|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

MQOインポーターの使い方

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MQOインポーターについて

luxla.netにて公開されているプラグインを、どなたかが改良してblender.jpの掲示板にアップロードしたものです。

使う前の準備と注意

  • metasequoiaのデータ
  • blender,pythonのインストール(pythonが入って無いと動きません)
  • blender2.4.5 python2.5で動作確認済み

ファイルのコピー

mqo_import_win32_bl244py25_211a.zipをダウンロードして解凍すると、
GANGu.pydとmqo_import.pyが作成されます。
この二つをblenderのscriptフォルダにコピーします。(デフォルトの設定でインストールした場合は、C:\Program Files\Blender Foundation\Blender\.blender\scripts にコピーします)
mqoimp01.JPG mqoimp02.JPG
解凍したフォルダ コピー先のフォルダ

使い方

blenderを起動します。
メニューのfile>import>metasequoiaを選択します。
青色の画面が表示されます。
alphamap,normalmap,colormapにそれぞれ、アルファマップの保存してあるフォルダ、ノーマルマップ(バンプマップ)の保存してあるフォルダ、カラーマップの保存してあるフォルダを設定します。
targetにはインポートしたいオブジェクトファイルを設定します。
importボタンを1回押します。(連打しないこと)
Escキーを押すと、最初の画面に戻ります。
ここでインポートしたオブジェクトが表示されていれば成功です。
F12をおしてテクスチャがきちんと読み込まれているか確認してみましょう。

mqoimp03a.JPG mqoimp04.JPG mqoimp05.JPG
メニュー インポーターの設定画面 インポート成功
mqoimp06.JPG
試しにレンダリング


※この説明書きでは、metasequoiaに附属しているサンプルデータをインポートしてます。


質問等

名前:
コメント:

参考ページ