※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

506 :しぃの昇格・1:2006/10/26(木) 07:02:09 ID:8GVUU5+P
さて、平日の昼間だからか珍しくバーボンハウスは人がまばら。
そんな中制服姿で一人の少女がやって来ました。多分試験最終日の帰りなのでしょう、いかにも楽しそうな顔をしています。
ウィーン(自動ドアの開く音)
(´・(ry
(*゚ー゚)「あれ、三国志大戦はどこだっけ…」
(´・ω・`)「ちょwおまwシカトww」
(*゚ー゚)「あらあら店長さん、いきなり出て来たらびっくりしますよ。」
(´・ω・`)「うん、正直君には略しすぎたかもしれない。今となっては反省している。だが後k(ry」
(*゚ー゚)「それより三国志大戦はどちらでしたっけ?」
(´・ω・`)「あそこだよ。最近大分空いてきてね、今でも」
(*゚ー゚)「ありがとうございました。」
(´・ω・`)…
(´;ω;`)ウッ


507 :しぃの昇格・2:2006/10/26(木) 07:07:51 ID:8GVUU5+P
(*゚ー゚)「さてと…」
(*゚ー゚)(どんなデッキを使うか考えてみましょうか。)
(*゚ー゚)ジー…
(´つω・`)「…」(涙を拭きつつ)
(*゚ー゚)ハッ!
(´・ω・`)「どうしたんだい?」
(*゚ー゚)「いえ、お店の邪魔かな、と思って。」
(´・ω・`)「いや、あいにくの空きようだから構わないよ。
それより('A`)君達は?」
(*゚ー゚)「所用があるって言ってました。」
(´・ω・`)(うん、どう考えてもきっと課題をやらされてるんだ。済まない。)
(´・ω・`)「じゃあ待ってる訳では無いんだね?」
(*゚ー゚)「あ、デッキを考えてたんです。
またこの小喬ってカードを使いたいんですが、どうしようかな…」
(´・ω・`)「ふむ…」
(´・ω・`)「じゃあこのカードを貸してあげよう。」
つ>>515
できればデッキ(流星縛り。)も書いてくれると幸いです。


515 :ゲームセンター名無し :2006/10/26(木) 08:09:42 ID:lJxPuw0N
赤壁かな

544 :しぃの昇格・3:2006/10/26(木) 18:43:02 ID:8GVUU5+P
つR弓周瑜
(*゚ー゚)「え、ありがとうございます。
どんなカードなんですか?」
(´・ω・`)「知らんがな。」
(*゚ー゚)「…えっと…」
(´・ω・`)「あ、ごめん。( ^ω^)君達と話している時の癖が出たようだ。」
と店長は無視された事への復讐をしつつも解説を続けます。
(´・ω・`)「能力値がまず高い。1コスあたり武力3を保ちつつ知力9伏兵だからね。
さらに計略も範囲、威力共に優秀。とにかく使ってみれば強さが解るはずだよ。」
(*゚ー゚)「解りました。
じゃあデッキは…」
客A「おいコラ、どこに目ェつけとんじゃ!」
客B「なんだと!」
(´・ω・`)「おや、僕の出番のようだ。
しぃちゃん済まない。カードはカウンターに届けておいてくれ。」
(*゚ー゚)「知らんがな。」
(´・ω・`)「!」
(*゚ー゚)「って使うんですか?」
(´・ω・`)「これは一本取られたな。
うん、じゃあ頑張ってくれ。」
そう言うと店長は騒ぎが起きている方へ歩いて行きました。
(*゚ー゚)「では遊びましょうか。」


545 :しぃの昇格・4:2006/10/26(木) 18:44:08 ID:8GVUU5+P
<セイアツセン
(*゚ー゚)(そうそう、制圧戦でしたね。
早く三州に上がってみたいものです。)
挑戦者現る!
しぃ軍 二州
R周瑜 UC小喬 UC黄蓋 UC程普 1R孫権
銅雀台の魏王軍 三州
R曹操 R夏侯惇 R夏侯淵 UC許チョ
|ω●)…
|ω●)(真島が俺を呼んでいるけど、今回は見守るのが良さそうだな…)
と作者の都合で惇兄は傍観者に。
ステージは赤壁、左右にダメ地形。
敵は前線ギリギリに騎馬二隊、その後ろに弓二隊。
(*゚ー゚)は孫権と小喬を左に固めて流星ステージを作り、程普は城門前櫓に挟まれるような形で柵を配置。周瑜は城門前。黄蓋はステージ側。
(*゚ー゚)(あの首が長いカードは特攻する号令だそうですからね…城門は守った方が良さそうです。)
|ω●)(まず睨みかな…初心者なら妙才の魏武を使ってくれるんだろうけど。)
開戦!


