※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

欧州のメガコーポレーション製KV(1)

ユーロファイター構想に参加している、欧州のメガコーポレーション製KVリストその1
(英国王立兵器工廠、クルメタル)

他のKVリスト
→ドローム社系列:KV1
→欧州メガコーポレーションその2:KV2b
→【G3P】計画に参加している企業:KV3
→COPKV(共通運用計画):KV4


英国王立兵器工廠

ナイトフォーゲルXN-01(ナイチンゲール)


KV競争において出遅れ気味であった英国王立兵器工廠が面子をかけて発売した高機動機体。
性能面ではドローム社の「F104」を大きく意識しており、同機を上回ることを目的に開発された。
拡張性は失われた代わりに性能面では当初の目標を達成したが、量産化の際に「対シェイド」と呼ぶほどの性能は確保できず、価格面も当初見込んでいたほど抑えることはできなかった。

価格 副兵装
スロット
アクセサリ
スロット
初期改造費
通常時 160万 2 2
verUP時 +1

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗 装備 行動 生命 錬力 移動
通常時 240 250 200 190 190 220 160 150 3 170 150 3
verUP時 +10 +20 +10

■特殊能力:ハイマニューバ
英国王立兵器工廠が開発した回避補助装置。
擬似ブーストを発動させることで、瞬間的に回避行動を行なうことができる。
練力を40消費することで1ターンの間、命中力と回避力に+20の修正を受けることができる。

ナイトフォーゲルEF-006(ワイバーン)


英国兵器工廠が開発した四足歩行型KV。
期せずして同時期登場となった銀河重工製作KV『阿修羅』とよく比較されるが、阿修羅が肉食動物的な、瞬発力ある攻撃型を意識したに対して、当機はあくまでも高級機として安定性を重視し、命中力、機動性、生存性の高さを実現した。
特にプチロフ社のIRSTシステムが導入により命中率は他機との比較で頭ひとつ抜けており、燃料タンクの大きさからも、長時間安定した戦果を残せる機体として、パイロットの評価も高い。

※2008年04月30日、特殊能力修正

価格 副兵装
スロット
アクセサリ
スロット
初期改造費
230万 3 3

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗 装備 行動 生命 錬力 移動
190 280 140 200 200 170 140 360 3 180 200 5

(修正後)
■マイクロブースト
小型ブースト機能を使用し、機動性を飛躍的に高める機能。
練力を 40 消費することによって、1ターンの間移動+3、回避・命中に+30の修正を受ける。

(修正前)
■特殊能力:マイクロブースト
小型ブースト機能を使用し、機動性を飛躍的に高める機能。
練力を50消費することによって、1ターンの間移動+3、回避・命中に+30の修正を受ける。

ナイトフォーゲルMk-4D(ロビン)


ロイヤル・アーセナル ナイチンゲールMk-4Dロビン。
英国工廠が開発した、ナイチンゲールの駆逐戦型。末尾の「D」は駆逐を意味する「Destroyer(デストロイヤー)」から。
高い性能を獲得しながら価格や拡張性に問題点の目立ったナイチンゲールを駆逐戦仕様としてリファイン。
傭兵の提案によって再設計が決定された同機は、傭兵の提案を大幅に採り入れている。まず、物理攻撃性能を大幅にカットして主な攻撃手段を知覚攻撃に絞ると同時に、エンジンをより大型なスターリング製ワイバーンモデルへ換装。生じた余剰出力を積載量と加速性の改善に投入した。
一方、生産面では、ベース機であるナイチンゲールは無論の事、ワイバーン等とも一部パーツを共有しており、機体各部の大半は既存の生産ラインを転用可能。こうした徹底的な合理化により、過去の同価格帯の機体に比べて非常に高い性能を有している。
AU-KVにも対応している。

価格 副兵装
スロット
アクセサリ
スロット
初期改造費
225万 3 4

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗 装備 行動 生命 錬力 移動
60 240 240 200 200 320 180 380 3 210 210 4

