497 名前:皆がバーボンハウス・・・ 4時~6時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:00:09 ID:oxh2042S0
(´・ω・`)「やあ、ようこそ、バーボンハウスへ。
ここからのお話しは4~6時の部だから、まず私の話を聞いて落ち着いて欲しい。
うん、『省略』なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。
でも、この長編を読んだとき、君達は、きっと言葉では言い表せない
『かったるさ』みたいなものを感じたと思う。
全部で14時間ものお話で、無駄な時間が発生し、書くのにも時間が掛かることを忘れないで欲しい
そう思って、この省略を使ったんだ。じゃあ、7時からのお話しを始めようか。」


反省はしているが、後悔はしていない。
ここからは、7時の部をお楽しみください。

498 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:02:47 ID:oxh2042S0
7時 バーボンハウスカウンター

(メ▼▼) カタカタカタカタカタカタ・・・・・・カチカチ・・・カタカタカタ・・・
(,,゚Д゚)(凄い。どんどん出来上がっていく・・・)
(´・ω・`)「ふぅ。飾りつけは大体終わったぞ。」
(メ▼▼)「こっちもボツボツ出来上がる。」
(´・ω・`)「本当に有難う。おかげでパーティの準備は順調だよ。」
(メ▼▼)「じゃぁこれおわったら俺h・・・」
(´・ω・`)「じゃぁそれ終わったらこれワープロで作ってプリントしてほしい。」
(;メ▼▼)「え?・・・おいおい。俺は遊b」
(´・ω・`)「じゃぁ任せたよ。私はカラオケ大会の準備があるから。」
一ニ三( ´・ω・`)
(メ▼▼)「・・・・・・・・・」
(,,゚Д゚)「行っちゃいましたね」
(メ▼▼)「やれやれ。ちょっとだけと思ってはじめたらこれだ。」
(,,゚Д゚)「頑張ってください。これ、さっき入ったお酒です。」
(メ▼▼)「・・・・・・さて、もう一がんばりか。」

500 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:06:50 ID:oxh2042S0
同時刻 バーボンハウス倉庫

川 ゚ -゚)「よし!ちょっと長めに一時間休憩!」
ヽ(`Д´;)ノ「惇!妙才!」
(´・ω●)「あーはいはい。」
( ^ω^)「ブーンはちょっと買い物に行って来るお。」
ξ;゚⊿゚)ξ「あ・・・・・・行っちゃった。」
川 ゚ -゚)「いいのかツン。前の休憩からずっと険悪な雰囲気じゃないか。」
ξ;゚⊿゚)ξ「う、うん。」
川 ゚ -゚)「まぁ、大体予想はつくけどな。なんで険悪か・・・」

/ ,' 3「んー。青春だねぇ。妻子持ちには縁のない話だ。」
( 'A`)「荒巻さん既婚者だったんですか。」
/ ,' 3「うん。」
( 'A`)「あのー・・・失礼ですがどうして今日はお一人なんですか?」
/ ,' 3「愛妻も子供も、実家に帰っちゃってね。僕も行こうと思ったんだけど急に仕事が入っちゃって。」
( 'A`)「大変ですね。」
/ ,' 3「んー。でも明々後日には会えるからね。そんなでもないよ。」
( 'A`)(・・・・・・カーチャン。大丈夫かな。)
/ ,' 3「・・・・・・何か心配事でも?」
(; 'A`)「え・・・何でですか?」
/ ,' 3「いや、なければいいんだけども・・・なんとなくね。」
( 'A`)「・・・・・・実は」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

501 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:09:22 ID:oxh2042S0
9時30分(バーボンハウス開店30分前) ドクオ宅

