※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

解説

  • 冒険者ギルドは登録者に仕事を仲介する組織である。その際、ギルド側は仲介料として報酬の数%を得る。また、斡旋する仕事の種類は様々で、簡単なものから危険なものまで多数存在する。
  • 基本的に仕事は請ける冒険者が自分で選ぶが、たまにギルドの方から指名される事もある。
  • 組織としての影響力は主に加入者に対する物で、他のギルドとは対等関係にある。
  • 冒険者ギルドは、他のギルド(魔術師ギルド、盗賊ギルド)と同じ程度の規模であり、国政など、一般世間に対する強い影響力は無い。
  • また、基本的に冒険者ギルドは独立していて、他組織との強いつながりはない。
  • ギルドに対する信用度は地方によってまちまち。当然、支部の規模などに影響される。

冒険者


制度

ランク 説明 二つ名 証明書
S 雲の上の人 公式認定 好きな形状
A とてもスゴイ 公式認定 好きな形状
B スゴイ 好きな形状
C ベテランさん カード
D 慣れてきて、自信もつくころ カード
E ちょっと慣れてきたけどまだまだ カード
F 駆け出しのペーペー カード
G 見習い 無し

  • こなした仕事の成果によってG~Sランクに分類される。
  • 冒険者ギルド加入者はまずGランクに分類され、そこであまりにも依頼を請けない、苦情が多数来たなどの事があるとギルド加入は取り消される。カードを発行してもらえるのはFランク以上で、ここから冒険者として認められる事になる。
  • 手配されているような犯罪者はギルドに加入する事はできない。
  • 飛び級制度はあるものの、通常は滅多に起きない。
  • 登録期間に制限はない。ただし、長期の利用がない場合や、重大な犯罪が発覚した場合は強制退会処置となる。

証明書

  • ギルド登録者の証として、ギルド印が記された冒険者カードがある。下位のものは普通のカードだが、Bランク以上になると自分で好きな形状のものを持つことができる。このカードを紛失し、それがギルドに届けられた場合は紛失者が謝礼(罰金)を支払う。
  • また、上位者が持つ冒険者カードにはギルドが持つ技術の粋を集めて作られるので何かしらの識別方法があり、偽造対策がされている。
    • 「[tera_roma_2:0505] 易 し い ギ ル ド 入 門 【3】」では、カード形状でないタイプの照合方法として、ペンの上に飾られた透明な珠が反応し、自動筆記することが確認されている。

二つ名

  • ランクがA以上になると、公式で二つ名が認定される。
  • それ未満の場合でも、他人から異名で呼ばれたりあるいは自称する事もあるが、それはギルド公式ではない。 一般的には、冒険者という職業に対しては、信用はあまりおかれていない。ただし、地域によって多少の差がある。また、高ランクの者には当然ある程度の信用が置かれている。


情報

  • ソフィニアでは、職員が七三分けでメガネをかける、”インテリ強化週間 お客様にクリーンなイメージを”というキャンペーンを行っていたのが確認されている([tera_roma_2:0505] 易 し い ギ ル ド 入 門 【3】)

職員NPC

ソフィニア