285 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2006/11/21(火) 22:21:55 ID:7Qkjfxpi

ドクオは、走っていた。
自分の考えたデッキを試す喜び、
そのデッキが機能する喜びを知ってしまったからだ。
その思いが、ドクオを戦場へと駆り立てていた。

('A`)「おい、ブーン、遅いぞ。
    この時間は俺たちと同じ学生で混む、
     一刻の猶予も許されないぞ。」

(;^ω^)「ハァハァ・・・ドクオはなんで自転車なんだお?
       いくら僕でも自転車にはかなわないお・・・」

('∀`)――今日はアッと驚くようなデッキを考えて来たぜ・・・
     これが機能すれば勝利は確実よ!――

(;^ω^)「なんだか今日のドクオは一人でニヤニヤしていて
       いつにも増してキモs・・・な、なんでもないお!」

いつもであれば先導するのは逆。
いつにも増してキモiのはブーン。
なにもかも逆、それが今日の悲劇の始まりだと予見出来る者は
果たして、いたのだろうか――――?

( ^ω^)が三国志大戦をするようです
      「投獄の彼方に」




286 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2006/11/21(火) 22:22:56 ID:7Qkjfxpi
(´(ry
ヽ('A`)ノ「次はどいつがジュースを飲みたいかー!」
(;;^ω^)「こ・・・ここに・・・いる・・・お・・・」

ゴクゴクゴクゴク
(*^ω^)「プッハー生き返ったお!でもなんだって
       こんな所にジュースが?まあ細かい事は気にしないお」

―――私は、客商売に向いていないのだろうか?
   いつもいつも省略されてばかり・・・
   いっそ経営を他の人間に・・・―――

(・∀・)「ノド カワイタ! オカネ ナイ!」
(´・ω・`)「やあ(ry このオレンジジュースはサービスだから(ry」

(・∀・)「オイシイ! イツモ アリガトウ!」

――――ああ・・・そうだ・・・
    このお客さんの笑顔に惹かれて、
    この商売を始めたんだっけ・・・――――


287 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2006/11/21(火) 22:24:09 ID:7Qkjfxpi
(・∀・)「テンチョウサン ナンデ ナイテルノ?」
(´・ω・`)「い、いや なんでもないんだ。
       それよりも、仕事が忙しいんだ
        また後でね」

(・∀・)「・・・オカシナ テンチョウサン! ワラッテルノニ ナイテタ!」

この日、バーボンハウスではドリンクの大盤振る舞いが行われた。
店長は目が真っ赤な理由を何度となく訊ねられたが、
その度に返ってきた返事は
「昨日寝不足でね。動いていないと眠くなってしまうんだ」
だったという。

 ―――――――――――――――――――――


('A`)「今日のビックリドッキリデッキは、これだ!」

R田豊 SR袁紹  R荀イク R顔良 UCテイイク R楽進(ブーン)


289 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2006/11/21(火) 22:26:10 ID:7Qkjfxpi

( ^ω^)「なかなかキラキラしてるデッキだお・・・
       この(ブーン)ってのは何だお?」

('A`)「ああ、どうしても1コスで武力重視が欲しかったんだけど
     俺は魏、袁 どっちも1コス武力担当が今一つなんだ
      そこでブーンのカードを貸してもらおうと思って」

( ^ω^)「別にいいお!でもそのデッキは一体どういう?」

('A`)「まあ全兵種入れて、ダブル反計。
     相手のデッキ構成によってライン上げのポジションを
      入れ替えて、隙無きから大驀進に繋ごうかなと。」

( ^ω^)「話だけ聞くと結構強そうだお!
       じゃあ、見せてもらうお!」

('A`)「・・・今日の授業ほとんど潰してイメトレしてたんだ、
    きっといけるはずだ!」

372 名前:285[sage] 投稿日:2006/11/22(水) 17:22:13 ID:TACs6Ay7
意気揚揚とコインを投入するドクオ。
だが、全国対戦を選び そこに現れたのは、予想だにしない相手だった。