■特殊能力:マイクロブースター(Ver.Robin)
ワイバーンにも搭載されている小型ブースター。ロビン搭載用に調整されたマイナーチェンジモデルで、比較的素直な機動を描く。
練力30を消費、1ターンの間移動+2、回避と命中に+30の修正を受ける。

■特殊能力:アリスシステム
傭兵の提案を基に英国工廠が開発した試作型の練力制御システム。
搭載されたAIがパイロットのエミタと連動し、練力の出力先を切り替え、機体特性を変化させる。出力切り替えである為、練力を消費しない。システム名には提案者の名前が使われている。
3ターンの間「回避・命中+30」と「知覚-100」の修正を同時に受ける。一度起動すると規定ターン以内は解除できない。

ナイトフォーゲルRN/SS-001(リヴァイアサン)


英国王立兵器工廠が開発した大型水中用KV。AU-KV対応。
基礎設計前の初期段階より傭兵の参加を認めて開発されたKVであるが、途中、ビーストソウルや次世代KVの配備が開始された事もあって、要求性能は上昇の一途を辿る。当然の事ながら計画は難航し、湯水の如く予算を消費しながら完成の目処が立たぬ本機をして、一時期は『典型的な兵器開発の失敗例』といった陰口まで叩かれる始末であった。
しかし、それを完成させたところに王立海軍<ロイヤル・ネイビー>の伊達と矜持がある。
リヴァイアサンには『能動装甲』が導入されている。この概念は、機体全体に重装甲を施す従来的な装甲化を諦め、装甲を一部に集中させて装甲厚を徹底的に差別化。機体本体側の可動肢によって全体を補うものである。
これにより要求された高火力と重装甲、ハイドロジェット/ホバークラフトによる高い機動性等を両立させている。その一方、リヴァイアサンの性能を活かすには、大型のシールドを保持した上で、回避と防御を適切に判断できる熟練パイロットの搭乗が推奨されている。
ただ、強力なエンジンと推進器積載の必要性から、機体サイズは当初の予定を大幅に超過。稼動可能な生産ラインの制約から、生産コストは非常に高価になってしまった。

価格 副兵装
スロット
アクセサリ
スロット
初期改造費
400万+20万 3 5

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗 装備 行動 生命 錬力 移動
330 310 290 200 200 310 230 550 3 180 250 5

■特殊能力:水中戦闘
人型・潜水形態を問わず、水深200mまでの活動を可能とする。また、人型・潜水形態が混在する水中戦に対応する為、変形に行動力を消費しない。
ただし、ハイドロジェットが膨大な練力を消費する為、潜行深度に関わらず、水中での活動中は消費練力が3から6に上昇する。

■特殊能力:エンヴィー・クロック
マイクロブースターの技術を応用した緊急反応システム。
エンジン出力を瞬間的に増大させ、機体の急制動を可能とする。

■特殊能力:システム・インヴィディア
大出力のエンジンを活かし、SESを最大稼動させる制御システム。
使用時には排出口より余剰練力である蒼い燐光が放出される。
練力を消費し、1ターンの間、攻撃力と知覚力に修正を与える。

クルメタル社

ナイトフォーゲルES-008(ウーフー)


ドイツに本社を置くクルメタル社が開発した電子戦を主任務とした電子戦機。
電子戦機コンペディションにおいて、主にコスト面が理由で岩龍に敗退した当機であるが、
キューブ・ワームという敵妨害ワームの登場によって、量産化が決定。発売されるに到った。
コスト面は削ることはできなかったが、高い安定性と生存性を保持しており、
高度化するバグア戦においても十分に対応できる能力を保持している。
AU-KVにも対応 している。

価格 副兵装
スロット
アクセサリ
スロット
初期改造費
240万 3 3

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗 装備 行動 生命 錬力 移動
200 230 140 250 250 250 200 350 3 160 160 3

■強化型ジャミング中和装置
あらゆる妨害電波を中和させる装置。半径20km以内の味方機の回避と命中に+30の影響を与える。この効果は重複しない。
ジャミング中和装置のカテゴリB。カテゴリAとカテゴリCの中和装置とは効果が重複する。