( 'A`)「じゃぁ母さん。行ってくるよ・・・」
J(. 'ー`)し「あ・・・行ってらっしゃい」
( 'A`)「・・・・・・じゃ。」
バタン!
J(. 'ー`)し「・・・・・・・・・ゴホゴホ。」
( 'A`) ジー
ΣJ(; 'ー`)し ビクゥ!
J(; 'ー`)し「ド、ドクオ。庭の窓からこっちを覗くなんて感心しないわよ!」
( 'A`)「(窓を開けて)母さん。やっぱ今日具合悪いんじゃ・・・」
J(. 'ー`)し「つまんないこと気にするんじゃないの。お友達からのお誘いなんでしょう。」
( 'A`)「え・・・・・・俺母さんに言ったっけ。今日のこと。」
J(. 'ー`)し「(ブーンの檄文を出して)・・・・・・お見通しですよ。」
( '∀`)「ははは。敵わないなぁ。」
J(. 'ー`)し「行ってらっしゃい。母さんも自分のことぐらいちゃんとできます。」
( 'A`)「そう。じゃぁ・・・・・・行ってきます。」
J(. 'ー`)し「はい。行ってらっしゃい。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

|BGCOLOR(AEEB9C):502 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:11:35 ID:oxh2042S0
7時(戻って現在) バーボンハウス倉庫

( 'A`)「・・・・・・で、そのまま来ちゃったんですけど、どうも気になってしまって。」
/ ,' 3「それでいつでも変わりが利く雑兵やら、民やらをやってるんだね。」
( 'A`)「何もなければいいんですけど。」
/ ,' 3「んー。まぁ大丈夫なんじゃないかな。」

503 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:14:10 ID:oxh2042S0
同時刻 バーボンハウス前(元譲の車の中)

(●ω・´)「待て待てぃ!貴様の父は戦いを教えなかったのか?」
ヽ(`Д´;)ノ「馬鹿な・・・荊州が呉の手に落ちただと・・・?」
(´・ω●)「関平殿!関平殿!」
(●ω・´)「む、増援か・・・・・・構わん!蹴散らせぃ!」
(´・ω●)「わー!」
ヽ(`Д´;)ノ「寥化殿!そなたもお聞きか?荊州の報を!」
(´・ω●)「寝耳に水だ!しかし・・・・・・」
ヽ(`Д´;)ノ「とにかく一度父のもとに戻らねば!」
(´・ω●)「く、しかし手ごわい・・・・・・」

(●ω・´)「なんだ。できるじゃないの。」
ヽ(`Д´;)ノ「ああ。」
(´・ω●)「じゃぁ練習いらないね。」
ヽ(`Д´;)ノ(よし。カンペは外せそうだな。)
(●ω・´)「・・・・・・・・・ブーン君はまたクレープを食べるのかい?並んでいるけど。」
(´・ω●)「いや、あの時は結局買えなかったみたいだよ。」
ヽ(`Д´)ノ「なんだ。金を返さないでそのまま借りっぱなしか。」
(´・ω●)「・・・・・・あれ?ブーン君二つ買ってるよ?」
ヽ(`Д´)ノ「食べたいのが二つあったんじゃないのか?そんなことよりセリフもう一回確認するぞ!」
(´・ω●)「え?まだやるの?」
ヽ(`Д´)ノ「当たり前だ!小学生の劇とは違うんだ!完璧にやりきる!」
(●ω・´)「あー。あの時は・・・・・・あ。」
ヽ(゚Д゚)ノ
(;´・ω●)「孟徳?孟徳!しっかりして!」
(;●ω・´)「なんかビクビク震えてるぞ。」
*1 ))ノ「イタイ・・・イタイ・・・ヤメテ・・・ヤメテ・・・ワン・・・ワン・・・クーン・・・」
(;´・ω●)「孟徳!孟徳!今は2006年の大晦日で、元譲の車の中だよ!」
(;●ω・´)「今の孟徳は大人だぞー」

(; ^ω^)「惇兄の車がガタガタ揺れてるお。いったい何をしてるんだお?」

505 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:17:03 ID:oxh2042S0
7時15分 バーボンハウスカウンター

