259 名前:外伝 店長のある試み[sage] 投稿日:2006/09/29(金) 23:42:31 ID:l7HqvXwE
(´・ω●)軍 R夏侯惇、SR王異、SRカク、C満寵、Cカイ越、SR張春華
(,,゚Д゚)軍 SR呂布(他)、R献帝、R司馬徽、UC皇甫嵩、UC公孫サン

(,,゚Д゚)「げっ、全員妨害かよ。しかも伏兵四体か…劉表にしといた方がよかったかな…」
(´・ω●)「んー…どれ妨害したら最適か分からんぞこれは」
互いに癖の強いデッキ同士の戦いになる。
惇兄こと元譲さんのデッキは伏兵四体。計略の性能は高いが、踏まれないと最悪開幕で落ちる。
対するギコ氏の黄布デッキは、討伐令と勅命を加えてバランスをとってはいるが、
それでも元々の癖の強さがカバーできているわけではない。
互いに開幕が肝心なデッキ、下手をすると開幕だけで勝負が決してしまう。
(,,゚Д゚)「端に固めるのはいいとして…」
ステージは赤壁。炎がまばらに存在する、伏兵を動かしにくいステージだ。
(,,゚Д゚)「炎の後ろに伏兵置かれちまうかな…」
ここは炎を駆け抜けて端攻めがセオリーだが、多分相手もそれを見越した配置にするだろう。
ギコ氏はそう考えたのか、敢えて炎の上がっていない逆サイドに固めて配置。兵法は再起。
(,,゚Д゚)「やるだけやってみよう」

263 名前:外伝 店長の(ry[sage] 投稿日:2006/09/30(土) 00:36:37 ID:Gvec1GS3
(´・ω●)「むむむ…これは多分炎を抜けてくるだろうから…」
対する元譲さん、やはり伏兵を炎の前に固めて配置。
だが満寵だけは、城門前の王異のさらに前に伏せる。柵を壊しに来た相手を潰すためだろう。
兵法は魏軍の大攻勢を選択した。

 開 戦 !

(,,゚Д゚)「ほとんどいないな…まあ当然だが」
端をゆっくり攻めていくギコ氏の部隊。反撃に出るのは(見掛けでは)夏侯惇のみ。
(,,゚Д゚)「そろそろ踏んでもいいころだが…あれ?」
全然伏兵を踏まない。そのおかげか、夏侯惇あっという間に撤退。
呂布の矢集めのおかげもあり、城壁タコ殴りに成功してしまった。
(;´・ω●)「あわわわ、やっちゃったよ…」
ヽ(`Д´)ノ「あのバカ…何をしている!」
(,,゚Д゚)「王異の前に伏兵がいるのはわかってるんだ。だから…」
城門は攻撃せずにギコ氏は全軍を退かせる。満寵も踏まれていない。
王異の弓で皇甫嵩と献帝は撃破できたが、司馬徽の弓で王異自身も痛手を負い、城に引っ込む。
開幕の時点で元譲軍は城に七割ダメージという状態。かなり、不利な状況だ。
(´・ω●)「攻めなきゃいかんか…伏兵がもったいないな…」
火の隙間に伏兵を仕込み、機を待つ元譲さん。目は、まだ死んでいなかった。

266 名前:外伝 店長の(ry[sage] 投稿日:2006/09/30(土) 00:53:27 ID:Gvec1GS3
( ^ω^)「これはバットマン使ってる方の勝ちかお?」
ヽ(`Д´)ノ「そんなはずはないぞ!まだ戦いは終わっておらん!」
('A`)「でもどう見ても…」
ヽ(`Д´)ノ「そう思うか?」
('A`)「いや、そりゃあ」
ヽ(`Д´)ノ「見ていろ、別に私は惇を贔屓しているだけではないことが分かるからな」
( ^ω^)「?」

(´・ω●)「やるかな。誘いに乗ってくれればまだ勝ち目はある」
元譲さんは夏侯惇を出撃させ、敵城へまっしぐらに走らせる。
(,,゚Д゚)「?」
意図が分からないギコ氏、皇甫嵩を出撃させるが…

ジャーンジャーンジャーン
<くくく、まずは奇襲成功…

(,,゚Д゚)「いつの間に!?」
炎の隙間をぬってラインを上げていたカクを踏み、夏侯惇の突撃で皇甫嵩撤退。
ギコ氏は献帝で攻城を妨害しつつ、呂布を突撃させようと出撃させる。

ジャーンジャーンジャーン
<愚か者めが…

(,,゚Д゚)「まただと!?」
これまたラインを上げていた張春華を踏み、呂布が撤退。
張春華には司馬徽で応戦し、公孫サンの突撃でカク撤退。
献帝とのローテーション乱戦もあってなんとか夏侯惇も撃破したが、ここで呂布の撤退は痛い。
(´・ω●)「再起使ってくれればこっちのものなんだけど…」

