|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

MAYAでレンダリング

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MAYAでレンダリング

 手順をざっと書きました。大体下の感じだと思います。
わかんなかったら質問してください。あと違ってたら編集お願いします。

1、メタセコから出力
・曲面化をなしにしておく
・obj形式を選択する
・座標は反転するので、嫌ならかえる

2、MAYAへインポート
・ファイル->インポートを選択
・特に変えないでインポート

3、スムースをかける
・『ポリゴン』メニューからメッシュ->スムースを選択
・右のメニューからディビジョンでスムースの具合を決める

4、カメラを作る
・作成->カメラでカメラを作る
・ビュー->カメラ設定でレゾリューションゲートを表示する
	白枠内がレンダリングされる
・レンダーオプションからサイズ/拡張子をかえる

5、ライトを作る
・作成->ライトでライトを選択する
・ディレクショナルライトが無難

6、影を落とす
・レンダーオプションからレイトレースを選択する
・ライトのアトリビュートをShadowMapかDepthMapにする
・シャドウマップのがリアル
・設定では、ぼかし具合とか変えられる
・物体同士の反射も計算されるから、リアルになるけど重くなる

7、動いてる感を出す
・キーを設定して動かす
・レンダーオプションからモーションブラーにチェックをいれる
・2Dでボケ具合を設定できる

8、画像を保存する
・レンダー画面でファイル->保存を選択
・アルファ画像も一緒に保存するには、tifとか選択する
	‐黒い部分が何もないとこ、白い部分が色がついてること
	‐オブジェクトがあるとこが白くなるから、黒いとこに背景を合成できる

9、解像度を変更する
・300dpiにする
・PhotoShopとかAEの画像処理ソフトで変更する