( ━〇∀〇)「結局先輩の家にはありませんでしたね。ICカード。」
щ(゚Д゚щ)「・・・・・・・・・」
(;━〇∀〇)「・・・・・・け、刑事の方々の言葉には「現場百遍」って言葉があるそうです。もう一回探してみましょう?」
щ(゚Д゚щ)「イイモン。モウ。モウイッカイスターターカッテ、テキトウナトコロデシンソクニモドスモン。ショシンシャガリッテイワレテモキニシナイモン。」
(;━〇∀〇)「なんですかそのしゃべり方。半カナで読みにくいし。」
щ(゚▽゚щ)「アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」
(;━〇∀〇)「ちょwwwカウンターに突っ伏しながら奇声上げるなwww」
(メ▼▼)「おいおい君。何があったか知らんが元気だしな。」
(,,゚Д゚)「やぁ、ようこそ(ry」 つココア×2
( ━〇∀〇)「あ、どうも。」
щ(;▽;щ) ズズズ
(,,゚Д゚)「あ、そう言えばさっき店長がICカードを拾ったって嘘つきをしょっ引いたそうですよ。」
щ(゚▽゚щ) パリーン!
(;,,゚Д゚)「あ、入れたてココアがお客様のお膝に・・・・・・大丈夫ですか?」
щ(゚▽゚щ)「行くぞ代山ぁぁぁ!!」
(;━〇∀〇)「は、速い・・・」
(;,,゚Д゚)「お客様!店内では走らないで下さい!」
(メ▼▼)「・・・・・・・・・代わりに片付けしてやるか。」

506 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:23:07 ID:oxh2042S0
同時刻 バーボンハウス応接室(前)

щ(゚▽゚щ)「開けろぉ!出て来い!あんたが俺のICカード拾ったのはわかってる!出て来い!」
<;丶;∀;>「ひー。た、助けてニダァ!この部屋は中からは開かないんだニダ!」
щ(゚▽゚щ)「うるせー!そんな部屋があってたまるか!出て来い!」
(,,゚Д゚)「お客様。中の人が言ってることは本当です。今開けるから少々お待ちください。」

ガチャガチャ! ギギギ・・・

<<<;丶;∀;>>> ガタガタガタガタ
( ━〇∀〇)「かわいそうに。電気もつけないで部屋の隅で泣いてますよ・・・・・・」
щ(゚▽゚#щ)「(ニダーの胸倉掴んで)おらぁ!ICカードを拾ってくれてありがとうございます!とっとと出せ!」
( ━〇∀〇)「先輩。もう滅茶苦茶ですよ。」
<<<;丶;∀;>>>「ひ、拾ったのは確かだけど、どっか落としちゃったニダ!ごめんなさいニダ!」
щ(゚▽゚#щ)「ぬわぁにぃぃぃぃ!!」
(;,,゚Д゚)「お客様。こう言ってる様だし、多分本当に落としたんだと。」
( ━〇∀〇)「そうですよ先輩。もう一度探しましょう?」
щ(゚▽゚#щ)「ぬぬぬ。じゃぁどこか落とした心当たりはありますか?」
<<<;丶;∀;>>>「えっとぉ・・・・・・多分落としたとしたらあの時のゴタゴタだから・・・・・・大戦コーナーかと・・・」
щ(゚▽゚#щ)「よし!行くぞ代山!」
( ━〇∀〇)「あ、先輩・・・」
(;,,゚Д゚)「お客様!走らないで!」

バタン! カチャガチャ。
<<<;丶;∀;>>>「ひーん。いつか殺されるニダぁ!」

508 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:25:36 ID:oxh2042S0
同時刻 バーボンハウスフリースペース

川 ゚ -゚)「・・・・・・やっぱり、ツンツンしたのか。」
ξ;゚⊿゚)ξ「だって、あんなに思わせぶりな手紙出しといて・・・」
川 ゚ -゚)「・・・・・・確かに彼は鈍いにも程があるな。」
( ^ω^)「・・・・・・あ、いた。おーいツーン。」
ξ;゚⊿゚)ξ「あ!・・・・・・な、何よ!どうでもいいけど頬にクリームが付いてるわよ!」
( ^ω^)「お、お、これは気がつかなかったお。」
川 ゚ -゚)「私は席をはずさせてもらうよ。宝君とセリフ合わせでもしよう。」
ξ;゚⊿゚)ξ「あ、ちょっとm・・・・・・」
( ^ω^)「行っちゃったお。」
ξ;゚⊿゚)ξ「フ、フン!それで?何の用なの!?」
( ^ω^)「んー。これツンに差し上げたいお。」
ξ;゚⊿゚)ξ「・・・・・・クレープ?」
( ^ω^)「えーと。さっきのお詫びに食べて欲しいお。さっき僕の分味見したけど、結構おいしかったお。」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・・・・」
(; ^ω^)(うーん。ツン甘い物嫌いだったかお?だとしたら詫びるどころか怒られてぶち殺されちまうお。)

