※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

911 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:01:04 ID:TknCmVte0
11時15分 ニュー速市総合病院

(・ω・)「あ、孟徳さん!」
ヽ(;`Д´)ノ「おう文月!卞はどこだ!」
(・ω・)「卞さんは今は先生が診てます静かに。」
ヽ(;`Д´)ノ「うう。卞・・・」

ガラララ

(・ω・)「あ、先生。」
ヽ(;`Д´)ノ「先生!妻は・・・卞は・・・」
(´皿`)「・・・・・・簡潔に言いますと・・・」
ヽ(;`Д´)ノ「・・・・・・・・・」
(´皿`)「風邪ですね。熱があって、何か興奮する様な事があったため、お倒れになったんだと思います。」
ヽ(;`Д´)ノ「・・・・・・・・・」
(´皿`)「点滴終わったら帰っていただいて結構です。」
ヽ(`Д´)ノ「卞・・・」

ブォォォン、ブォォォン・・・

(・ω・)「あ、ケイタイが。ちょっと失礼します。」
ヽ(`Д´)ノ「・・・・・・・・・」
ヽ(`Д´)ノ(卞・・・・・・)

913 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:08:08 ID:TknCmVte0
同時刻 ニュー速市総合病院前

(・ω・)「はいもしもし。」
ケエサツ「あ、元文月さんですか?」
(・ω・)「はいそうです。」
ケエサツ「ニュー速県警ですが、先ほど元譲さんが逮捕されましたので、ご足労願えますか?」
(;・ω・)「え?」
ケエサツ「では。 ガチャ。」
(;・ω・)「え?・・・・・・惇君が・・・・・・逮捕?」

915 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:13:00 ID:TknCmVte0
最後まで書いたら後書きでもまとめに載せていただこうと思います。
何時に誰がどう動いていたのか、その話によってキャラクター一人一人にどんな効果があったのか。
なんと言いますか、目に余る未熟さをお許しください。

同時刻 ニュー速市総合病院前

(・ω・)「はいもしもし。」
ケエサツ「あ、元文月さんですか?」
(・ω・)「はいそうです。」
ケエサツ「ニュー速県警ですが、先ほど元譲さんが逮捕されましたので、ご足労願えますか?」
(;・ω・)「え?」
ケエサツ「では。 ガチャ。」
(;・ω・)「え?・・・・・・惇君が・・・・・・逮捕?」

917 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:16:05 ID:TknCmVte0
同時刻 ニュー速県警

( ゚゚∀゚゚)「で、本人の供述どうり、薬物反応は出なかったんだな?」
(*´・-・)「はい。」
( ゚゚∀゚゚)「チッ。」
(´・ω●)「チッ?今舌打ちした?チッって言った?」
( ゚゚∀゚゚)「おめぇには関係ねんだよ!」
(´・ω●)「・・・・・・ぶちこr」
( ゚゚∀゚゚)「あ?今なんか言ったか?」
(´・ω●)「・・・・・・別に。」

バン!

(#゚゚∀゚゚)「んだよその態度はぁ!」
(#´・ω●)「深く反省はしている。だが後悔はしていない!」
(#゚゚∀゚゚)「貴様ァ!警察なめてんじゃねぇ!」
(*´・-・)「警部。たった今未成年誘拐、殺人未遂、銃刀法違反等で、清涼会の卓仲と周泰平が連行されてきました。」
( ゚゚∀゚゚)「ん、お、そうか。じゃぁこいつはとりあえず留置所ぶち込め。」
(;´・ω●)「あ、それはちょっと・・・僕にも妻がいて・・・流石に無断で一晩帰らないってのは・・・・・・」
(#゚゚∀゚゚)「アホか!もう連絡したわ!」
(;´・ω●)「しちゃったの・・・・・・僕に無断で?」
(#゚゚∀゚゚)「うっせー!罪人に人権なんかないんじゃー!」
(;´・ω●);*´・-・)「ちょwwwおまwwwそれは流石に問題発言wwwwww」
(っ´u`)∩「知らんがな。」
(;´・ω●);*´・-・); ゚゚∀゚゚)「ちょwwwおまwww」

918 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:20:03 ID:TknCmVte0
同時刻 バーボンハウス

(,,゚Д゚)「さー。やっと最後の45分の準備ができました。」
6゚∀゚)( ゚∀゚)(´;д;)( ´_ゝ`)「wkwktktk!」(´<_`  )(-_-)(・∀・)ミ,,゚Д゚彡щ(゚▽゚щ)
(,,゚Д゚)(・・・お願いします。)
(メ▼▼)「・・・・・・おっけぇぃ。」
カタカタカタカタカタ・・・カチカチ!