546 :しぃの昇格・5:2006/10/26(木) 18:49:24 ID:8GVUU5+P
敵は騎馬二隊を城門へ、夏侯淵は移動して流星ステージの柵破壊に、許チョは黄蓋を弓攻撃。
それに対ししぃは城門前の周瑜を前進させ、黄蓋は城内へ、小喬を端攻めに。
<ジャーンジャーンジャーン!良く来たな。
周瑜は夏侯惇に当たり、撤退はしなかったものの大打撃を受けた夏侯惇は城に退いていく。
また、黄蓋は城へ退き、許チョの弓は孫権に向かう。
(*゚ー゚)(確か乱戦すれば柵は壊れないんでしたね…)
曹操に程普、孫権で夏侯淵に乱戦をして曹操には周瑜で弓を射るが、曹操も退いてしまった。
<出すぎたか!
<進むのです!
孫権が許チョの弓と乱戦に耐えられず撤退、小喬が攻城に成功。許チョは程普を射始める。
<失礼します。
だが小喬も夏侯惇の突撃で撤退。
その間に夏侯淵は柵を赤色まで壊している。
(*゚ー゚)(えっと…おじいちゃんを出して…)
しぃは慌てて黄蓋をだすが、柵を一枚割られてしまった。
しかし夏侯淵が二枚目に到達した時に黄蓋が出撃、周瑜の援護を受けつつ夏侯淵と乱戦を開始する。
|ω●)(ふむ…デッキ相性の割には頑張ってるね。
だけど厳しいかな…)


547 :しぃの昇格・6:2006/10/26(木) 18:51:02 ID:8GVUU5+P
82C
(*゚ー゚) 士気6 城100%
周瑜十割、程普五割、黄蓋八割
孫権、小喬撤退
敵 士気6 城85%
曹操、夏侯惇十割
許チョ七割、夏侯淵四割
敵は回復した騎馬二隊を進軍されてくる。
|ω●)(これは…勝てる!)
<やるな
そうしている間に夏侯淵が撤退。
そして…
(´・ω●)「今だ!」
(*゚ー゚)「うわっ!」
画面の中の惇が隻眼の睨みを発動する。
|ω●;)(思わず出てきそうになっちゃったよ…)
と、そこに。
⊂( ^ω^)⊃ブーン!
(´・ω●)「あ、ブーン君。」
( ^ω^)「なにしてるんだお?」
(´・ω●)「ストーk」
( ^ω^)「や ら な い か ?」
(;´・ω●)「正直スマンかった。
いや、彼女のプレイを見ていてね。相手が真島なものだから…」
( ^ω^)「なんか納得だお。
じゃあしぃに紹k…」
(´・ω●)「いや、終わった後で良いよ。昇格戦中のようだし。
此処でレッツストーキング!」
( ^ω^)「だお!」

550 :しぃの昇格・7:2006/10/26(木) 18:55:51 ID:8GVUU5+P
(*゚ー゚)「あらあらあら…」
三部隊全てが睨みを喰らってしまう。
|ω^)「押され気味かお?」
|ω●`)「見た目はね。
だけどすぐに…うん。」
<あと少しのところで…
<無念!
と二部隊がやられてしまう。
周瑜はギリギリ帰城に成功した。
(*゚ー゚)(ここはもう仕方がないか…)
<兵法レベル4!
再起の法
<降伏はせぬ
<お手伝いします
そして復活した小喬と孫権を出そうとした時。
<兵法レベル6!
連環の法
(*゚ー゚)「あらあら、なかなか出てくれませんね。」
攻城阻止部隊がなかなか出て来ない。
その間に敵は全部隊で広がって張り付いた。
|ω^)「大丈夫かお?
|ω●)「いや、てっきりマウントをとるものだと思ったんだが…ちょっと厳しいかな?」
<こじ開けよ
<攻めて攻めて攻めまくれい!
城ゲージが削れていく。
そしてやっと小喬と孫権が出た。
すると敵が二人に集まっていく。
完全に全滅させるつもりだろう。

551 :しぃの昇格・8:2006/10/26(木) 19:00:53 ID:8GVUU5+P
(*゚ー゚)「やられちゃいますかね…」
そう言ったあと、しぃはある時にツンに聞いた話を思い出した。
ξ゚⊿゚)ξ「いや、前にお姉ちゃんと孟徳さんが喧嘩してさ。
その帰りにチラッと言ってたんだけど、曹操って人の奥さん取ろうとするんだって。ひどい人よね。赤壁の戦いもそれが原因だったりするみたい。」
(*゚ー゚)(あ!)
|ω^)「やられちゃうお!」
|ω●)「まあ見てれば解るよ。気づいたようだ。」
小喬と孫権の兵力がみるみる減っていく。
だが、やっと連環の効果が切れた。
そして、妻を救う為にある男が出撃した。
いや、妻だけではあるまい。彼の国、民、そして志を守るために。
(*゚ー゚)「えいっ!」
<焼き払え!
範囲には全部隊が入っていた。


