154 名前:ツンの姉 投稿日:2006/08/04(金) 17:17:00 Za8S5ByQ

川 ゚ -゚)「ツン、最近金遣いが荒いようだな」
ξ゚⊿゚)ξ「く、クーお姉ちゃん……、べ……そうでもないと思うけど?」
川 ゚ -゚)「(なんだ、べ……そうでもないって)今月の小遣いを既にほとんど使ってしまったそうじゃないか」
ξ゚⊿゚)ξ「あー……うん……」
川 ゚ -゚)「前はもっと節度を持って遊んでいたのに、少しは自重しないと小遣いを減らされるぞ?」
ξ゚⊿゚)ξ「わかってるよ、お姉ちゃん…・。あ、私もう出かけるね! 今日ブーンと会う約束してるから!」
川 ゚ -゚)「おい! 聞いてるのか! 全く、どうしたというんだあいつは……ん?」
クーは、一枚のカードが床に落ちているのを発見した。
どうやらツンが落としていったものらしい。
川 ゚ -゚)「三国志大戦……か。どういうゲームなんだこれは」
クーはパソコンの電源をつけ、今ツンがはまっているらしきゲームのことを調べ始めた。

ξ゚⊿゚)ξ「お姉ちゃん、怒ってたなあ」
確かに、ブーン達が三国志大戦を始めてから、私もついつい楽しくてたくさんプレイしてしまっていた。
少し考えなければいけないかもしれない。
( ^ω^)「お、ツンだお! 待ってたお!」
ξ゚⊿゚)ξ「ふ、ふんっ! そのままハチ公みたいに石になればいいのよ!」
( ^ω^)「わけがわからないお。とりあえずバーボンハウスに行くお」

やあ (´・ω・`)ようこそ、バーボンハウスへ。
このクレジットはサービスだから、まず受け取って落ち着いて欲しい。
うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。
でも、このゲームをプレイしたとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このゲーセンを始めたんだ。じゃあ、注文を聞こうか。
( ^ω^)「おっおっおっ、今日は珍しく空いてるお!」
ξ゚⊿゚)ξ「あんたも早く強くなりなさいよね」
(´・ω・`)「・・・…・・・・・・・・・・・・」
(´;ω;`)「ウッ」


155 名前:ツンの姉 投稿日:2006/08/04(金) 17:17:52 Za8S5ByQ

川 ゚ -゚)「ふむ、三国志をテーマにしたゲームなのか。私も三国志は嫌いではないが…・・・。少し、見てみるか」
クーは、ツンが落としたカードを持ったまま外に出た。
川 ゚ -゚)「おい、そこの人」
 <丶`∀´>「何ニダか?」
川 ゚ -゚)「ここいらで三国志大戦というゲームが置いてあるゲーセンを知らないか? いや知ってるだろ? 言え」
 <丶`∀´>「三国志? 三国志は韓国が起源ニダ!」
川 ゚ -゚)「そんなことは聞いてない」
 <丶`∀´>「…・・・そこの角を曲がってかくかくしかじかして三回まわってびっくりするほどユートピアなところにあるニダ…・・・」
川 ゚ -゚)「せんきゅーべりーまっちょ」
 <丶`∀´>「なんで英語ニダか・・・・・・(でも、あのカードは売れば高いニダ。今日はウリもあのゲーセンで獲物を探すことにするニダ)」

( 'A`)「ブーン! 変態! 変態だ!」
(♯^ω^)「誰が変態だお!!!」
( 'A`)「ごめん、大変なんだ!」
ξ゚⊿゚)ξ「なにがどうしたってのよ」
( 'A`)「今ここに来る途中、すごい美人を見たんだ!」
( ^ω^)「おっおっおっwwwwwwwwwww凄い美人って聞いただけでおっきするおwwwwww」
ξ゚⊿゚)ξ「馬鹿!!!」
ドカッ!
( ^ω^)「いたいお…・・・」
(´・ω・`)「それで、その美人さんに声をかけたのかい?」
(*'A`)「いや、ただ見てただけだよ・・・・・・。それに俺にはしぃちゃんがいるし・・・・・・」
ξ゚ー゚)ξ「ニヤニヤしちゃって・・・・・・」
( ^ω^)「ツン、もう美人のことは忘れるお! 早く三国志やるお!」
ξ゚⊿゚)ξ「そ、そうね」
川 ゚ -゚)「待て」
( 'A`)「あ、さっきの美人のお姉さん!」ξ゚⊿゚)ξ「ク、クーお姉ちゃん!」
( 'A`)ξ゚⊿゚)ξ「え?」