シャカカカカッ

ドク軍 
R田豊 SR袁紹  R荀イク R顔良 UCテイイク R楽進

ZO3軍 炎帝
R董卓 R華雄 UC馬騰 C候セイ Cサイヨウ


Σ(  ω )Σ( A ) ^ ^  ' `

(;^ω^)「え、炎帝!?どういう事だお!?」
(;'A`)「なぜこんな目に・・・」

ブーン達は知らなかったが、その日はサーバーの異常により
フリーマッチングとでもいうべき状態になってしまっていたのだった。
いきなり最強クラスの相手と対峙してしまったドクオは、
もはや考え抜いた戦術など頭から抜け落ちてしまっていた。




373 名前:285[sage] 投稿日:2006/11/22(水) 17:23:28 ID:TACs6Ay7
―開戦―

ZO3軍は部隊を密集させ、ラインを上げてくる。
ドクオも田豊を踏ませようとするが・・・

ジャーンジャーンジャーン
ユダンタイテキジャナ
突撃!突撃!突撃!
ナゼコンナメニ

伏兵を踏ませたものの、後方でオーラを纏っていた部隊に連突され、
一瞬でケシ飛ぶ田豊。
さらに、槍という要であるはずの袁紹もビタ止まり>連突を決められ、
撤退してしまう。

グワァー

374 名前:285[sage] 投稿日:2006/11/22(水) 17:24:46 ID:TACs6Ay7
ZO3軍は部隊を張りつかせマウント状態へ。
残っているテイイクをなんとか華雄に踏ませようとするものの、
体力満タンの董卓が華雄をガードし、踏ませようとしない。

そのままマウント状態から個別撃破され、
増援の法を使う場所もなく、ドクオの軍は壊滅した。

('A`)「・・・」
(;^ω^)「い、今のはしょうがないお!僕だってまず落城するお!」
('A`)「でも、俺はなにも出来なかった・・・
     考えた戦術も、部隊運用も、何一つ・・・だぜ?」

( ^ω^)「・・・」
('A`)「畜生!なんで俺はこんなに・・・!」

ドクオは店から飛び出して行った。
自分の魂とでもいうべきカードも置き去りにして。
なんで俺はこんなにテクニックがない。
なんで俺はこんなに考えたのに出来なかった。
なんで俺は、こんなに―――
その言葉の意味は、ドクオ本人にしか分からなかった。

375 名前:285[sage] 投稿日:2006/11/22(水) 17:25:23 ID:TACs6Ay7

( ^ω^)「あ、ちょ、ドクオー!」
(´・ω・`)「どうしたんだい?ドクオ君が凄い顔をして
       飛び出していったみたいだけど、ケンカでもしたのかい?」

カクカクカカクトカイマクソクグンサイゴノゴウエンギャクカイマクオツ

( ^ω^)「という訳なんだお。どうして炎帝とマッチングしたんだお・・・?」
(´・ω・`)「どうやら、今日はサーバーのSSQによって
       いわゆるフリーマッチングモードになっているみたいなんだ。」

(´・ω・`)「それより、ドクオ君を放っておいていいのかい?
       あの形相、ただ事じゃなかったと思うけど。」

―――全く、殿にも困ったもんですじゃ
    まあワシはこういう目に合うのは1800年前から慣れっこじゃがのう、   
     ホッホッホ・・・―――

379 名前:285 >376 すまなんだ[sage] 投稿日:2006/11/22(水) 17:27:08 ID:TACs6Ay7
( ^ω^)「ドクオ・・・見当たらないお・・・
       今日は僕も帰るお・・・」

(´・ω・`)「うん。ところで、このカードはどうするんだい?」
( ^ω^)「店長に預かってもらってもいいかお?」
(´・ω・`)「それは構わないけど、ブーン君が明日学校で渡したほうが
       いいんじゃないかい?」
( ^ω^)「ドクオが・・・また、やる気を出すまでバーボンハウスに
       置いておいて欲しいお。
        またあの場所でカードを手にして、戦って欲しいんだお。」
(´・ω・`)「わかったよ。ドクオ君が戻ってくるのを、待っているよ。」

―――――その日、ドクオ邸―――――



382 名前:285 [sage] 投稿日:2006/11/22(水) 17:38:25 ID:TACs6Ay7

('A`)「畜生・・・畜生・・・
     どうしてなんだ・・・
      何がいけなかったんだ?わからない・・・
       こんなに苦しいのなら、やめてしまおうか―――」

