※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

477 名前:外伝『友情の目覚め』 14/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:34:26 +Npb1QEw

( ゚∀゚)「…嫌われ者の『DQN』には言われたくねえな」
(,,゚Д゚)「俺はもうDQNじゃない。そう言っただろう? 『初心者狩り』さんや」

ジョルジュとKDQNは味方同士なのに互いに火花を散らしていた

(´;д;)「…オ、オニイチャン達、今大戦中だよ? 少しは仲良くしようよ? ねっ?」
( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)「フンっ!!」

(#・д・).o0(ククク、いいぞww そのまま仲違いして自滅してくれやwww)

この状態はまさに(#・д・)の離間の計にまんまとはまったといったところであろう


479 名前:外伝『友情の目覚め』 15/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:36:45 +Npb1QEw

中盤Ⅰ 残り67カウント
何とか逆転を図りたい( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍は全軍を出撃させる。それに応戦するため(#・д・)(-д-#)軍も
全軍出撃させていた

( ゚∀゚)「頼むから俺の邪魔だけはしないでくれよな」
(,,゚Д゚)「それはこっちの台詞だ。せいぜい、迎撃を受けずに城の守りでもやっておいてくれや」

完全に仲違いをしてしまった二人。全軍一つとなってない( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍は思うように敵の城に
近づけないでいた

(#・д・)「相手に兵法はもう無い。ここでいっきに全滅させて、勝ちをいただこうかなww」 ポチッ
(-д-#)「ついにあの計略の出番だぜー」

英傑号令 - HEROIC COMMAND -
『暴虐なる覇道』
<スベテヲステテ、ホネトカセー!!

(,,゚Д゚)「敵さんはいっきに片をつけたいみたいだな」

(#・д・)(-д-#)の三部隊に計略がかかり、( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合の軍に向かっていっきに押し寄せてくる

( ゚∀゚)「ヘッ! そんなの返り討ちにしてやるぜ!!」

呂布が一人で猛然と敵の軍に対して突撃していく。だが─
『 迎 撃  ! !』 

( ゚∀゚)「よし、今こそ天下むs…」
(;,,゚Д゚)「馬鹿!? 何で易々と迎撃を喰らいにいったんだ!!」
(;゚∀゚)「……ちょwww おまwww 早く計略ボタン押してくれって!!」

 <ギキギ、ギ…
いざこざのうちに呂布が趙雲の迎撃と董卓と呂姫の突撃を喰らい、あっという間に撤退してしまう


482 名前:外伝『友情の目覚め』 16/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:37:33 +Npb1QEw

(#・д・)「( ゚∀゚)プップー。 『天下無双』すれば俺達の軍を全滅出来たかもしれないのにご苦労様ですww」
(;,,゚Д゚)「あ、もしかして槍オーラを消すためにわざと迎撃受けて乱戦を…?」
(#゚∀゚)「…そうだよ! そのまま天下無双使い、兵力を回復させて槍兵さえ消せれば上手く立ち回れた
     かもしれないのに!!」
(-д-#)「このまま、突撃だぜー♪」

( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍の主力である呂布が消えたことにより、(#・д・)(-д-#)軍はますます勢いづいて
城に迫ってきた

(;,,゚Д゚)「チッ、これでも喰らえ!」 ポチッ

妨害 - INTERRUPT -
『離間の計』 by賈ク
ノリ从`一´从<慌テフタメクガイイ!! 

(#・д・)「アリャ?ww 夏侯月姫以外の全軍にかかっちまったみたいだなwww」
(-д-#)「流石は覇者だぜー。でも、こっちも暴虐で強くなってるからそのまま突っ込むだぜー」

上手く四部隊に『離間の計』をかけたまでは良かったが、暴虐の強化と主力の呂布がいないため
(#・д・)(-д-#)軍の軍はこれ好機と( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍の城に再び突っ込んでくる

( ゚∀゚)「……敵さん、来てるぜ…」
(;,,゚Д゚)「ここは『刹那の号令』で対応するしかない」
( ゚∀゚)「ヘイヘイ…」 ゴシゴシ

城前まで迫った(#・д・)(-д-#)軍をこれ以上に有利にさせないため、( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍は仕方が
なしに『刹那の号令』を使い、敵軍の攻城を防いだ

再びお互いに仕切り直しになるも、、( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍は全士気を使ってしまった
    ─しかし、何よりももジョルジュの士気が下がっていることが一番の痛手であった─


