|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

闘牛について(レポート)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

闘牛は日本各地でも行われている。
新潟では牛の角突き、隠岐では牛突き、宇和島では牛相撲とも呼ばれ、鹿児島県徳之島では牛オーシ、そして当地沖縄では牛オーラセーと呼ばれている。

沖縄で牛の記録が残されているのは、1479年(宗成大王実録)からだとされている。その頃既に闘牛が行われていたかは不明である。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
大正時代の闘牛の写真

闘牛は農村で自然発生したものであり、現在のような確立された形は明治時代になってからと言われている。

戦前はアブシバレー(畦払い)や原山勝負の日を中心に行われた。
明治の初めには牛佐治という役人がおり鉦を叩き人を集めて闘牛を行ったとの記述もある。
それまでの闘牛は入場無料であった。
入場料を徴収するようになったのは1934年(昭和9年)の読谷大会から
だと言われている。

現在、入場料は地方大会が2,500円、準全島と全島は3,000円。また、7月から11月にかけては、各地の市町村まつりの一環として行われる入場料無料の大会が8大会ほどある。

明治38年に行われた具志川村(現在は市)間切り合戦は、2日がかりであったと伝えられている。

10組の牛を対戦させるのに1日費やしてしまい、あとの2組は翌日まで持ち越された。

現在のような柵のある闘牛場では無かった為、広場や草原で対戦させてた。



html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
牛でのルール
闘牛は1対1の勝負なのだが、脇に人間の勢子(せこ、沖縄では闘牛士と言われている)がそれぞれついて牛に気合、叱咤を入れる。
相撲みたいに、牛は相手に技をかけて戦う。

闘牛でのルール
勝負は基本的に逃げた方が負けだが、腹取りという技では勝ち負けの大勢がほぼ決まるので、審判たちが勝負を決める。
闘牛士は戦っている牛を引き離しにかかる。興奮している牛を相手するので、引きずられる闘牛士もいる。
勝った牛は勝利を宣言する布をかけてもらい、牛主の家族はなだれ込んで踊り、 観客みんなが勝利の牛にお祝いをする。

牛のクラスについて
牛のクラスは戦績で決まる 。
ローカルな大会では出場牛の中での戦績を参考にする、紅組、白組に分けるのは、白組の牛を挑戦者としているからである。

クラスは上から順に、横綱、大関、関脇がありその下は4、5、6、7のように数字で決めていく三役の下は体重が大きい順、戦績順などできめる。

全島大会などの大きな大会ではもともと決まった沖縄の横綱がいる。
全島大会に出場する牛が6頭以上出場する大会は準全島大会と言える。

優勝について
優勝は基本的には横綱の勝負に勝った牛である

賞金について
賞金は全部の牛に同じぐらい出される。

html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
現在、県内に13の闘牛場があり、闘牛愛好家が組合をつくり定期的(日
曜・祭日)に大会を開いている。月に3,4回程度。

 闘牛場は、今帰仁、本部、名護、石川3カ所、具志川、沖縄市、嘉手納、
宜野湾、知念、石垣、与那国にある。その中で沖縄市営闘牛場がもっとも大きく収容人員1万人であり、年に2回、全島大会が開催されている。
入場人数は全島大会などの大きな大会で5000人ぐらい 。

春と秋に行われる大きな大会を「全島大会」と言う。
全島大会は石川(イベント広場)、具志川(安慶名)、沖縄(観光闘牛場)
の3ヶ所で行われるのですが、バスの便では具志川の闘牛場が良い。
(大会は銃繰りで開催)
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
開催資金は入場料からまかなわれる、入場料から何%ときまった値がある。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
闘牛のオーナーは牛の先生見たいな人が成長した牛をつれてきて
オーナーの人はその牛を育てる。餌代は月5000円と意外と安いのだが、牛を運動させる事が大変。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
牛の移送料金は約5000円である、牛の専用車両で移送しないと牛が暴れてけがをして試合に出られなくなる事もある。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。 html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。


更新履歴

取得中です。