※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャプテンのときの試合の上手な進め方

(日本代表以外)



まずは塁に出る。
8回にもなるとエースは引っ込んでることが多いので直球一本勝負。
際どい球は全部見逃した方がいい。
基本は打ちやすい球を打つこと。



塁に出たら即座に盗塁する。
牽制は稀にしか来ないのでタイミングを見て強気で。

(ランナー2塁の状態を作るためなので2塁打で出塁した場合は上の手順を飛ばす。)

ランナー2塁の状態になったらヒットエンドランを狙う。スタートは自信を持って。
バットが当たらないようなボール球なら見逃してもいい。
ストライクゾーンにボールがきたら迷わず打つ。

ここでポイントとなるのが流し打ちを狙うこと。右バッターなら一二間。
何故かというとセカンドは二塁ランナーが走ったことでセカンドベースについているからである。
この現象によって、普通ならセカンドゴロの打球ですらヒットになるのだ。
凡打の場合は一気にホームまで返ってくることが出来る。




あとはこれを上手く繰り返せばどんどんと点を取ることが出来る。