※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

種族


人間

ウィスタリアにおいて最も標準的に見られる、活動的な種族です。
外見的には現実の人間と変わりはありません。

他の種族と比べ特別目立つ長所はありませんが、目立った欠点もないので、どんな環境、どんな職業にも対応して活躍する事ができます。
平均身長は1.6mほど、平均体重は60kgほどで、女性は男性よりやや小柄です。平均寿命は60~70年です。

全体として、封建君主制のような階級社会を形成する傾向があり、現在もその版図を広げんと精力的に活動し続けています。
人間はどこにでも生活していますが、現実の我々と同じように、生活している地域によって様々な人種が存在します。

ジャイアント

一般的に巨人族と呼ばれるデミヒューマンです。
いかつい顔とたくましい身体をしており、力は強く、また胆が据わっていて強い意志を持っています。
一方で、物事を深く考えたり、細かい作業を行うことは苦手で、身のこなしも良くありません。

全体として体毛は濃く、毛髪の色は茶から黒、稀に白髪のものもいます。また皮膚の色は地域にもよりますが、褐色であることがほとんどです。
総じて筋肉質で細身のものは少なく、平均身長は約2.1m、平均体重は140kgにもなります。女性はやはり男性より小さくなりますが、それでも身長は2.0mを、体重も120kgを下回ることは滅多にありません。
平均寿命は人間と変わらず、60~70年です。

ジャイアントは主に険しい山岳地帯で生活するのを好み、家族や友人といった情で結ばれた小集団で暮らしています。
また家族以外の集団で行動することはほとんど無く、そのため巨人族中心の集団社会というものは、稀にしか見られないようです。

パラ

小人族と呼ばれているデミヒューマンです。
10代前半の人間の子供のような小柄な体格をしており、手先が器用で、身のこなしが素早い種族です。体格の通り体力は低く、また難しいことを考えるのは苦手な種族でもあります。
体毛や皮膚の色は、同じ地域にすむ人間とほとんど変わらないため、遠目には人間の子供と見分けがつかないことがありますが、耳はわずかに尖っており、スッキリと整った顔立ちをしています。

平均身長は約1.3m、体重も30kg前後であり、男女でそれほど体格の差はありません。
極端な肥満や極端な痩せ型もいないようです。平均寿命は60~70年です。

草原地帯に好んで住む好奇心旺盛な種族で、故郷は土産話を持って帰る場所と考えている者が多いのか、1年のほとんどを放浪生活に費やしています。
また大陸のパラたちは10~20の家族が集まった集落を形成し、ある一定地域を1年ごとに移動してまわる、遊牧民に似た生活を営んでいます。

エルフ

過去に闇森人と呼ばれていたこともある、人間に非常によく似たデミヒューマンです。
背丈は人間と変わりませんが、全体的に線が細く、その耳は長く尖っています。
体毛は薄く、髭をたくわえる者はほとんどいません。肌は白、毛髪は金、瞳は碧色の者が多く、エルフの集落では、瞳の紅い白子もよく見かけることができます。
その体格の通り力仕事は苦手ですが、高い知性や感性を持っています。

平均身長は約1.6m、平均体重は50kg前後となります。女性はさらに細めで、40kg前後であることも珍しくありません。
平均寿命は180~200年と非常に長い寿命を誇ります。

彼らは森林での生活を好み自然と調和した暮らしを大切にしています。
多くのエルフは、そのような森林の中に100~150ほどの家族が集まった、共和制に近い集落を形成しています。
ただし彼らは全体的に警戒心が強く、他のデミヒューマンに対して排他的になる傾向があるようです。

ドワーフ

山人、あるいは山小人と呼ばれる、人間との付き合いがもっとも多いデミヒューマンです。
人間に比べればやや小柄ですが、体重はむしろ人間よりも重く、筋肉質の頑健な体をしています。
体力があり、意外に器用な手先をしていますが、ずんぐりとした体は身のこなしが悪く、頭を使う行為は苦手です。
職人気質の頑固者が多く、髭で表情が隠れるためか一見付き合いにくそうですが、酒の席では普段からは信じられないほど陽気になります。
体毛は濃く、老若男女問わずみな見事な髭をたくわえており、そのためか他の種族からは、髭の色と形で判別する以外には、性別も年齢も判断がつかないことが多いようです。