壁| -゚)「なるほど。謝りにくい女心を汲み取って、先にプレゼント付きで謝るのか。彼もそこそこ女心を解ってるじゃないか。」
壁|д^)「いや。彼はそんな頭が回る人間じゃないですよ。多分唯単に怒りを鎮めるためだと思います。」
壁|; -゚)「・・・・・・結局彼は彼か。ところで君はいったいつから?」
壁|д^)「いや。いつも何も、あなたが何かを見ていたから僕も気になって・・・・・・」

510 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:29:38 ID:oxh2042S0
(; ^ω^)「あ、甘いのは苦手かお?」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・ウウ。」
Σ(; ^ω^) ビクゥ(殺られるお!?)
ξ;⊿;)ξ「ウウ。馬鹿ぁ!大好きよ!よこしなさい!」
(; ^ω^)「あうあう。どうぞだお。」
ξ;⊿;)ξ モグモグ「あ、あんたにしては中々いいのを選んできたじゃない。」
(; ^ω^)「よ、喜んでくれてよかったお。」
ξ;⊿;)ξ「せ、折角だからあんたもここでその残ってるの食べていきなさい。」
(; ^ω^)「そ、そうさせていただくお。」
ξ*;⊿;)ξ(うう。心臓がドクドクなってる。・・・・・・ブーンのくれたの・・・おいしいじゃない。)
(; ^ω^)(泣きながらクレープ食ってるお。)
(* ^ω^)(・・・・・・でも泣きながら物食ってるツン、結構カワイイお?)

壁|д^)「背中合わせで同じもの食べながら座ってます。はたから見たらどう見てもカップルです。ありがとうございました。」
壁| -゚)「しかしわけのわからん会話だ。これでいいのか?」
壁|д^)「それは言っちゃいけません。」

512 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:34:17 ID:oxh2042S0
7時30分 高級ホテル・ベリーゴージャス 龍の間

(o゚ω゚)「お客様。ワインのおかわりはいかがですか?」
川^ー^)「お客様。お皿をお下げいたします。」
{::::::O::O:!「さて、私は次の料理を・・・」
(*゚ー゚)「卓仲さん。」
{::::::O::O:!「・・・これはこれはおじょうさん。どうなさいました?」
(*゚ー゚)「次は何をいただけるのですか?」
{::::::O::O:!「次は・・・・・・フカヒレスープをご馳走させていただきますよ。」
(*゚ー゚)「まぁ・・・楽しみです。」
{::::::O::O:!「・・・・・・」 チラ
(//Д//)「・・・・・・人を疑うことを知らんのかしぃは。黒!」
( Д)「はい。心得ております。指一本触れさせやせん。」
{::::::O::O:!「・・・・・・楽しみにしていて下さい。十分ご期待に副えると思いますよ。」
(*゚ー゚)「はい。」
(o゚ω゚)(うん?あれは・・・・・・たしかしぃさんだったかな?)
川^ー^)(・・・・・・あれは・・・確かしぃって子だったな。なんでこんな所に?)

515 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:37:12 ID:oxh2042S0
同時刻 バーボンハウス倉庫

/ ,' 3「かかれぃ!関羽を逃すな!」
( 'A`)「わー!」
テレ~テレ~テレ~テレテ~♪テレ~テレ~テレ~テレテ~・・・・・・
( 'A`)「あ、電話が・・・ピ」
/ ,' 3「・・・・・・電話が終わるまでしばらく荒巻スカルチノフでお待ちください。」

         _,,..,,,,_
         / ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'"
し ば ら く お 待 ち k

(; ゚A゚)「はい。はい。わかりました。」 ピ
/ ,' 3「何だったんだい?随分慌てているけども。」
(; ゚A゚)「は、母が倒れました・・・・・・」
/ ,' 3「・・・・・・・・・」
(; ゚A゚)「・・・・・・・・・」
/ ,' 3「・・・・・・・・・行きなさい。クーさんには私から言っておくから。」
(; ゚A゚)「・・・・・・・・・」
ダダダダダダダダダダダダダダ
/ ,' 3(どうも私だと緊張感に欠けるな・・・)

