全部取得)
<大証2部>1961年10月2日~2008年9月2日(上場廃止申請)

【合併履歴】
2014年1月1日 住軽アルミ箔株式会社
1934年12月 日 河内錫紙製造株式会社
1933年11月17日 福田重錫アルミ箔製造株式会社
1933年11月17日 東洋錫紙株式会社
1933年11月17日 天野製箔株式会社

【沿革】
昭和8年11月 福田重錫アルミ箔製造株式会社(京都)、東洋錫紙株式会社(吹田)、天野製箔株式会社(藤井寺)が合併し日本錫紙株式会社設立。錫鉛箔製造。
昭和9年12月 河内錫紙製造株式会社(藤井寺)を合併。
昭和12年1月 日本製箔株式会社と社名変更。アルミニウム箔製造開始。
昭和14年9月 アルミニウム使用制限となり、一時錫鉛箔圧延に戻ると同時に、たばこ包装用パラフィン紙の製造開始。
昭和24年4月 国内アルミニウムの使用制限が解除されアルミニウム箔の製造再開。
昭和26年4月 三国工場新設。
昭和26年12月 東京営業所を開設。
昭和29年10月 東京証券取引所市場第2部に上場。
昭和31年2月 大阪証券取引所市場第2部に上場。
昭和34年8月 関係会社として日本ラミネート工業株式会社を設立。
昭和43年9月 野木工場新設。
昭和44年12月 三国工場を閉鎖。吹田工場、京都工場へ集約。
昭和47年3月 関係会社としてニッパク産業株式会社を設立。
昭和48年6月 大阪営業所を開設。
昭和50年2月 東京営業所を東京支店に改組。
昭和51年3月 福岡出張所を開設。
昭和52年3月 大阪営業所を大阪支店に改組。
昭和53年6月 関係会社としてニッパクホイル加工株式会社を設立。
昭和53年6月 関係会社として日本金属箔工業株式会社を設立。
昭和53年7月 藤井寺工場を閉鎖。吹田工場へ集約。
昭和59年10月 滋賀工場新設。吹田工場を移設。
昭和59年12月 本社及び大阪支店を移転。
昭和60年11月 加工事業部(京都)を滋賀工場へ移設。
昭和62年12月 関係会社の日本金属箔工業株式会社が日本ラミネート工業株式会社と合併。
昭和63年4月 福岡出張所を福岡営業所に改組。
平成6年12月 加工品営業部を新設。
平成7年11月 東京支社を設置。東京支店、大阪支店を各々東京箔営業部、大阪箔営業部に改組。
平成11年7月 電子材料事業部を新設。
平成12年2月 大阪・東京の二本社制とする。
平成12年5月 大阪本社を現在地へ移転。
平成12年8月 関係会社としてニッパク加工サービス株式会社を設立。
平成17年4月 事業部制を廃止。
平成17年5月 東京本社を現在地へ移転。
平成19年2月 福岡営業所を閉鎖し、大阪本社へ集約。
平成19年2月 ニッパクホイル加工株式会社を解散。