ナイトフォーゲルCD-016(シュテルン)


ドイツに本社を置くクルメタル社が開発した機体。
名古屋決戦時のコンペディションにおいて奉天社に敗北を喫したクルメタル社は、名誉挽回のために時期主力機の開発に力を注ぎ、機体はデュアルロール機という形を得るに至った。
本機体の最大の特徴でもある十二枚の可変翼と四基のバーニアは抜群の安定性を与えている。
全ての翼にはフラッペロンが備えられ、バーニアには推力変更ノズルが搭載されていて、フル稼働させれば人型形態及び飛行形態での垂直離着陸能力が可能である。
バランスの取れたスペック。
兵器搭載量による汎用性と拡張性の高さ。
特殊能力による状況適応能力。
これらを併せ持ったシュテルンは、全てのKVの根幹とも言うべき万能性を最大限に引き出した機体として完成した。
AU-KVにも対応 している。

価格 副兵装
スロット
アクセサリ
スロット
初期改造費
370万 3 4

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗 装備 行動 生命 錬力 移動
280 240 210 230 230 280 240 500 3 200 180 4

■PRMシステム
最適化兵装と呼ばれる十二枚の翼と四つの推力可変ノズルを使用して状況に最も適した形態を取ると同時に、機体へのエネルギー付与を一時的に高める。
一ターンの間、攻撃・命中・回避・防御・受防・知覚・抵抗のいずれか一つを、能力使用時に消費した錬力の1.5倍分上昇させる。
ただし、1ミッションにつき合計で、練力100までしかこの能力は使用できない。

■垂直離着陸能力
四連バーニアをフル稼動して、垂直離着陸を行なう。
練力を50消費することによって、離陸時の行動力消費及び滑走路を無視できる。

ナイトフォーゲルPD-020S(パラディン)


ドイツに本社を置くクルメタル社が開発した、拠点強襲用の格闘戦機体。
万能性を引き出したシュテルンとは真逆のコンセプトをもって開発された機体で、敵拠点への飛行形態での突入の後、歩行形態で戦闘を迅速に展開するための強襲機を目指して開発された。前線での主戦機として厚めの装甲を備え、また同時に僚機の支援を行うために特殊電子兵装を用いて近距離支援を行うことを可能としたが、新システムとの整合性のため、兵器搭載の余裕の乏しく、練力消費の激しい機体としてロールアウトすることとなった。
だがその分格闘戦に対する能力は高く、短時間での戦闘で大きな力を発揮する機体といえる。
AU-KVに対応している。

価格 副兵装
スロット
アクセサリ
スロット
初期改造費
180万+10万 2 3

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗 装備 行動 生命 錬力 移動
300 240 180 250 250 50 250 380 3 200 180 3

■ワルキューレの騎行(ディ・ワルキューレ)
ブースト機能をオーバーロードさせ、突進により相手を一気に貫く特殊兵装。練力と行動値を消費して、150m内の一直線上の敵に攻撃を+50した物理攻撃を行なう。この攻撃は突撃を止められるなどして移動を終了した場合、そこで終了する。現在の試作中のシステムであり、機槍「ゲルヒルデ」を用いた時にしか使用できないように調整されているが、練力の消費と機体への負担が大きく、1回の出撃で1度しか使用できない。

■ヘルムヴィーゲ・パリング
パラディンに搭載されているシールドを利用し、より効果的に敵の攻撃を受け流す防御システム。練力を消費して、受防を一瞬だけ+60する。

■システム・ニーベルング
周囲の戦況を計測・分析し、そのデータによって味方機体の稼動効率をわずかに向上・上昇させる特殊電子兵装。半径100m以内の機体にしか対象にできず、また効果の持続には膨大な練力を消費する。練力と行動値を消費することで、射程内の味方全員の命中・回避・防御・抵抗を1ターンの間、+10する。

ナイトフォーゲルKD-022A(クノスペ)


