※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

55 名前:二人の一時(単発)[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 02:37:52 ID:CYH+QWjE
ミ,,゚Д゚彡「ところで店長、最近どうです?」
(´・ω・`)「そうだねぇ……」

カウンターを挟んで語る二人。
ちょうど客もまばらな時間です。

(´・ω・`)「でもお互い様でしょう?」
ミ,,゚Д゚彡「そうですねぇ。流行に着いて行くの大変ですね」
(´・ω・`)「当たりハズレの見極めもね」
ミ,,゚Д゚彡「そうそう。まさに郭嘉の目が必要です」
(´・ω・`)「ははは」

ちょっと大人な話のようですな。
サービスのテキーラに浮かぶ氷がカラリと鳴ります。
しかしその音も賑やかな店内では聞こえません。

(´・ω・`)「店の方はいいんですか?」
ミ,,゚Д゚彡「ん~……たまには現場を見ないとね」
(´・ω・`)「ウチはいつでもお待ちしてますよ」
ミ,,゚Д゚彡「ごちそうさまでした。ではまた」
(´・ω・`)「ありがとうございました」

そして二人はそれぞれの仕事へと戻っていきましたとさ。

64 名前:二人の一時(単発)[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 15:02:10 ID:CYH+QWjE
( ^ω^)「ツンは何で三国志に興味持ったんだお?」
ξ゚⊿゚)ξ「そうねぇ~」

カウンターに並んで座る二人。
ゲームは一時休憩です。

( ^ω^)「おっおっ! でもおにゃのこは少ないお」
ξ゚⊿゚)ξ「何それ。私が変だって言いたいの?!」
( ^ω^)「違うお。ツンは上手いから凄いお」
ξ゚⊿゚)ξ「あんたが下手なだけよ」
( ^ω^)「酷いお……」

どうやらいつも通りのようですね。
店長のサービスのジュースが二人の喉を潤します。
有線から流れる音楽だけがその場を包みました。

ξ゚⊿゚)ξ「仕方ないわね。たまには私が教えてあげるわ」
( ^ω^)「おっおっおっ! 師の教えだお!」
ξ゚⊿゚)ξ「まだ若いのぅ」
( ^ω^)「知略だけで上り詰めた訳ではないお!」

そうして二人は仲間の元へ戻って行きましたとさ。

69 名前:二人の一時(単発)[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 17:32:08 ID:CYH+QWjE
('A`)「良い勝負だったね、しぃちゃん」
(*゚ー゚)「はい! 勝てた時は時間を忘れてました」

カウンターの空き椅子を一つ挟んで座る二人。
どうやらしぃは新しいカードを手に入れたようですね。

(*゚ー゚)「~♪」
('A`)(可愛いなぁしぃちゃん……)
(*゚ー゚)「~♪」
('A`)(あ…何か話さないと……)
(*゚ー゚)「ドクオさん?」
('A`)「ぇ? あ、はひ?」

どうやら恋愛の腕は上がっていないようです。
テーブルに置かれたグラスの一つはとうに無くなっていました。
それでもドクオはグラスに口をつけてしまいます。

(*゚ー゚)「やたっ! 新デッキの完成です♪」
('A`)「なかなか手強そう……」
(*゚ー゚)「あのぅ、付き合ってくれますか?」
('A`)「えっ!? そりゃもちろん!!」
(*゚ー゚)「わ~い。じゃあ早速並びましょう!」


そうして二人はいつもの日常に戻って行きましたとさ。

114 名前:二人の一時(単発)[sage] 投稿日:2006/11/29(水) 22:47:43 ID:CYH+QWjE
( ゚∀゚)「うおっ! 何泣いてるんだ?!」
川; -;)「すまないマスター。一杯くれないか?」

店長がそっとグラスを差し出します。
いったいどうしたんでしょうか。

( ゚∀゚)「大丈夫か?」
川 ゚ -゚)「あぁ。それより見たか? さっきの店内頂上」
( ゚∀゚)「え、おぉ……特に関羽の大車輪が凄かったな」
川 ゚ -゚)「加えて桃園の誓い。まさにロマンではないか」
( ゚∀゚)「……」
川 ゚ -゚)「……」
( ゚∀゚)「同志よっ!!」(゚- ゚ 川

がっちりと手を組み合う二人。
どうやら何か分かり合ったようですね。
乾杯の合図と共にグラスがキンと鳴ります。

( ゚∀゚)「しかし俺も兄弟が欲しかったな」
川 ゚ -゚)「あぁ。兄弟は良いものだぞ」
( ゚∀゚)「そうだ。俺と義兄弟にならねぇか?」
川 ゚ -゚)「ふふ。私にはまだそんな資格は無いよ」
( ゚∀゚)「ちぇ。フラれちまったな」
川 ゚ -゚)「勝負ならばお相手致そう」
( ゚∀゚)「おう! グズグスするな!」

そうして二人は次の戦場へと向かって行きましたとさ。