487 名前:外伝『友情の目覚め』 17/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:40:23 +Npb1QEw

中盤Ⅱ 45カウント
その後、KDQNが一度攻城を仕掛けてみるも一人ではどうにもならず、あえなく失敗に。そのまま時間は
過ぎ、残り45カウントまでやってきた

( ゚∀゚)「ふぅ、残り45カウントか…」
(;,,゚Д゚)「このままじゃ負けてしまうぞ!」
( ゚∀゚)「いいんじゃない? 負けてもやっても?」
(;,,゚Д゚)「はっ? お前は急に何を言い出すんだ?」

─耳を疑った─

( ゚∀゚)「どうせ負けても、すぐに店員に知らせれば賭けなんてチャラになるんだし、いいんじゃないか?」
(,,゚Д゚)「………」

─前はあんなにプライドがあった"コイツ"が『負けてやる』といった言動を吐くなんて、正直信じられなかった─

( ゚∀゚)「大体、お前と組んで三国志大戦やること自体負け戦も当然なんだよ」


488 名前:外伝『友情の目覚め』 18/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:41:20 +Npb1QEw

─正直、こんなことはいうつもりはなかった─

( ゚∀゚)「だって、そうだろ? あまり仲が良くないむしろ悪いくらいの俺達二人が"二人羽織"して勝つこと自体
    難しいことだ。要はDQNさんの策略にはめられたってことなんだな」

─"こいつ"と組んで三国志大戦すると決まった時は正直ちょっとだけワクワクした。"こいつ"とは気が合うのかも
しれないと思ったし、デッキタイプも似ているからシャキン店長曰く凄いデッキが出来るかもしれないと思った─

( ゚∀゚)「だから、もうこの試合捨てないか?」

─何も言わずに、ただ見ている─

(,,゚Д゚)「……分かった。なら、後は俺だけでやる。お前はSR呂布とR曹仁をデッキケースにしまって、この試合を
    見守っててくれ」
( ゚∀゚)「…………」

(,,゚Д゚)「ただ、これだけは言わせてくれ。さっきはスマナかった。俺がもっとお前の考えていることを考えてやれば
    こんな試合展開にはならなかったのかもしれないな…」

─謝らないでほしかった。謝らなければいけないのはこっちの方なのだから─


492 名前:外伝『友情の目覚め』 19/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:42:52 +Npb1QEw

終盤 37カウント
(#・д・)「呂布と曹仁に動きがないようだが、試合でも捨てたのか?www」
(,,゚Д゚)「ハッ、そんなわけないだろ。誰が試合を捨てるってんだよ」

終盤になり、最後の攻防である時間帯だが、( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍は賈クと張遼しか戦場に出ていなかった

(#・д・)「プッ、そんな一人の武将と一人の策士だけじゃ、どうにもならねえだろうがww」
(,,゚Д゚)「気合と根性で何とかしてみせる。それに、俺はお前らに負ける気がしないんだよ」
(#・д・)「何を根拠にそんな大それたことを…www(プゲラ」
(-д-#)「www(プゲラ だぜー」
(,,゚Д゚)「お前らDQNには分からねえだろうが、プライドってのはその人物を表す強さの証明なんだ。だから
    お前らみたいな陳家なプライドの奴らには絶対に負けねえ」
(#・д・)「ちょww こいつwww 何臭い台詞言ってんだwww ワロッてやろうぜww」
(-д-#)「ワロスwww だぜー」

(#・д・)と(-д-#)がゲラゲラと笑う。それをよそにジョルジュは黙ってその様子を眺めていた

(,,゚Д゚)「これはとある馬鹿なDQNがとある人に教わったことなんでな。今の俺には無用なことだ」
( ゚∀゚).o0(コイツ……)

(#・д・)「そんな臭い台詞は俺達に勝ってからにするんだな!」

(#・д・)(-д-#)軍はトドメを刺すべく、全軍を出撃させる。賈クと張遼はこれに応戦しようとするが
槍兵がいて上手く応戦出来ずにいた

(;,,゚Д゚)「クッ!!」


495 名前:外伝『友情の目覚め』 20/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:44:08 +Npb1QEw

「……ったくよぉ、見てらんねえなぁ」

( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍の城から煙が出ており、呂布と曹仁が登場する

(,,゚Д゚)「お前っ!? 試合捨てたんじゃなかったのか?」
( ゚∀゚)「ヘッ、誰が試合を捨てるって? あんなのは冗談に決まってるだろw それにお前にだけいい格好させて
     たまるかってんだ」
(,,゚Д゚)「……フッ、そうこなくっちゃな」
( ゚∀゚)「さぁ、いっきに逆転劇といこうぜ!!」