背部の運搬アタッチメントと大型のティルトジェットを備えた、クルメタルの『輸送』特化型VTOL機。
高い拡張機能を持つのが特徴。機体後部のコンテナは任務に応じた換装が可能で、クノスペの最大の特徴である。
○KV2機分の弾薬を輸送できる物資輸送コンテナ。
○8人の完全武装の兵員を安全に収容できる人員輸送コンテナ。空挺降下にも対応。
○縫合などの簡易な手術も可能な医療キットを搭載したメディカルコンテナ。
以上の3種類が用意されている。
任意のタイミングでコンテナの切り離しが可能。空中投下にも対応し、パラシュートとエアクッションで衝撃をある程度殺して接地する機構が組み込まれている。
任務に不要な切り離しについては、最大で10万Cの罰金を課される事となる。最初からコンテナを積まずに出撃する事は可能。

寝そべるように平たく低く身を縮める、独特の陸上形態を取ることで輸送コンテナは水平を保ったまま可変する為、『可変による運搬障害』が発生しない。
余禄として通常のKVでは侵入の難しい狭い場所への侵入を容易にし、投影面積の軽減にいも貢献している。不整地走破能力も高い。
砂漠・熱帯・寒冷地等の悪条件下での運用は勿論のこと、フロートを展開する事で限定的ながら着水と離水(水上航行はできない)を可能とし、戦場を選ばない、タフで高い汎用性を持っている。
機体名はドイツ語で『蕾』を意味する。
AU-KVに対応している。

価格 副兵装
スロット
アクセサリ
スロット
初期改造費
220万 3 4

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗 装備 行動 生命 錬力 移動
240 200 140 300 300 220 220 450 3 240 220 3

■VTOL機能
機体の推進力を偏向させ、垂直離着陸を行う。練力(未改造時70)を消費することによって、離陸時の行動力消費及び滑走路を無視できる。シュテルンの機構を応用しているが、重量に比して出力に余裕が無い為に消費練力の増大を招いた。

■換装型コンテナシステム
人員輸送コンテナ、物資輸送コンテナ、メディカルコンテナの3種類が任務に応じて連結可能になっている。
特に明示されない場合は物資輸送コンテナを搭載しているものとして扱われる。なお、これらの差異は戦闘データ面には反映されず、フレーバー面としてのみ有効である。
行動を1消費し、任意のタイミングでコンテナの切り離しが可能。
コンテナの切り離し後は本体の移動力が+1される。

■水上用フロート
機体下部に搭載のエアバック式のフロート。
戦闘機形態、陸戦形態を問わず使用可能で、展開すれば水上に浮かぶ事が出来る。
推進力は無いために自力移動は不可能。フロートへの空気注入はコンプレッサーを作動させる為、同一作戦中での再利用ができる。
収納には練力を消費せず、代わりに行動力を1消費する。
練力を消費して1時間の間、水上浮遊を行うことが可能。空中からの離着水にはVTOL機能を使用する必要がある。
戦闘は人型形態での水上に対する銃器の使用、受けのみが可能。回避、ならびに水中に対する戦闘行動は不能。1時間以内に切り上げても練力消費は変化しない。

ナイトフォーゲルCM-21G(ヨロウェル)


ドイツに本社を置くクルメタル社が開発した戦列用防衛機。パラディンの兄弟機。
格闘戦主体で設計されたパラディンとは異なり、拠点防衛時における知覚砲撃を主眼とした設計である。
パラディンのフレームを流用する事でコスト面での低減を果たしたが、装備力への不安なども引き継いでしまっている。
試作に関わった科学者の拘りで、型番にはMとGの二文字が採用されているらしい。
人型形態時の重心がやや低く、地上での歩行時は移動力が-1される。
AU-KVにも対応している。

価格 副兵装
スロット
アクセサリ
スロット
初期改造費
160万+10万 2 3
固定武装:機槍「エレメント」(副兵装)

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗 装備 行動 生命 錬力 移動
120 270 100 270 270 320 270 350 3 200 150 3