269 名前:外伝 店長の(ry[sage] 投稿日:2006/09/30(土) 01:08:12 ID:Gvec1GS3
(,,゚Д゚)「くそ…有利なはずなのにその気がしない…」
城ゲージでは大きくリードしているギコ氏だが、相手は士気を温存しているし、
伏兵があるからこれ以上たたみかけることも少々難ありだ。
(´・ω●)「~♪」
一方の元譲さん、不利にしてはかなり余裕の表情。鼻歌までしてカードを操っていた。
/ ,' 3「このままだと元譲さんの勝ちだな…」
( ^ω^)「え?逆転できるのかお?」
/ ,' 3「まだ時間はあるし、士気も充分だ。それにカイ越と満寵が踏まれていないのは…」
( ━〇∀〇)「ある意味、ステルス雲散や離間より厳しい状況ですね」
ξ゚⊿゚)ξ「それに、相手はまだ惇以外撤退してないしね。
大攻勢に対して討伐令使ったらそれこそ思う壷だし、暴勇なんて使われた日には…」
( ゚∀゚)「妨害と伏兵だらけってこえーわ。黄布側が軒並み中低知力ってのもキツいし」
щ(゚▽゚щ)「裏が馬鹿じゃないのも、攻めづらい理由か?」
ヽ(`Д´)ノ「そこまで惇が読んでいたとは思えんがな…」

(´・ω・`)「…うん。ここまで説明されると出番がないんだ。すまない」
(・∀・)「アワテルノ イクナイ!」
(´・ω・`)「そういうこと言ってくれるのは君だけだよ…」

357 名前:外伝 店長のある試み[sage] 投稿日:2006/10/01(日) 00:52:31 ID:ASGdsY22
ギコ氏はここで再起を使用する。
しかし全軍準備が整う前に、元譲さんは(わかる限りの)全軍を攻め上がらせてきた。
張春華は何故か攻城せず、少し引き気味に待機している。雲散するには絶好の距離だが…
(,,゚Д゚)「先ず伏兵を探し当てないとな…」
敵部隊を少し引き付けてから復活した部隊をばらして出す。
ステルス攻城の脅威にプラスステルス妨害のマウントは恐い。
呂布の知力は1、師の教えを使っても並になる程度。
引っ掛かってしまえば、この状況でも勝ち目があやうくなる。
(´・ω●)「でも、呂布が孤立してるよ?」

<くらえぇっ!

(,,゚Д゚)「くっ!」
ステルスで連環の小計発動、呂布の動きが鈍くなる。
効果自体は小さいが、呂布の知力は1。かなり長い間足枷となってしまう。
出撃した他の部隊も、待機していた弓の一斉射を受け、みるみる兵力が減っていく。
(,,゚Д゚)「まずい…これは…」

<突破しろぉー!

賊軍討伐令を使うも、兵力が減っていたせいもありすぐに献帝が撤退。
(,,゚Д゚)「なら…仕方ない!」

<愚カ者ドモメガ!

天下無双発動。師の教えの範囲に届かぬままの発動だが、それでもないよりはマシだ。

360 名前:外伝 店長の(ry[sage] 投稿日:2006/10/01(日) 01:07:24 ID:ASGdsY22
ヽ(`Д´)ノ「…詰んだな」
(´・ω・`)「元々逆転タイプのデッキなんだね…相手が伏兵踏みづらいデッキなのもあったけど」
( ^ω^)「よく分かんないお」
(´・ω・`)「ギコ氏が使うデッキは"黄布デッキ"といって、呂布を中心に組まれるデッキだ。
多少の号令は呂布の天下無双だけで潰せるけど、呂布の知力が1であることが弱点なんだよ。
一回妨害されると延々その効果を受けっぱなしだし、伏兵ダメ計は撤退確定。
だから呂布を死なせない立回りが重要なんだけど…」
/ ,' 3「ここまで妨害で固められると、呂布は不用意に計略を使えない。
でも結局裏の選択肢を用いても同じ…開幕で片が付かなかった時点で勝負ありだったのかも」
( ゚∀゚)「兵法が他勢の大攻勢ならまだわからなかったかもな…」

<兵法マスター!
<おいたがすぎたようだね

元譲さん、魏軍の大攻勢と雲散霧消の計を使用。一気についた武力差で、ギコ氏の部隊は全滅。
(´・ω●)「さて、落城と行こうか」
全軍で城に張り付き、一発ずつ攻城したところで時間切れ。
落城までは行かなかったが、逆転で元譲さんの勝ちとなった。


ヽ(`Д´)ノ「ふん!危なっかしい戦いだったわ」
(´・ω●)「そう言わないで孟徳、勝ったんだから」

361 名前:外伝 店長の(ry[sage] 投稿日:2006/10/01(日) 01:12:49 ID:ASGdsY22
(´・ω・`)「ふう、一回戦全て終了だね」
('A`)「何か皆すごい展開だったな…」
いつもより、見ていて面白かった気がする。皆も、表情はそんな感じだ。
これを機に、楽しむことも思い出してくれるかな…
そんなことを考えながら組合せ表を見る。

……あ。

( ^ω^)ξ゚⊿゚)ξ「…………」
(´・ω・`)「二人とも、とりあえずサテライトに」
見つめあったまま固まってしまっている二人をとりあえずサテライトに誘導。
二回戦も、いきなり波乱の幕開けになりそうな気がした。というより間違いなかった。