156 名前:ツンの姉 投稿日:2006/08/04(金) 17:19:02 Za8S5ByQ

( ^ω^)「あ、クーさん。うぃっすだお!」
川 ゚ -゚)「久しぶりだな、ブーン。また遊びに来い」
( ^ω^)「ありがとうだお。また行くお!」
ξ゚⊿゚)ξ「ちょ、ちょっとお姉ちゃん! なんでこんなところにいるのよ!?」
( 'A`)(ツンのお姉さんだったのか……)
川 ゚ -゚)「少し、妹がはまっているものに興味をもってな」
(´・ω・`)「はじめまして、バーボンハウスの店長です。三国志大戦をプレイされるんですか?」
川 ゚ -゚)「するわけがないだろう」
(;´・ω・`)「え?」
川 ゚ -゚)「お前がツンにこの馬鹿高いゲームを薦めた張本人か?」
ξ゚⊿゚)ξ「お姉ちゃん、何言ってるの!?」
( ^ω^)「ちょっと怖いお」
( 'A`)(でも綺麗だ……)
川 ゚ -゚)「散財が酷いようだからな、ツンにゲームをやめさせるためにきたんだ」
ξ゚⊿゚)ξ「えっ……」
( ^ω^)「そ、それは酷いお! ツンもこのゲームを楽しんでるんだお!」
川 ゚ -゚)「だが……ここまで高いとは予想外だったぞ……」
(´・ω・`)「それじゃあ、一回プレイしてみたらどうですか? きっと値段に見合う「ときめき」みたいなものを感じられますよ」
川 ゚ -゚)「え?」
( 'A`)「そ、それがいいっすよ! ささ、どうぞどうぞ!」
川 ゚ -゚)「誰だお前」
( 'A`)「あ、ツンさんとブーンの友達のドクオです! 以後よろしくお願いします!」
川 ゚ -゚)「そうか」
( ^ω^)「クーさん。早くやってみるお! きっと楽しいお!」
ξ゚⊿゚)ξ「そ、そうね。お姉ちゃんにもわかってもらえると思う」
川 ゚ -゚)「……一回だけだからな」

 <丶`∀´>「すっかり話に夢中ニダね……さて、誰のカードを盗むニダか……」
( 'A`)(ど、どうしよう……俺にはしぃちゃんが……でもクーさんも美人だ……)
 <丶`∀´>「あいつぼーっとしてるニダ。あいつにするニダ」
ニダーはそろそろと近づいて、ドクオからデッキケースをすりとった。


157 名前:ツンの姉 投稿日:2006/08/04(金) 17:20:28 Za8S5ByQ

( 'A`)「あ、クーさん! 俺のカード使ってください。……ってあれ? カードがねえ!」
 <丶`∀´>「ニダハハハハハハハ! お前のカードはウリが頂いたニダ!」
( 'A`)「あ、待て畜生!」
川 ゚ -゚)「安心しろ」
( 'A`)「え?」
クーはポケットに入れておいたカードを取り出し、ナイフ投げのようなポーズを取り……。
川 ゚ -゚)「ふん!」
思いっきりカードをニダに投げつけた!
 <丶`∀´>「ニダアアアアアアッ!」
回転しながらニダの首をかすめたカードは、薄皮一枚を削り、血こそ出なかったもののニダは驚いて転んでしまった。
川 ゚ -゚)「神妙にしろ」
そこをクーが取り押さえる。
 <丶`∀´>「は、離すニダ!」
(´・ω・`)「さあ、こっちに来てもらおうか」
 <丶`∀´>「だ、誰ニダか!? お前は!」
(´・ω・`)「私はここの店長だ。ここで盗みを働こうとした罪は重い。 ぶ ち こ ろ す」
 <丶`∀´>「しょ、将軍様マンセーニダー!」
ニダーは店長に控え室に連れ去られていった。
ξ゚⊿゚)ξ「い……一瞬のことだったわね」
( ^ω^)「驚いたお。やっぱりクーさんは凄いお」
川 ゚ -゚)「そうだろう。そうだろう」
ξ゚⊿゚)ξ(そこは謙遜するところだよ、お姉ちゃん……)
( 'A`)「ほ、本当にありがとうございました!」
川 ゚ -゚)「気にするな」
( ^ω^)「おっおっ、そういえば、さっき三国志のカードを投げてたお。なんで持ってるんだお?」
川 ゚ -゚)「ああ、ツンが家を出る時に落としていったんだ。……丁度これは私の好きな武将だし、これを使ってやってみたいと思う」

