Ultima6ガイドブック

エネルギー・フィールド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5thサークル?の魔法にして、同名の現象がある。エネルギー・フィールドを調べると「プロテクション・フィールド」と表示されるが、博物館の標識では「エネルギーフィールド(中黒なし)」である。やや表記ぶれ。

このフィールドをあるくのがとても危険であり、人間にとっては移動不可能である。同様のファイアー・フィールド?が歩行可能な障壁であることを考えると、瞬時に死んでしまうほど危険なのかもしれない。博物館の館長キティン曰く、「魔法のエネルギーを電気エネルギーに変換して、連続的な放電状態を保っている」とのこと。ただし、そのプロセスは解明されていないらしく、永久機関なのか、長大な時間動き続けるだけなのかも不明。なお、キティンはこのフィールドの出す騒音(パチパチ、バリバリと聞こえる)によって、音楽学校の音色が邪魔されるのが少し不快なようだ。

ライキューム?図書館にはこのフィールドが張り巡らされているが、定期的なメンテナンスをしているのだろう。静かな地下図書館で、かすかに聞こえるエネルギー・フィールドの音が、ライキュームの名所となっていそうだ。

更新履歴

取得中です。