※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報

  • エドランス国にある、ギルドと国が共同で設立した学校
  • 一言で言えば、『エドランス国の人材育成』
  • ギルドアカデミーではそれぞれが自由に学びたいものを学べ、それぞれに定められた資格はそのまま世間でも評価されるということもあり、かつての辺境の田舎国は人材が各地から集まるようになった。
  • アカデーの出身者はそのままギルドで冒険者になったり、国に使えたりと世に広がり、エドランスをでて各国で活躍するものも現れだしている。



設立経緯

  • アカデミーはもともと王立アカデミーといって、国がたてた教育研究機関だった。~
エドランス国には体系付けられた教育機関がなかったが、王立アカデミーは、基礎教育から高等教育はおろか、そのさきの研究にいたるまでを統合する、国内唯一にして最大の学校機関だった~

  • しかし、エドランス国は自然崇拝的な思想が影響し、文化の面で言うとかなり遅れていた。~
現在の王になってから国内に手付かずの遺跡や、解明されていない伝承伝説といった謎がかなり残されていることがわかったものの、それの専門家がまったく不足してた。~

  • 足らないのは人材と考えた王は、冒険者に目をつけ、冒険者ギルドに報酬として遺跡の調査の優先権を提示し、ギルド教えを請うという一風変わった依頼をした。
  • エドランス国には、盗賊ギルドも魔術師ギルドもまだ無かったので軋轢も生じなかった。

  • こうして冒険者ギルドが参入し、エドランス国で冒険者普通になり、さらにこの村にも来たような研究者まで当たり前のように存在する頃には、アカデミーは、ギルドアカデミーと呼ばれるようにっていた。



投稿ML

ML番号 タイトル
投稿No.0526 立金花の咲く場所(トコロ)12