※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

KV

KVとは「Knight Vogel」の略。
「Knight」は『騎士』(英語)、「Vogel」が『鳥』(ドイツ語)。
つまり『騎士の鳥』くらいの意味であろう。
英語とドイツ語が混ざっているのは、傭兵の多国籍性を表しているのかもしれない。
  • 「副兵装スロット」とは、主兵装のほかに装備できる兵装の数を示している。
    よって、実際に装備できる兵装の数は「副兵装スロット数+1」である。
  • 販売されているKVは、時折、価格が下がります。
    購入検討時は自分で、実際にショップで値段を確認してください。



アメリカ大陸のメガコーポレーション製KVリスト
 (ドローム社[+コラボレーション]、インペリューム・エアクラフト社、メルス・メス社)
→ユーロファイター構想に参加している企業のKVリスト>KV2:CTS]]
 その1(英国王立兵器工廠、クルメタル社)
 その2(カプロイア社、プチロフ社)
【G3P】計画に参加している企業のKVリスト
 (奉天北方工業公司、銀河重工、MSI)
COPKV(共通運用計画)


【目次】


オリジナルKV投稿

CTSでは、PLが考えたKVを受け付ける投稿窓口があります。
採用されれば、ゲームの世界で実際に使うことができるようになります。


大規模作戦質問所での質疑応答から

  • マイページで確認できる機体の能力値は、搭乗者の「操縦」の値が、機体の性能にプラスされたものである。
  • 搭乗者が何を装備していようとも、KV戦闘における負傷の内容には関係ない。
  • 水中用のKVでない限り、耐水性能は期待しないほうが吉。SESがまともに作動しないらしい。
    →水中用キット必須。
  • KVは自動操縦が可能。
  • KVの兵装は自費で購入。
  • KVの兵装は、基本的には片手で扱うものである。
    「両手」「両腕」など、解説文に特記されている場合はその限りではない。
  • 主兵装と副兵装の能力は合算しない。
    攻撃もしくは受動防御時に使用する兵装ひとつのみの能力を使用する。
  • 副兵装にシールドを装備していても、受動防御時にそのシールドを使うのであれば、ちゃんとそのシールドの能力で判定される。

所持可能数、格納庫

  • 所持できるKV数の基本値は3機。
  • 追加KVハンガー(格納庫)を購入することにより、+2、つまり合計5機まで増やすことができる。

格納庫
追加格納庫の購入ページへのバナー

追加格納庫はショップではなく、マイページの「MACHINE」から購入 する(購入可能になると現在所持する機体の下に 「格納庫追加」のバナーが出現。そこから追加格納庫の購入ページへ移動する)。一度購入した追加格納庫は、所持機体数に関わらず、追加費用なしで維持できる。

改造

→「ドローム社」のページへ

改造時に必要となる費用についても上記ページへ。

バージョンアップ

マイページの左メニュー『MACHINE』、KV名の下に出ている「バージョンアップ」ボタンから、バージョンアップが可能。

  • 費用:20万C+☆500
  • 対応KVは時間経過やシナリオ成功によって追加される。
  • バージョンアップによって機体の強化レベルが変化することはない
  • バージョンアップすると、マイページに表示されるKVの型番に「改」という表記が追加される。また、機体紹介に「バージョンアップ処理が行なわれ、機体性能が向上している。」の一文が追加される。(ミカガミのみ、型番が変更される)

価格・能力の比較

→「比較」のページへ


ジャミング中和装置

同カテゴリに属する中和装置の効果は重複しない。
異なるカテゴリに属する中和装置の場合は、それぞれの効果が重複して発揮される。

  • カテゴリA:岩龍、スカイスクレイパー、斉天大聖
  • カテゴリB:ウーフー
  • カテゴリC:骸龍

例1:
岩龍+スカイスクレイパー⇒1機分のみのジャミング中和効果

例2:
斉天大聖+ウーフー+骸龍⇒3機分のジャミング中和効果


©TerranetzCO.,Ltd All Rights Reserved.
©小松崎茂・東京エージー・NAC/teranetz
掲載されているゲーム画像・サービスの名称・商標等は運営会社に帰属します。

添付ファイル