(#・д・)「だから、そんな台詞は俺達に勝ってからにしろや!」
(-д-#)「勝ってからにしろだぜー♪」

(#・д・)(-д-#)軍は序盤と同じく槍兵である趙雲と夏侯月姫を最前線にして全軍を動かしてきた

( ゚∀゚)「さて、プライドの差ってもんを見せてやろうじゃねえか」
(,,゚Д゚)「まずは行くぞ」 ポチッ

神速号令 - HIGH SPEED -
『神速の大号令』
щ(゚▽゚щ)<ススメー!!

神速の大号令をかけた( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍であったが、何故か敵軍には向かわず、自城前うろうろしている
だけであった

(#・д・)「ハッ、どうしたどうした? まさか神速の号令かけたのはいいが槍が怖くて近づけないってのか?ww」


500 名前:外伝『友情の目覚め』 21/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:45:06 +Npb1QEw

( ゚∀゚)「これはお前らを全滅させるための作戦でね。せいぜい余裕ぶっこいて足元すくわれないことだなw(プゲラ」
(,,゚Д゚)「そろそろ頃合だぞ」
( ゚∀゚)「OK、じゃあ、ショータイムの時間だ」

( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍の呂布が戦陣をきって、物凄い勢いで(#・д・)(-д-#)の城前にいる軍に突撃してくる

(#・д・)「きたきたww さっきみたいにまた迎撃って、なっ!!?」
(-д-#)「あっ………」

趙雲と夏侯月姫が迎撃を取ろうと思った最中、槍オーラの手前でピタっと止まる

( ゚∀゚)「迎撃を受けないためのプレイングスキル"ピタ止まり"。まぁ、神速状態では少しの移動でも槍に触れる
     だけで迎撃を取られちまうが、これだけ近ければそんなには兵力は減らないもんでね」

ピタ止まりで迎撃を最小限に防いだ呂布はそのまま乱戦にもちかけた。それに続いて、待ってたとばかりに
賈ク、張遼、曹仁が敵軍に突撃しようとする

(#・д・)「ここは一旦全軍を城に…」
( ゚∀゚)「おっと逃がしはしないぞ」 ゴシゴシ
(,,゚Д゚)「一部も隙もない計略を見よ!!」 ポチッ

全体強化 - ALL POWER UP -
『刹那の号令』
〔範囲内の味方の武力を短時間上げる〕

(#・д・)「ハッ!! まさか、さっきまでウロウロしてたのは士気が溜まるまでの余談……!!」
(,,゚Д゚)「まぁ、そういうことだ」


507 名前:外伝『友情の目覚め』 22/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:47:24 +Npb1QEw

 <コレモ運命ネ…
 <オ、俺トシタコトガ…!!
武力も速さも兼ね備えた( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍の騎馬達はあっという間に夏侯月姫と趙雲を撃破した

(#・д・)「クソッ!! ここは馬騰の計略で…」
( ゚∀゚)「そんなの俺達には読まれてるぜ」

馬騰の計略を使おうとした(#・д・)(-д-#)軍であったが、それよりも早く相手の動きを察知した呂布と張遼が
馬騰に突撃しており、撃破されていた

(#・д・)「馬騰がっ!? なら、ここは呂姫の『天下無双・改』だ」 ポチッ
(,,゚Д゚)「読みどおりだな」

超絶強化 - SUPER POWER UP -
『天下無双・改』
 <オロカモノメガキエヨー

武力15となった呂姫が敵軍に襲い掛かるとするも─
 <カンタンニハクッシナイヨ
(-д-#;)「あっ、呂姫が撤退しちゃっただぜ…」
(,,゚Д゚)「こっちは速さも武力もそなえた騎馬軍団だぞ? そんなちっぽけな超絶強化じゃ止められん」

(#・д・)「なら、せめて董卓で攻城を粘ってやる…」
( ゚∀゚)「悪いが、もう"ツミ"だぞ?」
(# д ) ゚ ゚ 「え……?」

残った董卓もいつの間にか、撃破させられていた。気づけば(#・д・)(-д-#)軍の軍勢は全滅しており、一瞬の
出来事であった
──ペキンペキンペーキン
ノリ从`一´从<ククク、愚昧ナ戦力ヲ後悔スルガヨイ

