|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ギャンブルについて(まとめ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • しょうた
「ギャンブルとは」
 ギャンブル(賭博(とばく)、博打、博奕、ばくち)とは、金銭や品物などの財物を賭けて偶然性の要素が含まれる勝負を行い、その勝負の結果によって賭けた財物のやりとりをおこなう行為の総称である。
 日本語において「ギャンブル」「博打、博奕、ばくち」「賭博」の各語は、その意味するところが多少異なっていると一般には考えられている。 日本において「賭博」は刑法によって(一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときを除いて)禁止されているが、賭博にはあたらないものの、賭博的な要素を持つ遊技を指して「ギャンブル」と呼ぶことが多い。
 日本では、地方自治体などによって主催される(いわゆる)公営ギャンブルおよびパチンコなどの各種遊技が行われている。
 日本における公営ギャンブルは、大別して公営競技と公営くじの2つに分類できる。公営競技には「競馬」「競艇」などがあり、公営くじには「宝くじ」「スポーツ振興くじ」などがある。
 これ以外にも財源難に苦しむ地方自治体を中心に特別法の制定による公営カジノの設置を求める動きがみられる。

  • ひろゆき
「宝くじ・totoについて」
 宝くじは、古くは江戸時代などにおいて神社や寺の修復費用を集めるなどの目的で富籤(とみくじ)などと呼ばれていた。 昭和23年に当せん金付証票法(昭和23年法律第144号)に基づく公営ギャンブルと制定され、自治体などの財源確保を目的に運営されている。
  現在の日本の宝くじには大きく次の三つの方式がある。
 1つは、一意の番号が印刷された券を一定の金額(1枚100~300円)で購入し、後日の抽せんで番号が一致すれば100円~最高で数億円の当せん金を受け取ることのできるもの。(ジャンボくじなど一般の宝くじ)
 2つ目は、数字選択式 - 一定のルールに従った任意の番号の組み合わせを指定した券を一定の金額(1口当たり200円)で購入し、後で行われる抽せんで番号が一致すれば数千円~最高で4億円の当せん金を受け取ることのできるもの。(ナンバーズ、ロト6、ミニロト)
 そして最後に、券面に予め当たり、外れが印刷された状態でカバーがかけられて、1枚200円で売られ、購入後にコインなどでカバーを外すと結果がわかるもの。(スクラッチ、インスタント。一等の当せん金を数十万~100万円程度に低くして当たる確率を高めたものが多い
 totoについては、スポーツ振興くじの一種であり、Jリーグの指定された試合の結果あるいは各チームの得点数を予想して投票し、的中すると払戻金を受けることのできる公営ギャンブルの一種である。通称サッカーくじと呼ばれ、toto(トト)の愛称がついている。
 投票方法には、指定されたJリーグ1部、2部の13試合について、ホームチームの90分経過時点(延長戦含まず)での「勝ち」「負け」「その他の結果」(同点等)を予想する。
全試合当たると1等、1試合外れで2等、2試合外れで3等の払戻金がもらえる。
※当初は延長戦を含めた120分間の勝ち、負け、引き分け(その他)を予想していたが、全試合的中でも低配当になったこともあったので2002年(J2で90分引き分け制導入)から90分の勝ち、負けとその他(延長戦、引き分け等)から予想する形となった。2003年からJ1も90分引き分け制となったので現在実質的には「勝ち」「負け」「引き分け」の3種類となっている。
 当選金については、1等の当せん金は上限1億円。2等、3等(=totoのみ)はそれぞれ1等、2等の当せん金を上回らない金額となっている。
キャリーオーバーは前回の同等の正解該当者がいない場合や上限賞金をオーバーした場合に発生する繰越金で、その場合1等の上限は最大2億円となる。
なお、対象試合が天候、その他の不可抗力で中止・延期となった場合、totoでは9試合以上開催(中止が4試合以内)、toto GOAL3では2試合以上開催(同1試合以内)であればくじが成立する。その場合はいづれの選択肢にマークしても全て正解と見なされる。またtotoが5試合以上、toto GOAL3は2試合以上開催中止となった場合はくじは不成立となって全額払い戻しとなる。
払い戻しに際してはtoto一般会員並びに一般市民が10万円以上の配当金を受け取る場合、並びにtotoデビッドカード会員、toto特別会員の場合は配当金額に関わらず、本人確認が出来る書類(免許証、パスポートなど)と印鑑を必要とする。
10万円以上の配当金を受け取る場合は投票券を一旦信用金庫で預かり、所定手続きを行ったうえで後日払い戻しを行う。10万円以内の場合は窓口で直接払い戻し(デビッドカード会員、特別会員は会員保有の銀行口座に振り込み)を受けることが出来る。

  • たくや
「競馬について」
 競馬(けいば、Horse Racing)とは、馬が一定のコースをどれだけ速く駆け抜けられるかを競うスポーツ、かつ興行である。
 競馬は競馬場で行われ、一般には騎手が馬に騎乗して一定の距離を走る。コース途中に設置された障害を飛んだり、騎手が乗った車やそりを引っ張ったりすることもある。
 用いられる競走馬は、平地や障害、速歩競走ではサラブレッド、サラブレッド系種、アラブ、アングロアラブ、アングロアラブ系種の軽種馬もしくはクォーターホース 、アメリカントロッター等の中間種が用いられ、ばんえい競走では重種馬が用いられる。
 間種が用いられ、ばんえい競走では重種馬が用いられる。
競馬の世界は優勝劣敗が大原則であり、強い馬は強い馬同士、弱い馬は弱い馬同士での競走が基本である。だが、競走の出走メンバーのみを変更するには限界がある。そこで考え出された方法として強い馬には重い斤量を、弱い馬には軽い斤量となるように、負担斤量を変更することで、ある程度幅のある競走を組むことができる。負担斤量の決定方法としては別定戦、定量戦、ハンデキャップなどがある。
 競馬は興行という一面もあり、そのためお客様をより多くひきつけるために、目玉となる競走として重賞が行われる。重賞の中でも、「強い馬が集まる重賞」、「そこそこのメンバーが集まる重賞」などのように格付けが行われており、それがグレード制である。最も強い馬が集まるのがグレードワン競走である。重賞の中でも、伝統的に古くから行われ、3歳という馬の生涯で一度きりのクラシック (競馬)がある。クラシック三冠を全て制覇するのは非常に困難なことである。競馬について
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

ギャンブルの還元率について

ギャンブルには「還元率」というものが存在します。還元率とは、客が支払ったチップの内、幾ら客側に還元するか?ということです。ギャンブルには必ず胴元という運営者がおり、その運営者は利益を出さなくてはギャンブルを継続する事はできません。
一般に
宝くじ・toto 還元率45%
競艇・競馬 還元率75%
パチンコ・パチスロ 還元率80%
といわれており、宝くじなら、1万円分買ったときの期待収益は4500円となり、5500円は胴元の利益になるのです。
 では、何故還元率はバラバラなのでしょうか?理由は、 もし、パチンコで還元率が45%だとして、打ってもほとんど負けるわけです。ですから、パチンコのように勝ち金が比較的少ないギャンブルはできるだけ還元率を高くしないとお客さんがつかないのです。しかし、宝くじの場合、最高賞金が3億円ですからたとえ負け続けてもそれが当然である。という意識が強くなります。さらに、当選した場合の賞金額が大きいので期待も膨れます。こうゆう理由によって還元率に差でるのです。


更新履歴

取得中です。