521 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:41:17 ID:oxh2042S0
同時刻 バーボンハウスフリースペース

щ(゚▽゚щ)「なかったね。結局。」
( ━〇∀〇)「ありませんでしたね。結局。」

(^ω^ )ξ*゚⊿゚)ξ イチャイチャクチャクチャ

щ(゚▽゚щ)「代山。あれ見ろ。」
( ━〇∀〇)「あら。あらあらあら。あら。ブーンとツンさん。ついにカップルに?」
щ(゚▽゚щ)「・・・・・・・・・」
( ━〇∀〇)「・・・・・・先輩もいつか出会えますよ。恋人にも、ICカードにも。」

/ ,' 3「あ、いた。おーい。クーさん。」
壁|; -゚)「シー!・・・・・・・・・あ。」
壁|;д^)「・・・・・・・・・」
ξ#゚⊿゚)ξ ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
(; ^ω^)「うはwwwツンが15分もかけてチビチビ食ってたクレープが手の中でグチョグチョになったお。」
壁|; -゚)「・・・・・・逃げるぞ!」
壁|;д^)「はい!」
ξ#゚⊿゚)ξ「愚か者が!消えよ!」
一ニ三ξ#゚⊿゚)ξ 一ニ三(;^д^)  一ニ三川;゚ -゚)

( ━〇∀〇)「流石にお姉さんでもこっそり見られてると頭にくるんですね。」
щ(゚▽゚щ)「だなー。」

523 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:45:06 ID:oxh2042S0
7時45分 孟徳宅

(#´卞`)「全く。妻を置いて何が劇ですか」 プンスカ
(・ω・)「いいじゃありませんか。ちゃんと年明けには帰ってこれるんでしょう。」
(#´卞`)「しかしだからと言って」 ウンヌン
(・ω・)「フフフ。卞さん私が帰ってからそのことしかお話になりませんわ。」
(; ´卞`)「そ、それはごめんなさい。」
(・ω・)「いえいえ。構いませんわ。」
(・ω・)「さて。とんくんや孟徳さんが帰ってくるまで退屈ですね。何か暇つぶしになる物は・・・・・・」
(´卞`)「そうね・・・・・・確か隣の部屋になんやかんやあったと思うわ。ちょっと待ってて。」
(・ω・)「じゃぁ、私はお茶でも入れてきましょう。お台所お借りしますよ。」
(´卞`)「はい。お願いします。」

(´卞`)「えーっと。たしかあの人が今日の為に人生ゲームやらモノポリーやらジェンガやら買ってたと思うんだけど・・・・・・」
(´卞`)「・・・・・・あ、あったわ。・・・・・・アッ!」
ドサ!

(・ω・)「!?何かしら今の音。」
Σ(;・ω・)「・・・・・・あ!べ、卞さんが倒れてる!ど、どうし・・・きゅ、救急車!」
(;´卞`)  ピクピク

526 名前:皆がバーボンハウス・・・ 7時の部[sage] 投稿日:2006/12/28(木) 18:47:48 ID:oxh2042S0
はい。四時間分(笑)投下終了です。
そして、明日のあらすじ・・・?



(;´∀`)「モナは年が明ける前に四週に上がれるモナ!?」
(;´・ω●)「ねーよwww」
モナーが四州?

{::::::O::O:!「・・・・・・あのしぃと言う小娘・・・・・・かどわかせますか?」
(;:;:;:;:;:;:;:)「・・・・・・生け捕り・・・・・・か?」
卓仲の陰謀と新たな刺客

(;´゚ω●)「お、おまわりさんだ!孟徳!止めて!」
ヽ(#`Д´)ノ「だまらっしゃい!そんな小役人ごときに俺は止められん!今行くぞ卞!」
二人の身に何が?

( ´・ω・`)「アー。テストテスト。みなさ~ん。お揃いですかぁ~。」
(・∀・)「チョウドイマカラハジマル!!」
そしていよいよパーティ開始。

投下はまた明日。それでは、さよなら~