552 :しぃの昇格・9:2006/10/26(木) 19:03:01 ID:8GVUU5+P
<やるじゃねえか
<やるな
<殿の前で負けることは出来ん
曹操以外の部隊が撤退する。
<この俺を倒すとはな…
そして曹操も孫権に射られ、すぐに撤退した。
|ω○)「やるじゃねえか!」
|ω^)「ちょwおまww目ww」
<わしはまだやるぞぉ!
<お守りしますぞ!
そして全軍で城に張り付く。
(*゚ー゚)「終わりです。」
パリーンパリーン
<我が命、燃え尽きはせぬぞ

553 :しぃの昇格・10:2006/10/26(木) 19:04:57 ID:8GVUU5+P
|ω●)「やった!
ブーン君、ってうわなにをするやめろ」
('A`)「しぃちゃん、昇格おめでとう!」
(*゚ー゚)「あ、ドクオさん。用事終わったんですね。」
( メω^)「正直スマンかった。」
( メω●)「見えぬ…なにもかもが…」
('A`)「馬超乙。
って元讓さん、そんな人だとは思いませんでしたよ。」
(´・ω●)「いや、制圧戦中だったからね。声をかけづらかった。
ただそう思われても仕方がないかな。でも、今度からは事情を良く聞いたほうが良いよ。」
('A`)「解りました。おもわず感情的になっちゃって。」
( ^ω^)「でもさっきストーk」
(´・ω●)「な に か 言ったかな?」
( ^ω^)「な、なんでもないお。」
(*゚ー゚)「ドクオさん、そちらの方は?」
('A`)「ああ、元讓さんだよ。あの首長カードの絵師さんが大好きなんだ。」
(´・ω●)「よろしくお願いします。」
(*゚ー゚)「こちらこそ。」
(´・ω・`)「お、終わったようだね。」
(*゚ー゚)「店長。」
(´・ω●)「赤壁ゲーでしたよ。敵軍は真島×3と許チョ…って史実対決だったのか。」
(´・ω・`)「確かにそうだね。」


555 :しぃの昇格・11:2006/10/26(木) 19:07:41 ID:8GVUU5+P
(´・ω・`)「ともかくしぃちゃん、おめでとう。」
(*゚ー゚)「知らんがな。」
(´・ω・`)「ちょw」
その後、習い事が終わったツンや付き添いのクーなどが来てバーボンハウスの時は流れていきましたとさ。
その頃…
ヽ(`д´)ノ「う~…腹減った!
元讓!飯を作ってから行け!
昼は仕事場が火事に遭うし、散々だ!」
コンティニューはし忘れで。引きはしぃで>>560でお願いします

560 :ゲームセンター名無し :2006/10/26(木) 19:22:03 ID:pQJRTCTt
R孫権


563 :しぃの昇格・終:2006/10/26(木) 20:11:38 ID:8GVUU5+P
(*゚ー゚)「そういえばピローを開けてませんでした。」
('A`)「お、なんだろうね。」
(*゚ー゚)「光ってます…孫権?あれ、こっちの銀色孫権とは能力が違いますね。」
(´・ω・`)「ああ、名前と計略は一緒なんだけど別のカードなんだ。
こっちは柵を持ってるけど、こっちの方が武力が高い。」
(*゚ー゚)「どっちの方が良いんですか?」
(´・ω・`)「なんとも言えないね。
ただアイテムの効果がある分、新しい方がつかわれている。
もっとも、しぃちゃんのデッキでは孫権だったらUC孫権が一番良いだろうな。」
(*゚ー゚)「アンコモンもいるんですか。」
ξ゚⊿゚)ξ「昔はスーパーレアもいたのよ。」
(*゚ー゚)「合計4種類ですか。」
(´・ω・`)「それくらいで驚いちゃいけないよ。
劉備は排出停止も含めれば能力値だけでも六種、LEも含めれば八種もいるんだ。」
(*゚ー゚)「へぇ。」
( ^ω^)「漏れは甄洛たんの方がコンプ…」
ξ#゚⊿゚)ξ「アァン?」
(;^ω^)「な、なんでもないお。」


作者の一言(´-`)
終わりです。
支援ありがとうございました。