※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報

  • ガルドゼンドの貴族、アプラウト家の現家長。記録では26歳。実年齢は28歳。
  • 三男だが紆余曲折あって家を継ぐことに。その際かなり揉めた。
  • 元聖職者。九年前、家督相続の際に騎士叙勲を受けた。
  • その経歴と、卑怯を厭わない性格から、近隣諸侯からは「聖騎士」と揶揄される。

  • 権謀術数を好む腹黒。でも中途半端に人がよくて詰めが甘い。
  • 神経質で苦労性。ただし苦労は自分から背負い込むことが多い。
  • 物腰穏やかな慇懃無礼。交渉の鬼。保守的で、野心はない。
  • 若干の説教癖がある。女装癖もある。

  • 髪は灰色で目は土色。印象に残らない顔立ち。顔色悪め。左頬と左手首に刃物傷。
  • 背は高くもなく低くもなく。体格も標準的。やつれ気味。
  • 先天的にあまり体力がない。昼間は出歩きたくない。
  • 服装は地味。モノトーンに差し色で赤とか。

  • 正式な称号は“ハルデンヴァイルの副伯にしてレットシュタイン公、その他の土地の領主、古き剣の誇りを継ぐ”ヴィオラ・アプラウトで、その文面を決めたのは異母兄。
  • 本人は“ハルデンヴァイルの子爵”或いは“レットシュタイン公”のサインを使う。


戦闘系・特殊系技能

  • 長剣と小剣の二刀流(騎士剣術って何ですか?)
  • 回復、補助、対不死者などの神聖魔法

  • 戦場では、黒い軽甲冑に身を包んで、二刀流で雑兵を蹂躙する人。一騎打ちは断固拒否。
  • 奇襲闇討ちを好む、背を向けた敵は容赦なく叩き斬る、捕虜は躊躇いなく拷問する等々、とても騎士とは思えない所業が目立つ。

  • ステータスはいちおう前衛にも出られる神官、社会的立場はガチ前衛な騎士。
  • 技能の相性がいいから一見強いようだけど、よくよく考えるとHPと防御力が低かったり、本職ほど特化してないから器用貧乏気味だったりで、立ち回りをちょっと間違えた途端に死にそうになる。


人付き合い

  • そろそろ結婚したいんだけど、家に居着いてる未婚の異母兄がすげェ邪魔。
  • 家の事情で王家と仲が悪く、個人的に国王と仲が悪い。
  • ぶっちゃけ、クオドの扱いにはかなり困っている。
  • ティグラハット公国の貴族の令嬢と婚約している。
  • 貴族より、教会関係者、傭兵、冒険者等の知り合いが多い。


アプラウト家

  • ガルドゼンドの旧家。歴史だけは国内屈指の長さを誇る。
  • かつては王家に連なる大貴族だったが、二世紀と少し前に王位簒奪者(パフュール現王家)に戦いを挑んで大敗したことで衰退した。現在では辺境の領地に封じられ、飼い殺し同然の扱いを受けている。
  • 一代に一人はイムヌスの聖職者を輩出する伝統がある。

  • 現在の家長はヴィオラ・アプラウト。血の保存のため幾度も行われた近親婚の影響で遺伝病を患っているため“相応しくない”と声を上げる親類も少なくない。が、同時にその血の濃さが故に支持する者もいる。
  • 聖職に就いていた彼の帰還とほぼ同時期、先代の不審死と一族の粛清騒ぎ(嫡男を含む)、使用人の入れ替えなどが起こった。
  • 五年ほど前、彼の対立者のうち何人かがレットシュタイン訪問後に体調を崩し悪化の末に死亡したことは、辺境では知られている事実である。これに対してアプラウト家は文書で無関係である旨の弁明を行っただけだった。

  • 周辺地域に領土を持つ12家を従え、非常時にはそれらの戦力を召集することができる。
  • 現在の紋章は青地に銀の“足なし燕”。


アプラウト領レットシュタイン

  • アプラウト本領。ガルドゼント国内、首都より遠く南西に位置する土地。レットシュタインの名を持つ小村と砦、森、荒野からなる。
  • 地質は肥えているとは言い難く、また、山間の地であるせいか冬が長い。

  • 村は高さ二・五米ほどの石壁と空掘りに守られている。
  • 領民は368名。常備兵力は騎士4名、歩兵12名、弓兵3名。
  • 領主は自領内における徴兵権限を持つ。

  • 「砂礫の城壁(Leztstein)」という地名は、かつてこの地が戦場になった際、森の中に放置されていた廃聖堂の瓦礫で防御壁を築いたことに由来している。後になってより強固に建て直された石壁には、その防衛戦で戦死した人々の名が深く刻まれている。

  • 近年、南方で発生した(ティグラハット公の)謀反により、実質、敵国との国境付近に位置するようになったため、戦において重要な防衛拠点の一つとなり得る土地である。

アプラウト領ハルデンヴァイル

  • レットシュタインより北に位置する丘陵地帯。
  • 代官に任命した親類が統治している。