6゚∀゚)「お、スクリーンになんか映ったぞ。」


(´・ω・`)本大会は(以下略
(´・ω・`)正々堂々と(以下略
(´・ω・`)…。
(´;ω;`)ウッ…。


(´;д;)「あ、この前の大会の開会式だ!」


三国志大戦 バーボンハウス大会
一回戦
( ´∀`) モナーvsツンξ゚⊿゚)ξ


6゚∀゚)( ゚∀゚)(´;д;)( ´_ゝ`)「おー。」(´<_`  )(-_-)(・∀・)ミ,,゚Д゚彡щ(゚▽゚щ)
(,,゚Д゚)「・・・よく間に合いましたね。お疲れ様です。」
(メ▼▼)「・・・・・・盛り上がってくれれば、それでいいさ。」

920 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:22:23 ID:TknCmVte0
同時刻 バーボンハウス倉庫

川 ゚ -゚)「じゃぁ、一人ドロンした者がいるけれどあらためて!」
( ^ω^)( 'A`)ξ゚⊿゚)ξ「大成功おめでとー!!!」(*゚ー゚)(´・ω・`)(●ω・´)/ ,' 3

パンパンパンパンパン
パフパフパフ
デンデンデンデンデン
シャンシャンシャンシャンシャン

(´・ω・`)「じゃぁ、僕はパーティに顔を出すから、皆で適当にやっててよ。」
( ^ω^)「こんなにたくさんのピザ、全部僕たちんだお!」
ξ゚⊿゚)ξ「お金大丈夫なの?」
(´・ω・`)「うん。スポンサーがいるから。」
( 'A`)「俺もボツボツ消えるわ。母さんが気になるし。」
(●ω・´)「俺も悪いが消えるぞ。惇兄と孟徳が心配だ。」
(*゚ー゚)「ドクオさん!市内の総合病院に行くんですよね!ご一緒します!」
( 'A`)「え・・・・なんd」 ハッ!
( 'A`)(もしかして・・・・・・母さんに紹介しろと・・・・・・それはつまり・・・・・・友達として?それとも・・・)
( '∀`)(・・・・・・この先はちょっと照れくさくて考えるのすら憚られるな。)
( '∀`)「んー。じゃぁ、いっしょに行こうか・・・」
( ^ω^)(キメェwww)
川 ゚ -゚)ジー。
/ ,' 3「・・・・・・・・・あー。クーさん。ちょっとよろしいですか?」
川 ゚ -゚)「はい。なんでしょう。」
・・・
・・

921 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:24:12 ID:TknCmVte0
919すいません。もう変更きかなかったんです。
まとめに乗ったときにでも(もし乗るならばの話ですが。)話を摩り替えましょう。

同時刻 バーボンハウス倉庫

川 ゚ -゚)「じゃぁ、一人ドロンした者がいるけれどあらためて!」
( ^ω^)( 'A`)ξ゚⊿゚)ξ「大成功おめでとー!!!」(*゚ー゚)(´・ω・`)(●ω・´)/ ,' 3

パンパンパンパンパン
パフパフパフ
デンデンデンデンデン
シャンシャンシャンシャンシャン

(´・ω・`)「じゃぁ、僕はパーティに顔を出すから、皆で適当にやっててよ。」
( ^ω^)「こんなにたくさんのピザ、全部僕たちんだお!」
ξ゚⊿゚)ξ「お金大丈夫なの?」
(´・ω・`)「うん。スポンサーがいるから。」
( 'A`)「俺もボツボツ消えるわ。母さんが気になるし。」
(●ω・´)「俺も悪いが消えるぞ。惇兄と孟徳が心配だ。」
(*゚ー゚)「ドクオさん!市内の総合病院に行くんですよね!ご一緒します!」
( 'A`)「え・・・・なんd」 ハッ!
( 'A`)(もしかして・・・・・・母さんに紹介しろと・・・・・・それはつまり・・・・・・友達として?それとも・・・)
( '∀`)(・・・・・・この先はちょっと照れくさくて考えるのすら憚られるな。)
( '∀`)「んー。じゃぁ、いっしょに行こうか・・・」
( ^ω^)(キメェwww)
川 ゚ -゚)ジー。
/ ,' 3「・・・・・・・・・あー。クーさん。ちょっとよろしいですか?」
川 ゚ -゚)「はい。なんでしょう。」
・・・
・・

