※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報

  • ソフィニアより少し南下した所に位置する、中規模程度の遺跡。
  • 47年前に、魔術学院関係者のお偉いさんがピクニックに行ったところ、はぐれ、雨露をしのごうと迷い込み、遺跡パジオが発見された。
  • 現在は魔術学院によって管理されており、近年『観光地化』計画を立てているらしい。

特色

  • パジオから発掘されたものは骨董品価値にしても、学術的価値にしても低いものしか発見されていなく、「平凡」な遺跡とされている。
  • 地中深くの「死」と浮上する「生」。その生と死を孕んだ神秘状態を崇める「種」に対する信仰による建築物で、地下の建築物なのに平面的な構造をとっている。~
  • 発掘されたご神体の「神の種」は、魔力を保存する機能がある。~
現在ではそれはリクラゼット?が所持している。
  • しかし、最近、古代文字?文明の関与が最近発見される。それが遺跡とどのような関連性があるのかは、まだ不明らしい。

投稿ML

ML番号 タイトル
No.0039~現在 イェルヒ&ジュリア(&リクラゼット)