※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AU-KV

  • ドラグーン限定装備。
  • 通常は全身鎧扱いだが、バイク形態にもなる。
  • 強化は不可。



DN-01「リンドヴルム」


各メガコーポレーションの共同開発により出来上がったAU-KV第1号機。脳神経とAIとの密接なリンクによって動くため、ドラグーン以外では使いこなすことはできない。
イタリア、カプロイア社が考案したバイク型KV案をもとに、各メガ・コーポレーション共同制作の中最初に開発されたAU-KV(アーマーユニット・ナイトフォーゲル)。ドローム社が開発した機体であり、士官学校であるカンパネラに配備される初期機体として優れた汎用性と価格の安さを誇っている。

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗
30 10 10 20 50 30 20
装備 行動 生命 錬力 属性 重量 価値
50 0 20 0 10 30万

AL-011「ミカエル」


イタリア、カプロイア社が開発したAU-KV。
カプロイア社では、元来、自社の開発品であったバイク型KVへの思い入れは強く、その流れを汲むAU-KVの開発は静かに、しかし確実に進められていた。
『ミカエル』と呼ばれるこのAU-KVは、アーマー形態時は騎士の甲冑のような外観をしており、物理戦闘に特化した造りとなっている。これは、たとえ相手がバグアであろうとも騎士道精神にのっとり、正々堂々美しく戦うための鎧であるという開発者の意思の表れといえる。
また、バイク形態時の流線的な装甲は、空力特性を向上させる事で脅威のスピードを生み出し、まさに騎乗歩兵としての力を最大限に発揮させるものとなっている。

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗
60 30 30 30 40 0 20
装備 行動 生命 錬力 属性 重量 価値
40 0 30 0 30 120万

BM-049「バハムート」


ドイツ、クルメタル社が開発したAU-KV。
AU-KVの本来のコンセプトである機動性を捨て、重武装、重装甲を重視したこの機体は、装甲車両とでもいうべき性能に仕上がっており、AU-KVとしては破格の防御力を誇る。
『バハムート』と呼ばれるこのAU-KVは、装甲の厚さと、クルメタルらしい高い命中性を誇り、アーマー形態時においては、その装甲の厚さから味方を守る盾としても、その命中性から味方を援護する砲台としても活躍できる。
また、バイク形態時は一般的な二輪バイクではなく、三輪のトライク形態にすることで、大重量を支える安定性を確保しているが、見た目の通り機動性は低めであるため、注意が必要である。

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗
30 60 0 70 50 40 30
装備 行動 生命 錬力 属性 重量 価値
80 0 40 20 80 150万

PR893「パイドロス」


カンパネラ学園のとある研究室が試作したAU-KVは、その運用テストの過程で学園内を暴れ回り、結果として破壊された。その開発を行った研究室も、内々に厳しい処分を受けている。しかし、その成果である「パイドロス」の優秀さは歴然たる物だった。
戦闘能力もさることながら、上層部が目を見張ったのはその隠密性についてである。防音と速度、それにコストに配慮して再設計された機体は、調査や潜入において充分な性能を発揮すると思われた。反面、試作機よりもやや非力になったのは否めない。
実際の生産はドロームが手がけているが、開発の経緯が経緯だけに、そのフォルムは既存のドローム製品とは一線を画している。
防音に配慮してはいるが、作動中は常に静音と言う訳ではない。隠密行動を試みる場合は、装着者がそのように意識して操作する必要がある。
意識して音を抑えたパイドロスの騒音レベルは、同様に息を潜めた普通の能力者と同等とされる。
スキルなどで追加効果を得た能力者に及ぶ物ではない。

攻撃 命中 回避 防御 受防 知覚 抵抗
10 20 20 0 0 0 0
装備 行動 生命 錬力 属性 重量 価値
20 1 0 0 20 70万


©TerranetzCO.,Ltd All Rights Reserved.
©小松崎茂・東京エージー・NAC/teranetz
掲載されているゲーム画像・サービスの名称・商標等は運営会社に帰属します。