922 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:26:29 ID:TknCmVte0
( ^ω^)「皆どっかいっちゃったお。残ったのは・・・」
ξ゚⊿゚)ξ ハッ!
ξ゚⊿゚)ξ(お姉ちゃんったら。またさっきと同じ・・・)
( ^ω^)「・・・・・・・・・」
ξ;゚⊿゚)ξ「・・・・・・」
(; ^ω^)(・・・・・・また二人っきりだお。いったい何なんだお。)
ξ;゚⊿゚)ξ「ブ、ブーン!」
(; ^ω^)「は、はい!」
ξ;゚⊿゚)ξ「ら、来年もよろしく!」
(; ^ω^)「こ、こっちこそだお。」
ξ;゚⊿゚)ξ(ああ、いったい何を話せば・・・いっそこ、こくは・・・)
(; ^ω^)「ツン!」
ξ;゚⊿゚)ξ「な、何?」
(; ^ω^)「そのぉ・・・あのぉ・・・・・・」
ξ;゚⊿゚)ξ「な、何よぉ。」
ξ*゚⊿゚)ξ(ま、まさかブーンの方から・・・?)
(; ^ω^)「・・・・・・・・・元譲さんどうなったと思うかお?」
ξ;゚⊿゚)ξ「・・・・・・・・・」
ξ#゚⊿゚)ξ「知ったことじゃないわよ馬鹿!」

バチーン!

(; ^ω^)「ダボォーン!」
ξ#゚⊿゚)ξ(もう!空気嫁ない奴!)
(; ^ω^)(引っぱたかれたお。いったい何なんだお・・・)


924 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:29:15 ID:TknCmVte0
11時30分 ニュー速県警面会室

(;・ω・)(とんくん・・・いったい何が?)

ギィ

(;・ω・)「あ、とんくん・・・」
(´;ω●)「ぶ、文月ぅ!」

ドカ!

(´;ω●)「グググ。この透明ガラスめぇ!」
(;・ω・)「いったい何があったの?」
(´;ω●)「ええと。車でまごまごしてたら孟徳がイライラしてきて、僕は車をすっ飛ばして・・・あ、どこぞのお店に突っ込んだんだ。」
(;・ω・)「ええ!!」
(´;ω●)「その後・・・・・・怪我してなかったし、怖かったから逃げたの。」
(;・ω・)「・・・・・・・・・」
(・ω・)「嘘でしょう?」
(´;ω●)「!」
(・ω・)「あなたはそんなことで逃げる人じゃない。そういう時はちゃんと素直に謝れる。そう言う人でしょう?」
(´・ω●)「・・・・・・・・・」
(・ω・)「それに、そもそもあなたは車をすっ飛ばすような人じゃないわ。むしろそう言うことはm」
(`。ω◎)「文月!!」

926 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:33:12 ID:TknCmVte0
(・ω・)「!!」
(`。ω◎)「・・・・・・面会時間は終わりだ。今日は面倒掛けてすまない。帰ってくれ」
(・ω・)(・・・・・・・・・)
(・ω・)「わかりました。では・・・」

バタン

(`。ω◎)「・・・・・・・・・」
(´・ω●)「・・・・・・・・・」
(´;ω●)(ごめんよ文月。ここでいらないことをしゃべると、孟徳に疑いが・・・)
( ゚゚∀゚゚)「・・・もういいのか?」
(´・ω●)「え、ええ。」
( ゚゚∀゚゚)「・・・何か隠してるな?」
(´・ω●)「別に。と言うか、さっきとキャラが・・・」
( ゚゚∀゚゚)「・・・・・・部下の前では「若き暴君」で通ってるもんでね。どう言うわけか。」


928 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:36:51 ID:TknCmVte0
同時刻 ニュー速市総合病院 201号室