その身長は1.5mほどですが、その体重は60~70kgと、一般的な人間と変わりありません。平均寿命は120~140年ほどです。

呼び名の通り丘陵や山岳を主な生活の場としていますが、一方で平地に出て馬を乗り回す集団も存在します。
そんなドワーフの社会は一つの山に住む一団を一つの部族と見なし、何か事有る時は選抜された部族の代表者が集まって、部族会議で方針を決定する合議制がとられています。

シフール

羽根妖精の愛称で知られている、極端に小さいデミヒューマンです。
体が小さいため、筋力は極端に低いのですが、素早く器用な種族です。

体格はしっかりとしたもの、肥満したものはおらず、身長は大体50cm、体重も重いものでも2kgを越えることは滅多にありません。平均寿命は120~140年くらいです。

背中に昆虫によく似た4枚の長い羽根を持っており、それを羽ばたかせて空を飛ぶことができるため行動半径が大変広く、大陸、それも大きな森林の中ならば、必ずといっていいほど見かけることができます。
総じて陽気な明るい性格をしており、好奇心が旺盛なので、しばしば仕事を忘れて何処かに行ってしまうこともあります。
このような性格のため、気に入った人間について回ったり、単独で放浪したりと、土地に縛られることは珍しく、まとまった独自の文化圏を構築することはまずありません。

ハーフエルフ

間とエルフの間に生まれた異種族間の混血です。ハーフエルフは一般的に、両親の生まれた人間かエルフの集落の中で暮らしています。
 なお、このような混血種が生まれる可能性のある種族の組み合わせは、人間とエルフの組み合わせのみです。
 ハーフエルフの容貌はエルフによく似ていて、大きくはありませんが尖った耳を持っています。肉体的にも精神的にも人間の能力をやや上まわっているようで、その能力は高い水準でバランスが取れています。
 平均身長は人間と同じく約1.6mですが、体重はエルフと人間の中間である50kg前後、平均寿命はおよそ人間の2倍、120~140年くらいです。

 なお、ハーフエルフ同士の婚姻でもハーフエルフの生まれる確率は半分程度あり、残り半分は人間かエルフが生まれます。また人間、エルフいずれかとの婚姻の場合、生まれてくる子供は婚姻を結んだ相手の種族になります。

河童

志芯国や陣といった独特の文化を持つ地域の水辺に住むデミヒューマンです。指の間に水かきがある為不器用ですが、それを補うすばしっこさを持っています。一方水中活動は得意で、歩くよりも泳ぐ方が速いほどです。
水中で呼吸する事ができ、水の中でも陸上と変わらぬ動きをすることができます。
河童は他の種族と異なる、固有の特徴が多い種族です。肌は、黄緑がかったものから深い緑まで幅がある緑色をしており、腹は肌よりも白っぽい色をしています。背中には甲羅を背負っており、瞳は黄色く、口は黄色いくちばし状になっています。また頭には直径10cm程の皿があり、それを囲むように生えた髪は黒や茶色をしています。

河童は総じてややずんぐりした体型をしており、平均身長は1.2m、平均体重は40kg程です。平均寿命は人間よりも長く、120~140年ほどです。なお河童は、人間と同じ様にお腹で子供を育て河童の赤ちゃんを産んで育てます。

頭の皿は、河童の命を守るもので、何時も水を溜めています。走ったくらいではこぼれませんが、頭を横に激しく揺さぶればこぼれてしまいます。水がなくなると行動が鈍り(全ての判定に-5の修正)、完全に乾くと死んでしまいます。その為、陸に上がる河童は、特別な膏を塗った蓋皿を乗せて水がなくなるのを防いでいます。
多くの河童は、川や湖、海などの水辺を中心に縄張りを持ち、狩猟して家族単位で暮らしています。集落を作ることはあまりありません。