Link:本編 19話『ドクオの全国』のその後の外伝である

 409 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 21:50:30 ID:Fnz2bQWB

ドクオ外伝「一日だけの主人公」 by洋服屋
まずはこの話の出発点から。
勝手ながら引用させてもらいます。

165 :(’A`)の全国(後)last:2006/07/23(日) 11:50:52 ID:FCI4VcVc
(’A`)「さ、今日はもう遅くなったから帰るよ、じゃあな」
帰り支度をするドクオ。もう日は落ちてしまった。きっと家で母が心配している。
( ^ω^)「そうかお?ブーンはもう少しツンに教えてもらってから帰るお」
ξ*゚⊿゚)ξ「な、なによ!かわいそうだから教えてあげるんだからね!」
そのままギャーギャーと騒ぎ始める二人。
(’A`)(やれやれ…この二人の邪魔してたら馬に蹴られちまいそうだな…)
(´・ω・`)「またいつでもおいで、このバーボンはサービスだか(ry」
(’A`)「…はい、いつでも」
そういってバーボンハウスを出る。
夜空はどんよりと曇り、まだ梅雨時の空をいっそう陰鬱なものにしている。
しかしドクオの心のなかは新しい友人と今日のゲームとで、輝いていた。
(’A`)(あ、そういや来週俺誕生日じゃねぇか…)
ふと思い出す。今年はバーボンハウスに行こう。あそこなら誰かしら祝ってくれるし…
(’A`)「欲を言えば、彼女でもできねぇかなぁ…」
そう誰にとも無く祈り、家路を急ぐのであった。



 410 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」01[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 21:52:09 ID:Fnz2bQWB
~~バーボンハウス~~

(´・ω・`)「やぁ、この麦茶はサービスだry」
( ^ω^)「こんにちはだお、ありがたく頂くお」
ξ゚⊿゚)ξ「こんにちは」
(´・ω・`)「・・・?今日はドクオ君は一緒じゃないんだね」
( ^ω^)「ドクオはバイトだお。それより・・・」


(´・ω・`)「ふむ、来週はドクオ君の誕生日なのか」
( ^ω^)「そうだお。ここでお祝いしてほしいお」
ξ゚⊿゚)ξ「なんでここなの?」
( ^ω^)「きっとここに来るからだお。ドクオは家でワイワイやるタイプじゃないお」
ξ゚⊿゚)ξ「まぁそれもそうね・・・」
(´・ω・`)「そうか・・・わかった。何か考えておくね」
( ^ω^)「よろしくだお!」

二人は少しだけ三国志をしたあと、一緒に帰っていった。
店長がまじまじと二人を見送ったのは、彼らはおそらく気づいてはいない。
店長はグラスを拭きながら「青春だね」なんてつぶやくのであった。

そして帰路につく二人―――


 411 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」02[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 21:52:55 ID:Fnz2bQWB
( ^ω^)「ツン、どうだお?我ながらナイスな策だおw」
ξ゚⊿゚)ξ「な、何がよ・・・」
( ^ω^)「ゲーセンで誕生日を祝うことだお」
ξ゚⊿゚)ξ「何よ、それくらい誰でも思いつくわよ」
(;^ω^)「そうかお・・・ツンは手厳しいお」
ξ*゚⊿゚)ξ「ま、まあ、ブーンにしては考えたほうじゃないの」
( ^ω^)「そうかお・・・?複雑だけど嬉しいお」
ξ゚⊿゚)ξ「何をプレゼントするか、決まってるの?」
( ^ω^)「決まってるお、ツンは決めたかお?」
ξ゚⊿゚)ξ「何にしようかしらね・・・お菓子でも作ろうかしら」
( ^ω^)「ツンはお菓子作れるのかお?すごいお!」
ξ゚⊿゚)ξ「まあ人並みにはね・・・」
( ^ω^)「羨ましいお。ブーンは料理はさっぱりだお。ブーンも欲しいお」
ξ*゚⊿゚)ξ「なっ・・・ドクオの誕生日だから仕方なく作るのよ!」
( ^ω^)「残念だけど諦めるお。じゃあまただおー」
ξ゚⊿゚)ξ「あ・・・もう家の前なのね」
ξ*゚⊿゚)ξ「ま、またね・・・」