■ラインの黄金(ダス・ラインゴールド)
ブースト機能をオーバーロードさせ、出力を機槍「エレメント」に還流し、遠距離の敵へ攻撃を行う特殊兵装。練力と行動力1を消費して、200m内の任意の目標へ知覚攻撃を行う。無改造時で練力を20消費し、知覚に+100される。
現在試作中のシステムであり、機槍「エレメント」を用いた時にしか使用できないように調整されている。使用回数の制限は特に無い。

■ホバー機構「スィール」
地上において速度の出ないヨロウェルの移動速度を向上するためのホバー機構。無改造時で練力20を消費して、作動時は移動に+3される。

■システム・ニーベルング
周囲の戦況を計測・分析し、そのデータによって味方機体の稼動効率をわずかに向上・上昇させる特殊電子兵装。半径100m以内の機体にしか対象にできず、また効果の持続には膨大な練力を消費する。
無改造時で練力100と行動値1を消費することで、射程内の味方全員の命中・回避・防御・抵抗を1ターンの間、+10する。

元ネタはソルパのモンスター「ヨロウェル」。
参考:http://afo.wtrpg.com/soulpartner/event_rt005/03_re_info8.shtml

クルメタル+英国王立兵器工廠

ナイトフォーゲルASH-01(アッシェンプッツェル)


クルメタルと英国王立兵器工廠が共同で開発した、大型陸戦強襲用KV。
女性型のシルエットと、ドレスのような装甲を纏った外見が特徴的。
パラディンの技術的課題を改良し発展させたいが、時間と予算の無いクルメタルと、新たな技術を開発したものの、新機体の開発が難航している英国の利害が一致した結果生み出された。
パラディンの技術を、リヴァイアサン由来の大型エンジンと、ワイバーン・ロビンのマイクロブーストを応用したシステムで運用する事で、燃料消費の増大と引き換えに突撃の破壊力の増大に成功した。
更に展開時にエネルギーフィールドを発生させる機盾槍「ヴィヴィアン」を使用した対非物理攻撃防御システム「エネルギーパリング」や、物理・非物理に対応した特殊リアクティブアーマーを使用した「ツヴェルフウァロイテン」などの、突撃時及び突撃後の防御を考慮した新技術を搭載している事も特筆に上げられる。

価格 副兵装
スロット
アクセサリ
スロット
初期改造費
330万+40万 4 4
固定武装:機盾槍「ヴィヴィアン」

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗 装備 行動 生命 錬力 移動
280 260 280 250 250 280 250 450 3 250 200 4

■ツヴェルフウァロイテン
「十二時の鐘」の名を冠した、アッシェンプッツェルが全身に纏った特殊リアクティブアーマーの運用システム。
攻撃を受けた瞬間に発動し、炸薬の炸裂と同時にスカート状のジェネレーターからエネルギーフィールドを発生させる事で、物理・非物理攻撃を防御する事が可能。
出撃中に二回、攻撃を受けた一瞬だけ防御・抵抗を+150する。

■パンプチャリオッツ
ブースト機能をオーバーロードさせ、突進により相手を一気に貫く特殊兵装。
パラディンのワルキューレの騎行の欠点を改善するのでは無く、大型のエンジンを使用する事により、威力の増大を追及している。
練力100と行動値1を消費して、150m内の一直線上の敵に攻撃を+80した物理攻撃を行なう。この攻撃は突撃を止められるなどして移動を終了した場合、そこで終了する。
これは機盾槍「ヴィヴィアン」使用した時のみ発動出来る。

■エネルギーパリング
機盾槍「ヴィヴィアン」に取り付けられた特殊フィールドを使用し、敵の知覚兵器の威力を減衰させる防御機能。
ヴィヴィアンを使用して受けに成功した場合のみ、抵抗にも受防値を付加する事が出来る。


©TerranetzCO.,Ltd All Rights Reserved.
©小松崎茂・東京エージー・NAC/teranetz
掲載されているゲーム画像・サービスの名称・商標等は運営会社に帰属します。