※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

各種用紙


レイアウト用紙 絵コンテ用紙ダウンロード

  13.zip
  ファイル名によってサイズが違います
  また、ファイル名にDのついたものはデジタルで描くときに便利なサイズになっています
  アナログで書く場合はA4~などと名前のついたファイルを印刷してください

絵コンテ用紙について

  大筋の絵コンテは脚本を元にあらかじめ決定しておくものですが、
  割り振られたカット毎に、各自で細かいコンテの補充や検討などを行う際には
  新たに用紙に描きこんで見るというのもありだと思います

サンプル



   ①No.   ここには絵コンテの通し番号を入れますが、撮影等には影響しません
   ②シーン ここには シーン数:シーンの概要 が入ります
   ③S/C   シーン/カット数 を書き入れます 
        カットとは、画面が切り替わる区切りのことで、絵コンテの升目のことではありません
   ④画面  撮りたい画面の絵を描き込みます
   ⑤内容  その場面に伴う内容を描き込みます 目安として、
        左側に撮影やアクションに関する内容を 右側に音響や台詞に関する内容を書くように分けてあります
   ⑥秒数  その場面の長さを (秒数+コマ数)で書き込みます。 一秒は24コマ換算です。




レイアウト用紙について

  Wのついたものは、原寸サイズの200%のサイズになっています
  大きく書いて縮小したい場合や、パンやズームアウトなどで広い領域を使いたいときにどうぞ
  なお、今回は動画の原盤を720*1280で製作したいので、720/720Wを基準に描いてください

 480  ・・・ 854*480 px   16:9 480原寸
 480W  ・・・ 1708*960 px   16:9 480の200%
 720  ・・・ 720*1280 px   16:9 720原寸
 720W  ・・・ 1440*2560 px   16:9 720の200%

サンプル

  ①ここに左からシーン数 カット数 秒数(秒+コマ数) が入ります
  ②メインフレーム  この枠の中をカメラに収めて画面に映します。
  ③スキャンフレーム ここまで絵を描いておけば安心という目安の枠です。
  ④センターライン  画面の中心を示す目安です。


タイムシート

  タイムシートは、動画を撮影する際のセルの番号・背景やカメラの動きなどを書き込んでいくものです
  自前で用意するより↓が手っ取り早そうなので貼っておきます。
  使い方も一通り載ってるので目を通してみてください。
  http://nicoani.net/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%8D%E6%96%B9