ツンは手を振るブーンを見送ってから家に入った。
バーボンハウスからの距離がそう遠くないのを、少しだけ恨む。
もうちょっと一緒に隣にいたかったなぁ。なんて。

ξ゚⊿゚)ξo0(せっかく一緒に帰れたのになあ)
ξ*゚⊿゚)ξo0(・・・二人っきりで・・・)
川 ゚ -゚)「ジャーンジャーン。どうした?顔が赤いぞ?」
ξ//⊿/)ξ「お、お姉ちゃん?!驚かせないでよ!!」
川 ゚ -゚)「・・・・・・?」

 412 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」03[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 21:54:01 ID:Fnz2bQWB
そしてドクオの誕生日――

六時間目の授業が終わり、ドクオが帰り支度をしている時にブーンが走ってくる。
鞄の中には、きっと三国志大戦のデッキやらカードやらが入っているのだろう。

( ^ω^)「ドクオ、今日もゲーセンに行くのかお?」
('A`)「ああ、行く予定だ」
( ^ω^)「そうかお、じゃあ先に行ってるお!」
('A`)「わかった、バイト終わらせたら俺も行くよ」
( ^ω^)「早くるお!裏切ったら承知しないお!!」
('A`)「はいはいわろすわろす」
('A`)o0(・・・ブーンのヤツ、何か企んでるな・・・)

ブーンが走っていくのを見送りながら、ドクオは荷物をもって教室を出た。
さっさとバイトを終わらせよう。バーボンに行けば、俺は主人公だ。
・・・ヒヒヒ、ワシが主役。主役なのだ・・・・・・。


~~バーボンハウス~~


バイトを終わらせたドクオは早足でバーボンハウスへと向かう。
カバンには武将が眠るカードケースを。
ポケットには軍資金を。
脳裏には武将を動かす戦術を。
しかし、今日はそれよりも大きいものがある。
それは言葉では言い表せない「ときめき」みt(ry
そうしてドクオは、胸にwktkを秘めて、彼はバーボンのドアへと向かう。

 413 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」04[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 21:55:11 ID:Fnz2bQWB
('∀`)「・・・楽しみだな・・・」

人が祝ってくれるのは素直に嬉しいこと。
ブーンや店長たちに囲まれて、おめでとうといわれてる自分を想像すると自然に顔がにやけて

しまう。
そして彼は立ち止まる。少し前には自動ドア。

('∀`)「アレか?入ったらクラッカーでおめでとう、てか?」

思わず笑みが漏れる。もしそうだったらどうしようかな。
クールに「その思考、読みきっていたぞ!」とでも言おうか。
いやいや、それではブーン達に悪い。ここは一つ驚いてやろう。
そうだな、セリフは・・・・・・
―――なんて考えているうちに自動ドアが開く。
中から出てきた大学生らしき男が、ドクオを白い目で見ていた。
大学生と目が合うと、彼は足早に闇に消えていった。

(;'A`)「やべぇやべぇ、妄想してあいつらを待たせるわけにもいかねーな」

ふと我に戻るドクオ。エヘンと咳払いをして自動ドアへ進む。
ウィィィンという機械音。そして―――

 416 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」05[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:02:06 ID:Fnz2bQWB
('A`)「あれ、誰もいねぇ」

ドアの横に待ち伏せているブーンはいない。
クラッカーをもってドアの死角に隠れているツンもいない。
カウンターでテキーラを差し出す店長もいない。
ついでに無血開城を目論む簡雍もいない。

('A`)「読み違えたか・・・なんだか伏兵で柵を攻撃しちまった気分だな」

けど、きっとどこかにブーン達はいる。・・・と思いたい。
とりあえずドクオは三国志の筐体へと進むことにした。
サテは全て埋まっているが待ちはない。・・・ブーン達もいない。
あまりにも遅いので待ちくたびれて帰ったのか。
思考がついネガティブに走ってしまう。

('A`)o0(・・・まあ、ただ立ってるのもアレだから頂上決戦でも見るか)

