メーラー比較


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

保存形式 利点 欠点
Sylpheed MH 動作が軽い
振り分けは正規表現も利用可能
各種画面でドラッグ&ドロップでの移動ができない
Thunderbird MBOX アドオンで自由にカスタマイズ(機能拡張、テーマ変更)が可能 動作がやや重い
Edmax MH 動作が軽い
マクロが使える
タブが嫌いな人には向かない。
アドレス自動補完機能がない(マクロで拡張は可能)
秀丸メール MH 動作が軽い
メール編集画面が秀丸エディタ並みに高機能
振り分けは複雑な条件も指定可能
マクロが使える
アドレス自動補完機能がない(マクロで拡張は可能)
秀丸エディタを購入している場合のみライセンスフリー
OutlookExpress MBOX セキュリティ面のリスク大
Outlook MBOX(?) セキュリティ面のリスク大
すべてが1ファイルとして保存されるため、メールが増えれば増えるほど遅くなる
ファイルが壊れたときのリスク大
動作が重い

総評:
  • Outlook、OutlookExpress … メーラ自体を特に気にしない人向け。最もユーザが多く狙われやすいため、セキュリティ面を考慮するとビジネス向きではない。
  • 秀丸メール … すでに秀丸エディタユーザである人には非常にお勧め。動作が軽い上に高機能。秀丸エディタのライセンスがあればフリーで使える。
  • Thunderbird … 高機能。カスタマイズ次第で自分色のメーラにできる。
          ただし、MBOX形式なので、大量のメールをためる人の場合は動作がやや重くなる可能性あり。処理するメール量がさほど多くない人向け。
  • Edmax … 動作はとても軽い。メーラ一覧画面とメール作成画面がタブでの切り替えなので、人によっては使いづらく感じる。
      フリーウェア版は一部設定が制限される。起動時に毎回広告が出るのを気にしなければ、無料で無期限に利用できるシェアウェア版を使ってみるのもあり。
  • Sylpheed … 動作は軽い。振り分けも細かく設定できる。アドレスをドラッグドロップでの移動ができないのはじれったい。
        メール作成画面で宛先欄をスクロールしないとすべてのアドレスが見えないのは若干不便だが、総じてシンプルで使いやすい印象。

(参考)保存形式について
利点 欠点
MH 1メールを1ファイルとして保存 ファイルが壊れても影響小
メールの振り分けをしやすい
動作が軽い
全体としてのファイルサイズが比較的大きい
MBOX 複数メールを1ファイルとして保存 全体としてのファイルサイズが比較的小さい ファイルが壊れたときに影響(被害)大
動作が重い
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。