Ultima6ガイドブック

チャクルス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「みんなが暗くならないように、冗談言って、からかって、飛んで跳ねて、踊ってコケて」――チャクルス
道化師の男。踊ってコケて冗談かまして人を笑わすことを生業にしている。戦時においても、笑いの心は大切ということだろうか。

彼の持っている、唯一の情報といえばロードの嫌いなあだなを知っていることぐらいだろうか
「ホーヨーヘーフム、ボクは手がかり知ってるよ! ホーヨーヘーフム、ボクはヒントも知ってるよ! すんごくとっても重要で、あんたが欲しいと思ってる!」
国王ミスター・ノーズと呼ぶ数少ない人物――「シーッ! ボクが言ったって言わないでね」。

去り際のジョーク

YESと言った場合
「ガチョウがアバタールに何か言いました。なんでしょう?わかる?」――「“アンク、アンク”って言ったんだよーん!」
NOと言った場合
「デュプレは蹄鉄によく似てる。なーんでだ? 言ってみて!」――「だって両方ともテが付くんだもん!」

チャクルスの住居

ロード・ブリティッシュ城?の寝室、南東のベッド。

更新履歴

取得中です。