丁度、サテライトでは頂上決戦の試合が出ていた。
どうやら蜀単VS他単のようで、SR劉備やSR呂布が確認できる。
ドクオはため息をついた。胸を弾ませて飛び出した戦場には何もなかったのだから。
それでも彼は信じていた。ブーンが誕生日に裏切るはずがないと。
・・・でもブーンなら待ちくたびれそうだな・・・。なんて思ったりもした。

('A`)「まあ信じるしかないよな。くーるーきっとくるーきっとくるー・・・・・・」

うわごとのように呟くドクオ。そんな中でも試合は続く。

('A`)o0(呂布軍が乱戦し始めたな・・・呂布、伏兵踏まないかな)
('A`)o0(あ、劉備が撤退した。呂布つえーな)
('A`)o0(ゴリラがバナナ食ったな。腹減ったな)
('A`)o0(おいおい、呂布を先頭にしていいのか?相手に伏兵がいたら・・・)

 418 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」06[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:05:24 ID:Fnz2bQWB
!ジャーンジャーンジャーン!

(`・∞・´)( ^ω^)(´・ω・`)( ´∀`)/ ,' 3『ここにいるぞ!!』
ξ*゚⊿゚)ξ「こっ、ここにいるぞ・・・」

('A`)「ほら、いわんこっちゃな・・・ってアッーーー!」

ドクオの背後に突然五人(+α)の伏兵が姿を現した。程イクも真っ青である。
直後、クラッカーが次々と鳴らされた。ただし、モナーのクラッカーだけがなかなか破裂しな

い。

( ^ω^)「ドクオ、誕生日おめでとうだお!!」
(´・ω・`)「どうだい、おどろいたろう?」
(;´Д`)「あれ?なんでモナ?なんで破裂しないモナ?!」
/ ,' 3「おめでとうドクオ君」
ξ゚⊿゚)ξ「おめでとう、ドクオ」

伏兵の登場に目を白黒させているドクオだが、すぐに我を取り戻す。

('A`)「お・お・お・お前ら!きてたのか!いないと思っちまったじゃねーか!」
( ^ω^)「ドクオがあんまりにも遅いんで罠を張ってみたおw」
/ ,' 3「城を無人に見せかけ、油断して突入してきた敵を奇襲する『空城の計』、いかがかな

?」
(;'A`)「焦りましたよ、そりゃ。ブーンどころか店長すらいないんですもん」
(´・ω・`)「というわけで、この朱桓はサービスだから受け取って欲しい」
('A`)「あ、ども・・・」
(´・ω・`)「とりあえずあっちのフリースペースへ行こうか」


 419 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」07[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:07:32 ID:Fnz2bQWB
五人はベンチのあるフリースペースへと移動した。
その後ろのサテライトの中では、今も馬岱が奮戦していた。

( ´∀`)「パーン!やっと破裂したモナ!ドクオおめでとうモナ!」
(;´Д`)「アレ?ドクオは何処モナか?!モナだけ置いてけぼりモナか!?」
(;´Д`)「ひどいもな、置いてけぼりは嫌モナー!!」
ξ゚⊿゚)ξo0(何やってるんだろ)

(´・ω・`)「エヘン、というわけでお待ちかねの・・・」
( ^ω^)「プレゼントタイムだおー!!」
(´;ω;`)「・・・セリフ取られた・・・」
( ^ω^)「まずは僕からだおw」
( ^ω^)つ□

ブーンはカバンの中から四角い箱を取り出す。
両手に丁度乗るサイズのそれは、水色に梱包してある。

('∀`)「開けるぜ?・・・これは!」
( ^ω^)「デジタル置時計だお!」
('∀`)「おお!この前目覚まし時計ぶっ壊れて困ってたの覚えてたのか!」
( ^ω^)「そうだお、デパートで時計見つけて思い出したお」
('∀`)「いやはや、助かるぜ!サンキュー!」
ξ゚⊿゚)ξ「でもなんで時計なの?」
('A`)「この前夢にうなされて、時計をふっ飛ばしちまったんだよなあ」
( ^ω^)「どんな夢だったんだお?」
('A`)「逢紀の大攻勢・・・」
( ^ω^)「キメェw」
('A`)「次々と爆発していって・・・逢紀の断末魔が・・・ガクガクブルブル」