( ゚∀゚)&(,,゚Д゚)連合軍の攻城を阻む者は戦場には誰もいなく、そのまま全軍で攻城を決め、逆転劇が実った


510 名前:外伝『友情の目覚め』 23/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:48:37 +Npb1QEw

(#・д・)「ば、馬鹿な…。俺達が負けた…」
(-д-#)「負けただぜーって、ア…」 コソコソ

(#・д・)は負けたことがまだ信じれないのか、未だに席で立ち尽しているように見えたが─
(#・д・)「…ク・ショ・チクショウ、チクショウ、チックショーーーーー!!!(○梅○夫風)」 バンバン
─急に台をバンバンと叩く。その言動は名の通りDQNであった

(;゚∀゚)「ちょwww あいつ止めなくていいのか?」
(,,゚Д゚)「その必要はない。あの人がそろそろ来る頃だろう」 チラッ

─青年DQN(#・д・)が八度目の台バンをしようとした時であった
 <ガシッ
(#・д・)「エッ?」
(`・ω・´)「台バンは良くないなぁ」

いつの間にか(`・ω・´)シャキン店長が現れ、(#・д・)の左腕を掴んでいた

(`・ω・´)「悪質なトレード、周りの人の気分を害する大声、台バンだ。言い逃れは出来ないからね。
       さぁ、説教部屋に行こうじゃないか」
(#・д・)「………チッ、ワカッタヨ。おい、(-д-#)行くぞ…」
(`・ω・´)「? (-д-#)とは誰のことだい? さっきコソコソと逃げていった人のことかな?」
(#・д・)「ちょww あいつ、逃げたのか!? あの野郎、今度あったら……」
(`・ω・´)「そんなことよりも、まずは自分のことを反省したまえ」 ズルズル

こうして、二人羽織プレイヤーの(#・д・)は去っていった


511 名前:外伝『友情の目覚め』 24/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:49:38 +Npb1QEw

(´;д;)「だけど、誰が店長さんを呼んだんだろう? 僕はずっとこの場にいたわけだし…」
( ゚∀゚)「通報したってことは、どうせ"あいつ"の仕業なんじゃないのか?」
(・∀・)「…"あいつ"ってダーレ?」

(;゚∀゚)「ッテ、お前はいつの間に!?」
(,,゚Д゚)「何を言ってるんだ? 騒ぎの時からずっと側にいたし、俺が彼に店長さんを呼ぶよう頼んでおいたんだ」
(;゚∀゚)「へ? チッコイのって騒ぎの時から近くにいたのか?」
(・∀・)「悪質なプレイヤー、通報スルノ イイ!!」

事件の状況を一部始終知っているジサクジエン。彼の体は小さいのであり、人に目立たないから状況観察などに
適してるわけだが、ジョルジュは自分の秘密まで知ってそうでジサクジエンのことを少し怖く感じた

( ゚∀゚)「まぁ、これにて一件落着ってことでFAかな?」
(・∀・)「平和が一番、イイ!!」
(´;д;)「オニイチャンもDQNのオニイチャンも僕のためにありがとー」
(*,,゚Д゚)「フ、フン。俺はあいつらのやり方が許せなかっただけだ。感謝されても嬉しくないからな!」
( ゚∀゚).o0(素直じゃねえなぁ…ww)

感謝されて赤面するKDQN。今まで横暴を繰り返してきた彼にとって、今回の件は初めて人から感謝された行動
だからであろう


513 名前:外伝『友情の目覚め』 25/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:51:31 +Npb1QEw

(,,゚Д゚)「まぁ、それは置いといてすまなかったな。俺があんなミスをしなければ、有利な試合展開に
    なってたかもしれない」

KDQNがションボリと肩を丸める。些細な事であったが、彼にとっては謝らなければいけないことと感じたのであった

( ゚∀゚)「ん? あぁ、あれぐらいのことなら別に気にしてないさ。お前もよくやったよ。お前と組めて楽しかったぜ」
(,,゚Д゚)「……お前って心広いんだな」
( ゚∀゚)「あぁ、俺の心は琵琶湖よりも広いぜ。それに 俺の"崇 高 な る 上 級 者 プ レ イ "が読め
    なかったお前も" ま だ ま だ 未 熟 者"ってことで俺にとっては許すことも当然なんだよww」
(,, Д )「前言撤回。コイツはどうしようもない馬鹿でした。本当にありがとうございました」