 >>160クーの好きな武将。
カード決まってからすぐに後編を書きます


160 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2006/08/04(金) 17:25:49 g0Ynh4q0
とりあえず、これは外伝ということでいいのか?

アンカなら
っ【LE関羽】

162 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2006/08/04(金) 17:27:40 OuT6axVk
 >>160車輪様キタwwww

163 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2006/08/04(金) 17:34:01 Zmngl2Ni
 >>160
有名どこ且つ高価で良いね!
続きwktkしながら待つよ!


171 名前:ツンの姉 投稿日:2006/08/04(金) 18:54:43 Za8S5ByQ

川 ゚ -゚)「この、ツンが落とした横山光輝の関羽でな」
( ^ω^)「凄い光ってるおwwwwwwwww光り過ぎてキモイおwwwwwwwww」
ξ゚⊿゚)ξ「馬鹿! あれはレジェンドカードっていって凄いレアなのよ!」
川 ゚ -゚)「そうか。横山光輝はレジェンドなんだな、伝説なんだな」
( 'A`)「レジェンドって、伝説か? どのくらい伝説なんだ?」
( ^ω^)「きっとハピマテくらいだお」
( 'A`)「ばっかお前、今は晴れハレユカイだっての」
( ^ω^)「ハルヒ厨キメェwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
(♯'A`)「このやろう」
川 ゚ -゚)「で、どうやったらこれで遊べるんだ。これ一枚でいいのか?」
ξ゚⊿゚)ξ「あー、えっとね。このカードだったらこんなデッキを組むのがいいと思う」
LE関羽 R姜維 UC張飛 C趙累 Rホウトウ
川 ゚ -゚)「ふむ、蜀は好きだぞ」
( ^ω^)「細かいルールを説明するお!」
( 'A`)「いやいや俺がするって!」
( ^ω^)「僕がするお!」
( 'A`)「だから俺が……」
ξ゚⊿゚)ξ「わ、私がするわよ?」
( ^ω^)( 'A`)「どうぞどうぞどうぞ!」
ξ゚⊿゚)ξ「……まあいいけどね」
川 ゚ -゚)「おい、いつになったら始められるんだ」
ツンが大まかな操作の仕方や戦い方を説明し、いよいよプレイ開始。
クーは初心者なので、ブーンのICを借りてプレイすることになっていた。
川 ゚ -゚)「やはり一回三百円は高い。カカオ99%が二つくらい買えるぞ!」
( ^ω^)「カカオかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
ξ゚⊿゚)ξ「お姉ちゃんカカオ大好きだから……」


172 名前:ツンの姉 投稿日:2006/08/04(金) 18:55:50 Za8S5ByQ

川 ゚ -゚)「関羽のような立派な髭の男も好きだぞ」
( 'A`)「髭生やそうかな……」
( ^ω^)「ドクオは青ヒゲ体質だから無理だおwwwwwwww」
( 'A`)「んだとテメェ!」
川 ゚ -゚)「お、対戦相手が出たようだが」
君主名:流石兄弟
( ^ω^)「……前に当たった気がするお」
川 ゚ -゚)「ふむ、相手に公孫サンやサイ文姫、曹操がいるのか。曹操がいるとなっては負けられんな」
ξ゚⊿゚)ξ「相手は飛天の馬ばっかりだし、こっちの圧倒的有利ね」

