※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※このページは編集できません。

ウルキオラ・シファー(Ulquiorra Cifer)
身長:169cm
体重:55kg
誕生日:12月1日
破面No.4(アランカル・クアトロ)/第4十刃(クアトロ・エスパーダ)
司る死の形:「虚無」
テーマ曲:In Flames"Moonshield"(The Jester Race)


特徴・性格

藍染率いる破面の軍勢の中でも「十刃(エスパーダ)」と呼ばれ、突出した戦闘能力を持つ破面の一人。角の生えた仮面の名残を左頭部に被った、痩身で真っ白な肌をした黒髪の男。喉元に虚の孔が空いており、緑の両眼の下に垂直に伸びた緑色の線状の仮面紋(エスティグマ)が特徴。左胸に「4」の刻印がある。
十刃内での力の序列(殺戮能力の高い順)では上から4番目とされているが、藍染も知り得ない二段階目の能力解放「刀剣解放第二階層(レスレクシオン・セグンダ・エターパ)」を唯一発現できることから、その真の実力は十刃トップの3人を凌ぐとも考えられる。
全ての破面の中で唯一、肉体の殆ど(脳と臓器以外)を超速再生出来る能力を持つ。

現世での主要な任務をほぼ任されていたことなど藍染からの信頼も厚く、自身も藍染に対し恭順の姿勢を見せている。ヤミーを伴って現世へ赴いた折、当初「塵」と判じていた織姫の能力の特異性についていち早く見抜き、自らも興味を示す。一護や織姫の言動から人間の心理や感情に対し納得しがたい思いを抱いており、織姫の語る「心」の存在にも懐疑的な目を向けていた。

表情及び感情の起伏が極端に少なく、常に冷静沈着な行動をとるが、自分の目的外の者や関心から外れる者、気に障る者を「塵(ゴミ)」「屑(クズ)」「下衆(ゲス)」と呼んで見下す傾向もある。また本人に自覚があるか否かは不明だが、気に入った獲物の体(自らと同じ喉元)に穴を穿つ癖を持っている。


軌跡・最期

破面化の時期は定かではないが、尸魂界を離反した後の藍染が崩玉を使って破面化させたと推測できる。藍染が離反して一カ月ほどのち、藍染の命によってヤミーを伴い、一護の実力が脅威に足るか調べるため現世に赴いた。この時点では一護を殺す価値なしと判断し虚圏に帰還、報告から織姫の能力に目をつけた藍染の命令で、仲間の命を交換条件に織姫を藍染の元へ連行、その後監視と教育を兼ねた世話役となる。

織姫救出のため虚夜宮に乗り込んだ一護を迎え撃ち、虚化による攻撃に驚愕するものの結果的にこれを一蹴。その後織姫の元へと向かうが、入れ替わりに織姫を連れ去ったグリムジョーの独断行動を知り踵を返す。一護との決着を望むグリムジョーの片腕を犠牲にした攻勢により、反膜の匪(カハ・ネガシオン)で閉次元へと一時幽閉された。再び捕らえられた織姫を虚夜宮に残し、藍染が現世へ侵攻する際に帰還、虚夜宮の守護を任される。織姫を助けに向かった一護を「破壊すべき敵」として認め、一騎打ちを展開。一護の虚化に伴い斬魄刀を解放し一護を再起不能の状態に陥らせるが、完全虚化した一護に圧倒され、左腕・下半身(内臓)を吹き飛ばされるほどの大打撃を受ける。

最期は理性を取り戻した一護と決着をつけようとするも、先のダメージで肉体の灰化が始まり自らの限界を告白。散り際の決着を一護に拒否された後、人間に関心を抱いたことを一護、織姫らに吐露し消滅した。その今際(いまわ)の際に、「心」が自らの掌にあることを悟る。


過去 オフィシャルキャラクターブック3『UNMASKED』収録 “not be, but be” より

大虚時代は歯牙にあたる部分はなく、腰部から生えている黒い翼と頭髪以外は真っ白な体で、頭部も完全に仮面に覆われた姿をしていた。光の差さない穴の底で目覚め、ひたすら歩き続けて辿り着いた場所(虚圏に点在する石英状の樹が生まれる巨大な森)に身を沈め、自我さえ消えてゆくような感覚を「幸福」と感じていた。この時、石英状の枝の干渉により不完全ながら破面化することになった。


帰刃 レスレクシオン

帰刃名は『黒翼大魔』(ムルシエラゴ)

