※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウィーンの街

なんというか、ひとがほとんど気にしなさそうなものを撮ってみた。
別に気になったから撮っただけで、他意はない。

この街のはとはとても人懐っこい。
というか、我が物顔ではないのだが、鳩権をもっているようなオーラを持つ。カメラを向けられることに慣れているのか・・人間を怖がっていないだけなのか・・
でも、なんとういうか、日本のはとのように群がって追いかけてくるというのはないです。

Kaerntner通りにあるくれあーず。
雰囲気などは日本のものと同じ。少ししょぼいアクセサリー売りの店ということも変わらず。ここともう1件別のところでも見ました。

U6のJosefstaedter St.駅近くにあった教会。
綺麗だったので下車して写真を撮る。
曇りだったので残念。
見るなら北側からU6で南下してくる車内旧市街側の席がいいかとおもわれる。

これはドナウ川・・・ではなく、支流であるドナウ運河です。
Friedesbruecke駅そばより。

Mariahilfer通りにある教会。
ここの前には屋台が並んでいる。

これは載せていいのかわからなかったが・・・
オーストリアのみならずEU諸国、果ては実際には東欧のかなりの範囲で利用されているお札。
綺麗だよね・・・