( ´_ゝ`)「弟者……このデッキはまずいな……」
(´<_`  )「しかもこの君主名、前にあたった気がするぞ、兄者」
( ´_ゝ`)「む……むむむ……はぁ!」
(*´_ゝ`)「はぁはぁ」
(´<_`  )「どうした兄者……(ついに頭が……)」
( ´_ゝ`)「どうやら相手は物凄い美人であるらしいことが判明した」
(´<_`  )「な、なんでわかるんだ? 兄者」
( ´_ゝ`)「念写だ」
(´<_`  )「はいはいワロスワロス」

川 ゚ -゚)   LE関羽 R姜維 UC張飛 Rホウトウ
( ´_ゝ`) サイブンキ、R曹仁、公孫サン、R曹操、SRホウ徳

開戦

クーは槍を横一列に、ホウトウの伏兵を真ん中においていた。
対する兄者は、R曹操とSRホウ徳を前に、残りの騎兵を後ろに配置している。
川 ゚ -゚) 「細かいことは良くわからんが、とにかく槍で相手を刺せばいいのだろう? ほら、行け! 関羽!」
クーが勢い良く全カードを前に押し出した。
( ^ω^)「戦略も何もあったもんじゃないお」
( 'A`)「そんな豪快なところも素敵だ……」
ξ゚⊿゚)ξ(まあ、大丈夫かな)


173 名前:ツンの姉 投稿日:2006/08/04(金) 18:57:57 Za8S5ByQ

流石兄弟の騎兵は、ホウ徳が関羽に、曹操が張飛に乱戦し、後ろから突撃を仕掛けようとしている。
川 ゚ -゚)「お、おい。槍は馬に強いんじゃないのか?」
ξ゚⊿゚)ξ乱戦してる状態だと意味がないのよ! 他の槍で援護して!」
だが、姜維は戦場の端にいて、援護は間に合いそうもない。
突撃!突撃!突撃!
 <ワシニコノモノタチハウテヌ……
川 ゚ -゚)「関羽ーーーっ!」
( ^ω^)「あるあるwwwwwwブーンも良くやられるお」
川 ゚ -゚)「すまない……。私の腕がないばかりに……」
さめざめ。
ξ゚⊿゚)ξ「お姉ちゃん、城の中にいれないと駄目だよ」
川 ゚ -゚)「おっと、そうだったな」
復活。
そしてその頃。
ジャーンジャーン
 <マンマトカカッタナ!
 <モエツキタワ
ホウ徳がホウトウの伏兵を踏んで撤退していた。
川 ゚ -゚)「おお、ホウトウ良くやった!」
そして、援護に到着した姜維と趙累のおかげで、相手は突撃もままならず、適当にうごかしていた槍の槍激で相手の曹操も撤退した。
川 ゚ -゚)「このまま一気に攻めるぞ」
( ^ω^)「いけるお!」
( 'A`)「ガンバレー!」
ξ゚⊿゚)ξ(そういえば兵法のこと教えてなかったなー)
相手は、残りの騎兵三体を城の中に退かせ、クーの軍勢が城に張り付く直前に飛び出した。
( ´_ゝ`)「飛天の舞の威力を見るがいい!」
(´<_`  )「大丈夫なのか……」
 <アハッ、ツヨクシテアゲル
(*^ω^)(パンツ……)
川 ゚ -゚)「戦場で踊るなんて、ふざけてるのか・・・・・・っ? 早い!?」


175 名前:ツンの姉 投稿日:2006/08/04(金) 19:00:56 Za8S5ByQ

川 ゚ -゚)「さあ、全軍復活だ!」
クーの軍勢が一挙に攻め寄せる。

( ´_ゝ`)「おいおい、弟者、ピタ止まりを変わりにやってくれ」
(´<_`  )「俺に飛天状態のピタ止まりなんてできるわけないだろ。兄者」
( ´_ゝ`)「役立たずが」
(´<_`♯)「OK兄者、家に帰ったらエロゲは消滅してるものと思え」