「ドクオー!ご飯出来たわよー!」

('A`)「後で食べる。今はいらない」

「またゲーム?たかがゲームに、なにをそんな・・・」

('ー`)「たかがゲームに、俺はこんなにも悩んでいる。苦しんでいる。
     そして、それ以上の楽しみにもなっている。
     たかがゲームとはいえ、
      俺にはもうそんな簡単に言葉で括れるような
       ものじゃあなくなっていたんだな・・・三国志大戦、は。」

ドクオの表情は変らなかった。
が、一抹の寂しさと自嘲、昔を懐かしむような目は
一層深いものになっていった・・・
果たして、ドクオはどうなってしまうのか?
その時、予想通りの結末が!

後編へ続く

383 名前:285 [sage] 投稿日:2006/11/22(水) 17:39:03 ID:TACs6Ay7
(#゚д゚)「おらおら!ダメ計なんざ、八卦2人がけでイナフだぜ!」
(;´・ω・`)「・・・今日は意外にも普通の戦略だね、でも、この展開は・・・」

(#゚д゚)「ん?あの煙は周喩!はやくポジションを・・・」
(#゚д゚)「はっはー!張飛を城門、姜維を城壁、、魏延をマウントに!
      さらに張飛、魏延に2がけ!もう勝利は確実だろwww」

コレデショウブヲキメル!
ヤキハラエ

(#゚д゚)「ダメ計なんか効かないんだよ!こいつ馬鹿か!?
      まあこれで士気差も・・・」

ヌワァァー
オノレェ
テッタイスル

(;´・ω・`)「同時カットインか・・・2がけはあくまでも
        ―相手の計略の対象にならなくなる―
         相手がすでに「対象にしていた場合の同時カットイン」は
          問答無用で食らっちゃうんだよね・・・」

(#゚д゚)「・・・。」
(゚д゚)
(゚д゚
(゚д
(゚

―――翌日、学校―――

387 名前:285 [sage] 投稿日:2006/11/22(水) 18:01:04 ID:TACs6Ay7
( ^ω^)「・・・というわけなんだお。」
ξ゚⊿゚)ξ「なるほど・・・ちょっと意味は違うけど
      《洗礼》を受けたって事ね・・・。」

( ^ω^)「洗礼kwsk」
ξ゚⊿゚)ξ「14州での制圧戦、徳8~9、覇王上がりたて、征覇王・・・
      ランクを1段階上げると周りの相手がグッと強くなる。
       そこで絶望してやめてしまったり、違う遊び方を見つけたりする人もいるわ。
        ただいきなり炎帝の洗礼は・・・聞いた事がないわね。」

( ^ω^)「ドクオ・・・やめちゃうのかお?」
ξ゚⊿゚)ξ「それは分からないわ。でも、ブーンが一番知っているでしょう?
      ドクオがどれだけ楽しそうに、三国志大戦をやっていたのか。
      ―――あなたも、そうなんだけどね―――」

( ^ω^)「確かにそうだお。大戦をやっている時のドクオは
       普段では考えられないくらいニヤニヤしてるお!
        僕なんかとびきりのエロほn・・・ちょ、ツン・・・」


389 名前:285 [sage] 投稿日:2006/11/22(水) 18:09:57 ID:TACs6Ay7
その時の事を後日、ブーンはこう語っていた。
( ^ω^)「いやあ、本当に鬼神っているんだと思ったお。
       あれは武力40はオーバーしてたお。」

ξ♯゚⊿゚)ξ「馬鹿ーーーッ!」 
( ω )。。「痛いお・・・」

('A`)「おい・・・目が飛び出てるぞ。早くしまえ。」
( ω )。。「あっ、ドクオ・・・」
(;'A`)「いいから早くしまえっての。」

( ^ω^)「あ・・・その・・・昨日は・・・」
('A`)「ああ、昨日は取り乱してしまったな。
    でもあれから家でよく考えたんだ。
     なんでこのゲームをやっているのか、って。」

('A`)「お前やバーボンのみんなと交流持てたのもよかったし、
   (しいちゃんにも会えたし・・・)
    何より、モニターの向こうに人間がいて、
    強い奴と戦える、それが凄い事なんだと思ってさ。
    そりゃ炎帝は強かったけど、同じ人間だ。
    俺も頑張ればあれくらい強くなれるって考えただけで、ワクワクするよ。」