( ゚∀゚)「……なぁ、それよりも…」
(#゚д゚)「なんだゴルァ!?」
(´;д;)「DQNのオニイチャン、顔顔…;」
(#゚д゚)「だから、俺はDQNじゃねえって何度も(ry」


517 名前:外伝『友情の目覚め』 26/26 投稿日:2006/08/14(月) 23:53:02 +Npb1QEw

( ゚∀゚)「あぁ、その件なんだが、お前も『DQN』って何度も呼ばれるの嫌だろ? その、あれだ……。
    名前、教えてくれないか?」
(,,゚Д゚)「……名前……………」

急に黙りこんでしまうKDQN

(;゚∀゚)「おいおい? 軽い自己紹介のつもりで聞いてみたわけなんだが…」
(,,゚Д゚)「あっ、いや、別に…」
( ゚∀゚)「ハハァン、そうかそうか。『名を聞きたいならまずは自分の名前を言え』って言いたいんだろ?
    分かったよ。俺から名乗ればいいんだろw」
(・∀・)「自己紹介イイ!!」

( ゚∀゚)「俺の名は『ジョルジュ』だ。で、お前の名は?」
(,,゚Д゚)「……俺の……俺の名は……」

─彼は初めて名を聞かれた。今まで"DQN"と罵るような名前でしか呼ばれなかったというのに…

─彼は今、初めて人から認められたのかもしれない

   ─「俺の名は……"ギコ"って呼んでくれ……」─

                                  ~ 終 劇 ~

(編集注)KDQN=ギコはどうやら決定した模様

521 名前:外伝『友情の目覚め』 オマケⅠ 投稿日:2006/08/14(月) 23:54:53 +Npb1QEw

(*゚∀゚)「アッヒャッヒャw この賈クと張遼がポツンと城前に立ってるシーン何か笑えるなw」
(#,,゚Д゚)「誰のせいでこんな状況下におかれたと思ってるんだゴルァ」
(´;д;)「オニイチャン、そんなに笑わなくても…」
(・∀・)「店内対戦載るのイイ!!」

お互いの自己紹介を済ませ、店内対戦の自分達の試合を見ながらジョルジュ一行は団欒モードに入っていた

(*゚∀゚)「あー、笑ったことで何かいいデッキが作れそうだな~。新しいデッキでも考えるか」 パカッ
(,,゚Д゚)「デッキケースを開けるのはいいが、カードを落としてるぞ」 ヒョイッ

つEX呂布

(,,゚Д゚)「EX呂布か…」
(;゚∀゚).o0(ゲッ、確かあのEX呂布って、元々はギコのカードじゃん!!)
(,,゚Д゚)「……俺も昔はEX呂布持ってたんだが、誰かに盗まれちゃったみたいでさ…」
ギクッ(;゚∀゚)「ヘェー…、ソウナノカ…。お気の毒だな(棒読み」

(,, Д )「もし、ここに盗んだ奴が現れたら、暗くて狭いドラム缶にそいつを一日中詰め込んで、百万回『ゴメンナサイの
     刑』をさせて、ついでにコンクリつめて、東京湾に沈めた後、再び漁船で吊り上げて、プレスで押しつぶして
     粉々にして魚の餌にしてやるから覚悟しろやボケ」



(,,゚Д゚)「まぁ、今のは軽い冗談なんだけどなw」
(・∀・;)「…………」

  (゚д゚;)ガタガタガタ ←ジョルジュです

                    ~ 終 劇 ~


525 名前:外伝『友情の目覚め』 オマケⅡ 投稿日:2006/08/14(月) 23:56:15 +Npb1QEw

説教部屋に連れて行かれた(#・д・)

(#・д・)「説教部屋か。どうせ、反省文でも書かされて注意されて終わりなんだよなw 楽勝だなwww」

その時、ガチャっと静かにドアが開く音がした

(#・д・)「お? 店長か店員でも来たかな。反省したフリでもして、さっさと帰らせてもらうかwww」

だが、運命は過酷にも(#・д・)に非情であった─

覆面A「小さな子から悪質な鮫トレをしようとしたプレイヤーは君だね?」
覆面B「しかも、反省したフリをして、さっさと許してもらおうとした魂胆じゃないか。そんな悪い子は や ら な い か 」
(# д ) ゚ ゚「ちょww おまwww 説教部屋関係無いzy…うわ何をするやめrくぁwせdrftgyふじこ      アッーーー」

こうして、また新たなDQNはたっていった(?)

教訓:トレードは、お互いが得をするトレードを心がけよう

                   ~ 終 劇 ♪ ~