 420 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」08[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:08:51 ID:Fnz2bQWB
ξ゚⊿゚)ξ「はい、あたしからはお手製のクッキーよ」
('∀`)「おぉぉ?mjdk?丁度腹減ってたし、まじthx!」
ξ゚⊿゚)ξ「でもあまり期待しないでね。普通のクッキーだから・・・」
('A`)「ムグムグ」
ξ;゚⊿゚)ξ「食べるの早っ」
('∀`)「ンメェ!サクっとしたクッキーの中にクルミの香ばしさが生きてるぜ!!」
ξ*゚⊿゚)ξ「か、感謝しなさいよね!」
(^ω^)「いいなぁ、ブーンも欲しいお!」
('A`)「・・・こっち見んなw」
ξ*゚⊿゚)ξ「・・・もうっ、仕方ないわね!ほら、これブーンの分よ!!」
( ^ω^)「mjdk?!ありがとうだおツン!ネ申降臨だお!!」
ξ*゚⊿゚)ξ「べっ、べつにブーンにも食べさせてあげたいなぁとかじゃなくて
ただ生地が余っただけなんだからねっ!勘違いしないでよね!!」
('A`)「あれ?俺の誕生日じゃなかったの?」
( ^ω^)「細かい事気にするなお!ンムンム・・・美味いお!ツン天才だお!!」
ξ//⊿/)ξ「ほ、褒めたっておかわりはないんだからねっ!!」
('A`)「あれ?なんか目から塩水が出てきたけどコレ何?何この敗北感」

(´・ω・`)/ ,' 3「ところで我々の分は?」
ξ゚⊿゚)ξ「無いです」
(;´・ω・`)/ ,' 3「な、なんだってー!?」

 422 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」09[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:10:27 ID:Fnz2bQWB

( ´∀`)「モナは横山三国志の1,2巻セットだモナ」
('A`)「ほう、これが噂の・・・」
( ^ω^)「1,2巻だけかお?」
(;´∀`)「さすがに全巻は無理モナ。残りはドクオが頑張って集めるモナ」
('A`)「mjdk」
ξ゚⊿゚)ξ「貰ったんだから感謝しなさいよ。贅沢ね」
('A`)「そうだよな。うん、サンキュ」
( ´∀`)「よろこんでもらえたら幸いモナ」
('A`)「ところで登場人物、ほとんど一緒じゃね?」
( ´∀`)「これが劉備で、コレが関羽でこれが・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「人の区別がほとんど付かないのよね、横山三国志って・・・」


('A`)「じぃーっ」
Σ(´・ω・`)「な、なんだいドクオ君」
('A`)「いや、そろそろ店長の番かなぁ、と思って」
(´・ω・`)「プレゼントを催促するとはいけないな。
それに君にはもう朱桓をあげたじゃないか」
(;'A`)「このハゲがプレゼントっておまw」
(´・ω・`)「なんてのは冗談だ。
このカードバインダー(呉)はプレゼントだから受け取って欲しい」
('A`)「あ、ありがとうございます。・・・でもカードじゃないんですね」
(´・ω・`)「 ぶ ち こ ろ す ぞ 」
(;'A`)「・・・・・・頑張って自分で集めます」

 423 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」10[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:12:28 ID:Fnz2bQWB
/ ,' 3「さて、次は私の番か」
( ^ω^)「荒巻さんのプレゼントはすごい予感がするおww」
/ ,' 3「いやぁ、そんなに期待しないでくれたまえ」
('A`)o0(SRとかかな・・・wktk)
(´・ω・`)o0(ぶちこry)
(;'A`)o0(ハッ、なんか殺気を感じたぞ・・・?)
/ ,' 3「私は今日がドクオ君の誕生日なんて聞いていなくてね。
今日もたまたま居合わせただけなんだよ。
手持ちでプレゼントになるようなものはこれしかないんだ。すまない」



         _,,..,,,,_  
         / ,' 3  `ヽーっ 
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'"



('A`)「・・・・・・なんだコイツは!?」
/ ,' 3「等身大荒巻人形だ。・・・・・・あまり変なことに使わないでくれよ」
(#'A`)「使わねぇ!」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・」
/ ,' 3「どうした?ツンちゃん」
ξ*゚⊿゚)ξ「!! いっ、いえ!なんでも!」
/ ,' 3「わかった・・・欲しいのだね?いいよ、君にも一つあげよう」
(;'A`)「何処に隠し持ってるんだいったい?!」
ξ;゚⊿゚)ξ「いえ!遠慮しておきます!」

