Tda式Appendミク物理対応


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Tda式Appendミクさんとは、今一番ホットな3Dモデル!ではないかと思います。

残念ながらMMDは「仮対応」とのことで、物理演算にはまだ対応されていません。


物理対応csvが有志の方によって作成されましたので、ダウンロード先と組み込み方をご紹介します。

http://bowlroll.net/up/dl2736
作成し、公開された rondlineb さんに感謝いたします。

先ず、PMDEditor を用意します。
以下は、PMDエディタ 0.1.3.8で作業した結果です。
http://bowlroll.net/up/dl2787
素晴らしいソフトウェアを作成いただいた極北さんに感謝します。


(1)先ず、アペンドミクさんのファイルをPMDエディタから読み込みます。

(2)ボーンタブを開いて、右髪IK,左髪IK,しっぽIKを選択して、右クリックメニューで削除します。

(3)ボーンタブから、ネクタイIK,ネクタイ6を選択して、右クリックメニューで削除します。

(4)ボーンタブから、右髪9、左髪9を選択して、右クリックメニューで削除します。

(5)ボーンタブから、しっぽ13を選択して、右クリックメニューで削除します。

(6)JOINTタブを開いて、ジョイント.csv をドラッグ&ドロップします。

(7)剛体タブを開いて、剛体.csv をドラッグ&ドロップします。

あとは、恙なく保存したのちに、MikuMikuDance で開いてみて、髪、しっぽ、ネクタイに物理演算が入っているかご確認ください。

作成結果は、以下のものです。

追記:2012年2月24日:更に腰パーツと羽根の物理対応

http://ux.getuploader.com/TONBURI/

追記:2012年2月27日:うつろさんの物理対応パッチ配布有り
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17073251


以上
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。