※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロット・脚本

 機械仕掛けのセレニアコス 第零話のプロットです
 このページの内容を、絵コンテに反映させていきます


大まかな流れ

   OP・導入→会話→戦闘1→校舎内→戦闘2→説教・ED→オマケ  
   の計7シーン。 尺は未定 思ったより伸びそうです 無声 字幕で展開

脚本詳細


OP

ロゴ→タイトル→ぽわ~んって感じで波紋→波紋でタイトルが消える→絵コンテ頭 
波紋は蝶が飛び立ってできた波紋で、そのまま蝶はミカンのとこ飛んで行って始まる(映画の導入ぽい感じに

導入パート

プロット案1
蝶がひらひら(導入) 
蝶を見つめるミカン 
見つめるうちにトランス 
気づくと海底に 

引きの画面で水の中を舞う蝶 
蝶に手を伸ばす蜜柑  手に蝶が止まろうとしたところで
タツキに声をかけられ戻ってくる 

プロット案2
蝶がひらひら(導入)
蝶を見つめるミカン
見つめるうちにトランス 気づくと白背景に

真っ白な空間の中で、ミカンと蝶だけに
蝶に手を伸ばすミカン 蝶が手に止まった瞬間、その指先から腕が結晶化してしまう
驚いてはっと我に返ると、あたりはもとの風景に戻り腕もなんともない
そして後ろにはタツキがいて…


会話パート

タツキ「ミカンさん またですか?
    ボーッとして、後ろががら空きですわよ」

ミカンの手から蝶が離れる

タツキ「あら、蝶が… お邪魔だったかしら」

頬を赤らめながら振り返るミカン

タツキ「ふふ、図星ね」
ミカン「別に」
 
タツキ「そう、じゃあ今日こそどちらが上か決着を付けましょう」
ミカン「…いいよ」

戦闘パート(前半)

互いに機械化→タツキが先手を取ろうとするが →ミカンが廃熱のスチームで煙幕
→タツキは一旦引く→ミカンが反撃 
→タツキこれをはじいて前に出る→ミカンが近づけまいと砲撃  
→タツキ弾を避けながら接近→近接戦闘 
→ミカンが地面割り→タツキ飛翔


校舎内の様子

地割れの揺れが校舎内にも響き渡り、廊下にいた生徒が校庭の戦闘に気づく
そして通りがかりの担任の鬼街を呼び止める
生徒「先生ー 校庭でミカンちゃんとタツキちゃんが暴れてますよー」
鬼街「あいつらッ・・!」
持っていた書類を放り出し、外に向かってダッシュする鬼街
その場にいた生徒二人は書類を任され唖然とする

戦闘パート(後半)

→ミカン再び砲撃→タツキ弾をよけながら高く飛翔→上空を旋回
→ミカンこれをみてチャージショットの構え→タツキも突撃態勢 
→ミカンがチャージショットをぶっぱ→タツキこれを切り裂いて強襲
→ミカンこれを受け止めて掴み、そのまま再チャージ 
タツキもどうせ動けないならとファンネルを展開してチャージ 
お互いにぶっ放そうとしたところに 

鬼街「コラー!!」  
で二人の動きがとまる  2人とも「見つかった…」と苦い顔 
ドタタタタタタタッ(走って迫ってくる) ゴツン!×2(出席簿チョップ)

説教パート

場面は変わって保健室 いつの間にか夕日が差し込む時間に
保険の先生に手当てしてもらう二人
手当てが終わったところに担任が入室→説教開始
青筋たてて説教する鬼街と全く馬耳東風な二人
保険の先生は報告書を出すといって退出しようとするが
その内容を聞かされさらにげっそりする鬼街
そんな鬼街にミカンとタツキは「元気だしなよ」とまるで他人事
「誰のせいだと思ってるんだああああ!」と鬼街が再度ぶちきれたところで
日の暮れかかった夕空を仰ぐカット → EDへ

ED(できれば)

ED:スタッフロール等。スタッフロール後におまけ

おまけパート

鬼街がばら撒いた書類を職員室に持ってきた女子生徒二人
しかし職寝室には「会議中につき入室禁止」の札が
それを見て生徒Bが大声で文句をいうところで、おしまい



 その他は必要に応じて順次編集していきます&編集お願いします