 424 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」11[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:14:28 ID:Fnz2bQWB
/ ,' 3(人形)「・・・・・・・・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・・・・」

/ ,' 3(人形)「・・・・・・・・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・・・・」

/ ,' 3(人形)「・・・・・・・・・・!」

ξ*゚⊿゚)ξ「・・・・・・・・・ポッ」

ξ*゚⊿゚)ξ「・・・しっ、仕方ないわね!貰ってあげるわよ!」
(;'A`)「mjdk!」
( ^ω^)「ツンも人形とかに興味あるのかお?意外だおw」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・それってどういう意味よ?」
(;^ω^)「アウアウw怖いおwツンも女の子らしくて可愛いところもあるんだおってことだお・・・」
ξ#゚⊿゚)ξ「普段のあたしは女の子じゃないって言いたいの!?」
(;^ω^)「そうじゃなくてくぁwせdrftgyふじこ」
ξ*゚⊿゚)ξo0(でも可愛いって・・・・・・・・・)
('A`)「あれ?なんか俺って蚊帳の外?なんか目から敗北の雫が」
(´・ω・`)o0(荒巻さんが普段どこに持ち歩いてるかは知らないほうが幸せかな)

 436 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」12[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:34:57 ID:Fnz2bQWB

そうして、しばらく雑談が続いた。
三国志の話、学校の話、ゲーセンの話、お酒の話。
大戦こそしないものの、悠々と時間が過ぎてゆく。
中でも、荒巻と店長の大戦戦術講座は盛り上がっていた。

('A`)「ふぅ、大分話した希ガス」
( ^ω^)「ツンのクッキーも美味しかったお。ただダメージはでかいお・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「ブ、ブーンが変なことをいうのがいけないんだから!」
(´・ω・`)「はい、そこまで!もう時間だよ」
(;'A`)「!?もう10時?!」
(;^ω^)「ド、ドクオのバイトが遅いのがいけないお!」
ξ;゚⊿゚)ξ「お、お姉ちゃんに怒られる・・・」
(;´∀`)「モナも危ないモナ・・・」
('A`)「まあ俺はこの時間ならバイトって言って誤魔化せるな」
(#^ω^)「ドクオだけずるいお!!ドクオのカーチャンに密告するお!」
(;'A`)「テメッ、汚いぞ!」
/ ,' 3「そんなことをしているうちにも時間は過ぎていくものだよ」
( ^ω^)「わかったお、それじゃ店長と荒巻さんサヨナラだおー」
('A`)「今日はありがとうございましたー」
ξ゚⊿゚)ξ「では、失礼します」
( ´∀`)「さよならモナ~」
(´・ω・`)「また来てね」
/ ,' 3「気をつけて帰るんだよ」

 439 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」13[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:35:41 ID:Fnz2bQWB
そうして四人はバーボンハウスを出た。
あたりはほとんど真っ暗で、電柱の光が夜道を照らし、四人の影がアスファルトに伸びる。
ツンは胸に荒巻人形を抱きながら歩いていて、たまに撫でたりしている。
ドクオは店長から
(´・ω・`)「荷物が多いだろう、この紙袋はサービスだから受け取って欲しい」
といって渡された袋にプレゼントを入れている。
新巻が袋からちょぴっと顔を覗かせていたりもする。
ブーンとモナーは鞄以外にはとくに持っていない。

( ^ω^)「うおっまぶしw車がすれ違うときはライトを一段階落とすのが常識だお!」
('A`)「向こうは車、こっちは人間だから仕方ないだろ」
ξ゚⊿゚)ξ「もう真っ暗ね・・・(ブーンと二人っきりがよかったのに)」
( ´∀`)「なんだかwktkするモナ」