390 名前:285 .fuckしか見た事ない[sage] 投稿日:2006/11/22(水) 18:11:23 ID:TACs6Ay7
( ^ω^)「ドクオ、完全に吹っ切れたみたいだお!
       じゃあ今日は・・・」
('A`)「もちろん行くさ。忘れた物を取りに行かないとな。」

ξ゚⊿゚)ξ「洗礼を乗り越えたようね。   
      でも忘れないで。本当の戦いは、これからなのだから・・・
       今日はちょっとお祝いしてあげましょう。」

とぅるるるるるる

ξ  )ξ「もしもし?しいちゃん?今日・・・」


コウゲキアルノミジャ!
ヘイホウマタァ!
ハッハッハー
タタキツブセ
ゴクロウサマデス
アッパレ!


391 名前:285 [sage] 投稿日:2006/11/22(水) 18:12:51 ID:TACs6Ay7
(*゚ー゚) 「凄いです!まるで流れるような計略です!」
('∀`)「ま、まあね!これ位今の俺なら楽勝さ!」
(*゚ー゚)「なんでも、あの炎帝とも対戦したとか?どうだったんですか?」
(;'∀`)「ま、負けちゃったけど 結構ギリギリの勝負だったんだ!
      次やればわからないんじゃないかな?」

ξ゚⊿゚)ξ∩<三国志.NET

ドク軍 vs ZO3軍
城ゲージ 0.0 vs 100.0
残カウント 70

ξ゚⊿゚)ξ「わが千里眼に読めぬ展開は無い。」
( ^ω^)「僕も負けてられないお!ドクオ!そのコンボ、
       僕のデッキで試してみるがよいお!」

(´・ω・`)「やっぱり、若いっていいなあ・・・
      おっと、今日の分のドリンク、作らないと・・・」

今日もこうしてバーボンハウスは夕暮れに包まれて行く。
毎日少しづつ成長する人間の人生の中で、
確かにゲームという物は大きい比重を占めにくいかもしれない。
だが、
そのゲームによって人生が豊かになるのであれば、
これは素晴らしい事だと思わないだろうか・・・?

―――まるでワシの名前に様に、豊かにのう!
   ところで、店長はもはや省略された事にすら気づかないンじゃろうか?―――


END

399 名前:勝手に【投獄の彼方に その後】[sage] 投稿日:2006/11/22(水) 21:49:03 ID:RWRmJ8Gv
(´●ω●`)「さて、今日は久しぶりに神速デッキを使って
              馬の動きの再確認でもしようかな」

対戦者が現れないためCPU戦に入ります

(´●ω●`)「珍しいな…まあ、相手がいないなんてことはないと思うけど…
         先日ドクオ君を倒したZO3現る、なんてね」


挑戦者現る!

シャカカカカ

天頂軍
SR張遼 SRホウ徳 UC曹仁 R楽進 SR賈カ

ZO3軍
R董卓 R華雄 UC馬騰 C候セイ Cサイヨウ

(´ ω `)    =●=●
(;´●ω●`)「フ、フフフ、まさかこんなに早く目の前に出てきてくれるとは」
(´●ω●`)「何はともあれここであったが百年目、
          訓練とはいえドクオ君の敵は取らせてもらうよ」


翌日、店内頂上対決にこの戦いが乗り、
天頂の名は更にバーボンハウスに轟いたという


402 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2006/11/22(水) 23:00:42 ID:OQxY1VrK
399
(´●ω●`) 「フッ、仇は取らしてもらったよ」

対戦相手が見つかりました

惇銀STO軍

(´ `) ● ω ●ポーン

(´●ω●`;) 「いやはや、新旧優勝者に連続で当たるとは。しかし、今流れに乗っているし勝てる!」

アッー槍激やばい、騎馬がとけるー!とけるー!


こうですか?わかりません><

404 名前:勝手に続き…[sage] 投稿日:2006/11/22(水) 23:19:59 ID:tvC/Z1dY
399
(;´●ω●`)「…ふぅ、何とか勝てたな…それにしても新旧優勝者と来たら…」
挑戦者現れる!
PAN114軍
(´ω`)=● ●
翌日、大激戦にも天頂の試合が乗ったのは言うまでもない…