|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Zaurus/Painting


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Linux Zaurus


Today: - / Yesterday: - / Total: -


塗装にチャレンジ

七人七色に触発されて、おらのざうも色変えちゃう。ってことで。

へぇー、ザウルス 七人七色Wキャンペーン ありがとうブログってなものまでできてるのね。

こっちも負けじと7月中には仕上げたいな。

8/20って、おいおいもう9月やんけ。
はよ仕上げなあかんなぁ。

9/14 ログ書き込みありがとう。
一応仕上がったんだけど、バッテリカバーがキツくてね。
そしたらちょっとだけ塗装が欠けちゃって。(;_;)

9/18 完成したので、画像をUP



1.C3000筐体購入

モバイル専科で
  • DISP CABINET (上面) ¥3,990
  • DISP CABINET (液晶面) ¥3,150
  • KEY CABINET (底面) ¥1,890
  • BATTERY COVER ¥630
計¥9,660 ひぃぇー、高いよう。


2.まずは塗装剥ぎ

①てはじめに、BATTERY COVER からはじめる
②続いて、KEY CABINET
①+②

③こんどは、DISP CAVINET (液晶面)
さすがに黒の部分はそのままということで・・・


④ただいま研磨中!! DISP CAVINET (上面)
しまったぁ、そういえばここは金物だった

で、磨いた結果こうなりました
細かい傷がいっぱいあるよ~。orz
まあ、素人がやってるのでしゃーないね。

さーぁて次はいよいよ下地塗りだ!!
ところで、なに色にしよう?


3.下地

さーいよいよ下地塗りです。

  • DISP CABINET (液晶面)
  • KEY CABINET (底面)
  • BATTERY COVER
は「Mr.SURFACER 1200(グレータイプ)」を使って塗ってみた。

  • DISP CABINET (上面)
は「Mr.METAL PROMER」を使用。

1回目はちょっと失敗。

で、やり直した結果、こうなりました。なんか白っぽいけど、ホントはもっとグレー




4.ぬりぬり

さてさて、メインカラーをスプレーします。
色はメタリック系で
  • DISP CABINET (上面)
「青竹色」・・・希望の色が無かったので、メタリックブルー&メタリックグリーンをまぜまぜ
  • DISP CABINET (液晶面)
「シルバー」・・・シャインシルバー
  • KEY CABINET (底面), BATTERY COVER
「ブラック」・・・メタルブラック

実は液晶面の淵は赤にしようと思ったのだが、いまいち発色が気に入らず、シルバーに変えてしまいました。

やっぱ難しいねぇ。

色むらやダマができてしまって、何回も吹きなおしています。

で、こんな感じ...ちょっとだけよ(^^)



5.ロゴも

そうそう、ザウルスのロゴもどうするか・・・

本当なら、プラモによくついているデカールシールってのが使えれば良いのだが、印刷して使えるシートがなかなか無いんだよね。

で、東急ハンズ(渋谷)で見つけました!!
パソコンプリンタで印刷できる「クリアデカール」
もちろん即購入。

うちに帰ってから気づきました。
※インクジェットプリンタでは印刷できません
ガビ~ン。_| ̄|○

ということで、結局は前に買ってあった
「クリアラベル(光沢透明粘着シール)A6」
を使うことにしました。ハッハッハッ、無問題。(T_T)

オホン!!
気を取り直して、こんなんできました
うわっ、みにくい。ごめんよ。


ちょっと休憩 (V)o¥o(V) (o|o)

今のC3000に貼ってみました。
わかるっかなぁ。



6.仕上げ

幾度と無く塗りなおしをした後は、透明なコーティングで最終仕上げです。

そうそう、上の白っぽいロゴだと全然見えなくなってしまったので、結局色違いで作り直しました。

バッテリカバーはこんな感じ

やっぱりクリアラベル(光沢透明粘着シール)の厚みが出てしまいました。デカールシールならもっと薄くて目立たなかったかもね。



7.完成!!


おまっとさんです、やっと完成しました!!

こんな感じです。
やたらとシールを貼りすぎてしまいました。

さてさて、いざ組み立てです。
オリジナルのカバーをはずして付け替えます。

そうそう、カバーだけでなく、バッテリカバーの止めぐ、スピーカーや赤外線カバーやキャビネットをとめる為の小さなネジなども、一緒に付け替える必要があります。


で、オリジナル SL-C3000 との比較だとこうなります。



バッテリカバーをとめる部分が白かったり、ゴム足が着いていなかったりと、完全ではありませんが、そこそこといったところでしょうか。



...終焉




名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • 模型用のコンパウンド使えば安上がりでいいかも -- (名無しさん) 2005-09-13 00:55:56
  • 金物の所はピカールを使えばピカピカになると思う。 -- (x) 2005-09-12 22:24:14


メニュー



更新履歴

取得中です。