なんて雑談しているうちに十字路に出る。
ドクオの家はここを左に曲がる所にあり、他の三人とは違う道のりになる。

('A`)「んじゃ俺はここで。今日はありがとな」
( ^ω^)「気にするなお、けどブーンの時は期待してるお」
('A`)「はいはいわろすわろす」
( ´∀`)「モナも楽しかったモナ。こういうのもたまにはいいモナ」
ξ゚⊿゚)ξ「そうね・・・(ブーンにクッキー美味しいって言ってもらえたし・・・)
('A`)「んじゃ、みんなまたな」
( ^ω^)「また明日だおー」
ξ゚⊿゚)ξ「おやすみなさい」
( ´∀`)「ばいばいだモナ~」

 440 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」14[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:36:56 ID:Fnz2bQWB
そうして、三組に分かれて皆はそれぞれの帰路についた。
ブーンとツンはわいわい騒ぎながら。
モナーは鼻歌とともにステップを踏みながら。
そしてドクオは紙袋の重みを感じながら、空を見上げていた。

('A`)「・・・楽しかったな」

黒い黒い夜空を眺めて、ドクオは物思いにふける。
ブーン、ツン、モナー、店長、荒巻さん・・・。
三国志大戦を通じて、いろんな人と仲良くなったな。ブーンはもともとだけど。
これからももっと仲良くなれたらいいな。いろんな人と。
そのうち女の子と仲良くなって・・・そんで・・・そうして・・・。

('∀`)「ウヒヒヒヒ、・・・ってやべぇやべぇ、顔が・・・」

すれ違った大学生がもの凄い形相でドクオを見ていた。
それに気づいたドクオは、なんとなく笑顔で答えるが大学生は猛ダッシュしていってしまった。

(;'A`)「やべっ・・・完全に変体じゃねーか」

443 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」15[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:39:01 ID:Fnz2bQWB
それにしても、いろいろ貰ってしまった。
ブーンからの目覚まし時計。これで朝、慌てる必要もないだろう。
これで毎朝、遅刻の心配から脱すると考えると気が楽になる。

ツンのクッキー。そういえば、女の子から手料理貰ったのなんて初めてだ。
俺に気がある・・・?いやないな。多分・・・ブーンだろうな。
俺は一人寂しく、夜中にクッキーをむさぼるとしよう。

モナーからの横山三国志。日本では一番ポピュラーな漫画なんだよな。
今日は疲れたから、明日にでもじっくり読もう。バイト代が入ったら続き買うかな。

店長からの呉のカードバインダー。三国志のカードケースとは、素直にありがたい。
けど、袁軍とか他軍のはなかったのかな。俺のスターターが呉だったから?
いや、偶然だろうな。

・・・・・・そして荒巻人形。これどーすんだオイ。
なんかどうしようもなくね?地味に怖いんですけどコレ。

/ ,' 3(脇役風情が・・・)
(;'A`)「!?今声が聞こえたような・・・」

 444 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」16[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:40:40 ID:Fnz2bQWB
・・・と、紙袋の中を一通り眺めていると、ドクオは家についてしまった。
誕生日は今日で終わりだ。明日からはいままでどおりの日常が始まる。
いつもブーンの陰に隠れ、常に『脇役』の立場だったドクオ。
主人公になれたのは今日だけ。
たった一日だけのドラマだった。
だが、そんな些細な事も忘れるほどに、今日は楽しかったのだろう。
彼の心は清清しく、また友への感謝でいっぱいなのだから。

深いため息を吐く事も無く、ドクオは家へ帰っていった。



―――もう一つの歯車が動いていることは、彼はまだ知らない。

fin

 450 名前:ドクオ外伝「一日だけの主人公」あとがき[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 22:47:07 ID:Fnz2bQWB
オソマツサマでした。
とりあえず誤字。
11の15行目、ブーンの「以外」は「意外」ですね。
そして13の8行目、「ブーンとブーン」は「ブーンとモナー」です。
見直してるつもりなのに誤字だらけ・・・何故投下した直後に気づくのかorz
なにはともあれ、支援してくれた皆様、ありがとうございました。
皆さんのおかげで、規制から立ち直ることが出来ました。

この話は『母の支え』の補填ですので、あくまでサブサブストーリーとでも思ってください。
引用させていただいたID:FCI4VcVcさん、そして支援してくださった皆さん。
本当にありがとうございました。


Link:ドクオ外伝 第2話 『母の支え』