※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

研究所:CTS


概要

  • アイテムの強化ができる
  • 基本的には、かかった費用の分だけアイテムの価値が上昇する
  • 強化結果には「大成功」「成功」「失敗」「大失敗」「突然変異」の5種類がある
  • レベル10以降は補正値が上がり難くなるが、上がった時の伸び率は高い(行動+がつくことも)
  • レベル20成功で大きなボーナスがつきやすい(具体的にはレベル2分能力上昇)
  • また何かの能力が大きく上がることがあるらしい
  • レベル20以上で必ずしも行動+がつくわけではない(レベル13での報告例あり)

結果について

「成功」

「強化の結果、アイテムは以下のように生まれ変わりました」というメッセージが表示され、元々補正のかかる値の1割が、その補正値にプラスされます(例:防御が元々5あれば5.5に。10あれば11になる)

最初からそのアイテムでは補正されない値は変化しません。

「大成功」

大成功した場合であっても、表示されるメッセージは「成功」の場合と同じです。
あくまでも「大成功」とは表示されません。

しかし、見分けることは簡単です。大成功の場合、以下のどれかが起こります。
  • 本来は変化することのない値が上昇する
  • 属性が変化する
  • 重量が低下する

大成功が起こる確率は明示されていませんが、補助アイテムの利用により、発生確率を変化させることが可能です。
高レベルになると驚くほど大成功が起こる確率が跳ね上がります。

「失敗」

ただの失敗であり、強化対象にしていたアイテムに変化はありません。
ただし、かかった資金や使用した補助アイテムは失ってしまいます。

「大失敗」

強化対象にしていたアイテムが、無惨にも「くず鉄」へと変化を遂げます。

この「くず鉄」は、一応1000Cで売却が可能ですが、100個集めると研究所から特別褒章アイテムをもらうことができるとされています。残しておくのも一興です。

「突然変異」

「実験は驚異的な展開を見せ、思わぬ方向に進み、アイテムは以下のものに変化しました。」というメッセージが表示され、元のアイテムとは似ても似つかぬアイテムへと変化します。

レベルも一足飛びになっているように表示される(0→3、など)ことがありますが、これはどうやらアイテムとしてのレベルの変化が表示されているのではないかと推測されます(0→3と表示された後、3となっていたはずのアイテムはやはりレベル0の状態でした)。

通常は滅多に起こりませんが、「ジャンクDNA」系の補助アイテムを使用することで、発生確率を大幅に上昇させることができます。

変化後のアイテムには、店売り品から非売品、また、非売品の中でも特別アイテムなどでは見かけないアイテムも候補として含まれているため、チャレンジする人はけっこう多いようです。

手に入れた状態(レベル0)のままでは売却することのできない「高級煙草」などを元に「ジャンクDNA」を使用して強化することで、よりリスクの低い状態で突然変異にチャレンジすることができます。

確率

LV16→17 成功率:2% 失敗率:33% 大失敗率:65% 
LV17→18 成功率:2% 失敗率:28% 大失敗率:70% 
LV18→19 成功率:1% 失敗率:24% 大失敗率:75%
LV19→20 成功率:1% 失敗率: 1% 大失敗率:98%
LV20→21 成功率:0% 失敗率: 2% 大失敗率:98%

補助アイテム