※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界観(仮)


■参考画像                        


  • ある時を境に、通常ではあり得ない力、容姿(機械化)をもつ人間たちが現れるようになった。 それもある一定の範囲内、○○という島を中心としてである。 これらは一括してある病気と規定され、これに感染したものは俗に「○○」と呼称された。 日本政府は患者をありとあらゆる方法で取り締まり、隔離することとなる。

  • ―――時は流れ、そして現代。
阿里多 蜜柑という少女がいた。
○○(感染者の呼称)である彼女は、その秘めた危険性ゆえ孤島へ隔離されることを余儀なくされた。
そこで彼女は同じ境遇の少年・少女に出会い、憧れていた平穏な日常や学生生活に浸る。 ――他人にはどんなにちっぽけに見えても、彼女たちにとってはかけがえのない大切なものだった。
だが、そんな平穏も長くは続かなかった。なぜ○○(感染者の呼称)が生まれたのか、その『根源』とはなんなのか。 『島の秘密』に近づく彼女たちに機関や敵が立ちはだかる。