解放前の形状は柄・鍔・鞘ともに薄緑色の拵えの刀(刃は直刃)。鍔が折り畳まれた蝙蝠の翼のような形状をしている。解放の際、黒い霊圧が空に舞い上がり、雨のように降り注ぐ。
解放すると背中に巨大な漆黒の翼が形成され、仮面が四本の角のついた兜状になり、服も下部がスカート状のものに変化、両眼の仮面紋もより太く大きいものに変わる。翼を使っての防御や、霊圧で形成した光の槍「フルゴール」を用いて戦う。解放後は卍解・虚化状態の一護を遥かに凌駕するスピードと戦闘力を得る。

解放時の解号は「鎖(とざ)せ『黒翼大魔』」


刀剣解放第二階層 レスレクシオン・セグンダ・エターパ

十刃で唯一ウルキオラのみが可能としている二段階目の刀剣解放。第二階層時は尻尾を生やし、長い二本角、鋭い四肢の爪、黒い体毛に覆われた両腕と下半身など悪魔そのものを思わせる姿に変貌する。また眼球が黒みを帯びた深緑色、瞳が金色に変化。虚の孔が胸の中心に大きく空き、そこから眼下の破面紋と同様の紋様が下腹部まで伸びている。仮面紋は色が濃くなり、若干形状が変化している。通常の刀剣解放時よりも戦闘力は格段に上がっており、霊圧も異質だと思わせるほど重く強力なものへと変化する。尚、藍染にもこの第二階層時の姿を見せておらず、十刃内での真の実力は第3十刃以上のメンバーを超えている可能性もある。


主な使用技


虚閃 セロ

虚夜宮にて一護との交戦時に使用。人差し指の先端から放つ。アニメ版では他の破面と光の色が違っており、自らの霊圧を示す色であったことからも高い霊圧を有することが窺える。(グリムジョーの放った「王虚の閃光(グラン・レイ・セロ)」と酷似しているが、後に天蓋下での禁じ手であることを語るなど飽く迄で掟に則す姿勢から通常の虚閃だと思われる)

黒虚閃 セロ・オスキュラス

解放状態の十刃(エスパーダ)が放つ「虚閃(セロ)」で、標的に対し巨大な漆黒の光を放つ。
ウルキオラの場合は緑色の霊圧に縁取られた漆黒の虚閃を指先から放つ。虚夜宮の天蓋の半分近くを削るほどの威力がある。一度目は一護の仮面を粉砕して虚化を解除させ、二度目は至近距離から一護の胸に大穴を開けた。(霊圧の色についてはアニメ版のオリジナル設定)

虚弾 バラ

彼の場合、軽く手を出す程度の動作でも比較的威力のあるものを放てる。

共眼界 ソリタ・ヴィスタ

自身の片目を取り出して砕くことによって、自身が見た出来事を映像として空間に映しだすことが出来る。眼球は超速再生する。
(技名は本編では登場しておらず、ファンブックにて新たに考案されたもの)

解空 デスコレール

空間の裂け目を作り、虚圏への帰還をはじめ現世や尸魂界(断崖)などを自由に移動する。ガイドブックでは使い手こそウルキオラとなっているが、他のキャラも同じような技を多々使用している。
(技名は本編では登場しておらず、ファンブックにて新たに考案されたもの)

ルス・デ・ラ・ルナ

解放時に使用。フルゴールを標的に投げつけて攻撃する技。
(技名は本編では登場しておらず、ファンブックにて新たに考案されたもの)

ラティーゴ

刀剣解放第二階層(レスレクシオン・セグンダ・エターパ)時に使用した技で、自身の身長の3倍以上はある尻尾を振るって攻撃を繰り出す。
(技名は本編では登場しておらず、ファンブックにて新たに考案されたもの)

雷霆の槍 ランサ・デル・レランパーゴ

第二階層時、両手の間に槍状の霊圧を展開させ標的に投げつける技。着弾点に虚夜宮の数倍の高さの火柱を上げるほど強力な破壊力を持つ。何度も放つ事が可能だが、コントロールに難がある模様。通常の解放時の光の槍・フルゴールと同じく接近戦でも武器として使用できる。

贖罪 エクスピアシオン [Expiacion]

『BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲』及び『BLEACH DS The 3rd Phantom』に登場する技。自らの仮面の一部を砕くと同時に足元から現れた見えない刃が敵を攻撃。最後に自らの体を十字に切り裂くことで相手を攻撃、同等のダメージを与える(本人はダメージを受けない)。超速再生能力を有するウルキオラらしい技であると言える。