兄者の軍は、槍兵の前で右往左往するだけであり、一向に突撃してこない。
( ´_ゝ`)「さっきのように城に張り付いてからやるしかないか……」
兄者は自分の軍勢を総て城に下げる。
そして関羽達が城に張り付く直前。
ξ゚⊿゚)ξ「今よお姉ちゃん! 関羽の計略を使うのよ!」
川 ゚ -゚)「関羽、君に決めた!」
 <ゼングンヒトツトナリテキジンヲツキヤブレ!
相手の武将は、乱戦して応対するも、圧倒的な武力の前に圧殺され……。

 <我が主に危害を加えんとする者、関羽が許さぬ
川*´-`)「関羽、さすがだ……」


177 名前:趙累は削ってあげてください…… 投稿日:2006/08/04(金) 19:04:45 Za8S5ByQ

(´・ω・`)「ふむ、もう終わってしまったようだね」
( ^ω^)「あ、店長!」
( 'A`)「圧勝でしたよ!」
ξ゚⊿゚)ξ「お姉ちゃん、面白かった?」
川 ゚ -゚)「ま、まあ……ハマるのもわからなくはないな」
( ^ω^)(あんなに夢中だったのに、良く言うお)
( 'A`)(俺は関羽に勝てないのか……)
(´・ω・`)「その様子では、僕の言った「ときめき」は感じてもらえたようですね。よかったよかった」
川 ゚ -゚)「だが、ツン。お金はちゃんと大事に使えよ」
ξ゚⊿゚)ξ「はーい」
川 ゚ -゚)「ん……カードが出てきたぞ?」
(´・ω・`)「それもまた、一つの「ときめき」ですよ」
川 ゚ -゚)「ふむ、じゃあこれはブーンにあげよう」
( ^ω^)「え!?いいのかお!?」
川 ゚ -゚)「ああ、ブーンのカードを借りてプレイしていたからな」
( ^ω^)「ありがとうだお!」
ペリペリ……
ξ゚⊿゚)ξ「>>181 ね」
(´・ω・`)「ふむ、中々いいカードじゃないか」
これからも、クーは、たまーにゲーセンにやってきて三国志大戦をプレイするようになった。


178 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2006/08/04(金) 19:06:20 Za8S5ByQ

( ´_ゝ`)「どこか遠く離れた場所にいる美人のお姉さん、この勝ちは私からのプレゼントです」
(´<_`  )「兄者……言っておくが、キモイぞ」
(♯´_ゝ`)「なんだと?」
(´<_`  )「はっ……! (あれは……!) 兄者、俺はこれにて退散する!」
( ´_ゝ`)「お、おいどうした弟者!」
?「あんた、何こんなところで遊んでるんだい!?」
ジャーンジャーン!
(;´_ゝ`)「げぇっ! 母者!」
\\
 \\\  @@@  あんたら!
   (⌒\@# _、_@ ファミコンばっかやってないで宿題やんな!
    \ ヽヽ(  ノ`)
     (mJ  ^ ⌒\
      ノ ∩  / /
      (  | .|∧_∧ OKOK。
  /\丿 | (    )母者マテ!ときに落ち着けって!
  (___へ_ノ ゝ__ノ



181 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2006/08/04(金) 19:13:29 BiIHPyQZ
R楽進

183 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2006/08/04(金) 19:17:14 fXbmfWfk
おおっとコスト1武力要員騎馬最安定の男が
使われるかなぁ


186 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2006/08/04(金) 19:27:40 Za8S5ByQ

( ^ω^)「おっおっ、光ってるお?」
(´・ω・`)「R楽進か。魏主体のブーン君にとってはとてもいいカードだね」
( ^ω^)「でも、光ってる割に武力4ってのもしょぼいお」
(´・ω・`)「コスト1で武力4の騎兵というのはとても優秀なんだ。初心者は良くそれで鮫られたりするから、気をつけるんだよ」
( ^ω^)「そ、そうなのかお。気をつけるお」
川 ゚ -゚)「大事に使ってくれよ」
( ^ω^)「わかったお! このカードを使ってさらにうまくなるお!」