( ´卞`) パチ
ヽ(`Д´)ノ「・・・卞。」
( ´卞`)「あ、あなた・・・」
ヽ(`Д´)ノ「大変だったな・・・」
( ´卞`)「き、今日は劇とやらに・・・」
ヽ(`Д´)ノ「お前は俺がお前よりあんなガキのレクレーションを取るような男だと思ってたのか?」
( ´卞`)「・・・・・・・・・」
ヽ(`Д´)ノ「お、お前みたいな使える妻。そうそう見つかるもんじゃないからな。ちょっと心配になっただけだ。」
( ´卞`)「・・・・・・うれしゅうございます。」
ヽ(`Д´)ノ「・・・・・・りんご剥けた。食え。」
( ´卞`)「あら。あなたでもりんごは剥けるんですね。」
ヽ(`Д´)ノ「馬鹿にするな・・・・・・」
( ´卞`)「・・・・・・」
ヽ(`Д´)ノ「何年ぶりだろうな・・・二人きりで話ができたのは・・・」
( ´卞`)「・・・・・・さぁ。」
ヽ(`Д´)ノ「・・・・・・お前が要る。俺より早く死ぬことは絶対に許さん。お前が長生きするためなら、俺はなんだってしてやる。」
( ´卞`)「・・・・・・はい。」
ヽ(`Д´)ノ「・・・まったく。鶏肋な大晦日だ。惇が捕まったが、お前と二人っきり・・・」
( ´卞`)「・・・・・・はい?」
ヽ(`Д´)ノ「・・・・・・あれ?言ってなかった?ここ来る過程で俺を助けるために惇が囮になってくれたんだ。」
(#´卞`)「あなた!」
ヽ(;`Д´)ノ「は、はい!」
(#´卞`)「ななな、何てこと!あなたって人は!」
ヽ(;`Д´)ノ「あ、安心しろ!吾に策有り!必ず惇はたs」
(#´卞`)「捕まって助ける方法じゃなくて、捕まらずにここに来る方法を考えなさい!」
バチン!

ヽ(;`Д´)ノ「スイマチェン!」
ヽ(;`Д´)ノ(あ、タクシーで来ればよかったんだ・・・・・・それなら惇も劇出れたし・・・)

929 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:38:42 ID:TknCmVte0
同時刻 ニュー速市総合病院 入り口

( 'A`)「悪いね。タクシーで送ってもらっちゃって。」
(*゚ー゚)「いいえ。それより、ドクオ君のお母さんは?」
( 'A`)「4階。」
(*゚ー゚)「そうですか。私は7階です。ではこれで。」

スタタタタタタタ

(; 'A`)「え?あれ?しぃちゃん・・・・・・何しにここへ?」


同時刻 ニュー速市総合病院705号室

ガララ
(*゚ー゚)「お父様!黒さんは?」
(//Д//)「し、しぃ!なぜここに!」
(*゚ー゚)「私達が入院するときはかならずこの部屋ですから。」
(//Д//)「・・・・・・友人といっしょにいなくていいのか?」
(*゚ー゚)「・・・黒さんも、私にとっては大事な友達ですから。」


931 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:40:45 ID:TknCmVte0
11時45分 バーボンハウスカウンター

(`・ω・´)「やぁ、ようこそぶらn・・・・・・じゃなかった、バーボンハウスへ。」
(´・ω・`)「兄さん。晩御飯食べた?」
(`・ω・´)「まだ。」
(´・ω・`)「そばを作ったんだ。一緒に食べよう。」
(`・ω・´)「ありがとう。」
(´・ω・`)「・・・・・・・・・」
(`・ω・´)「ズルズルズズズ・・・」
(´・ω・`)「・・・・・・お店大丈夫?」
(`・ω・´)「さぁな。何とかなるだろ。」
(´・ω・`)「・・・・・・やめたりしないよね。」
(`・ω・´)「・・・・・・・・・さぁな。」
(´・ω・`)「・・・・・・何でも言ってよ。力になるから。」
(`・ω・´)「・・・ありがとう。とりあえず、しばらく寝床をもらえればそれでいい。」
(´・ω・`)「・・・・・・」
(`・ω・´)「・・・これ食ったら外に立ってる。お客さんを迎える人間は一人で十分だ。」
(´・ω・`)「・・・・・・うん。でも、年明けの瞬間にはここにいてほしい。僕は奥でカウントダウンをしなきゃならないから。」
(`・ω・´)「ああ。了解した。」

934 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:44:29 ID:TknCmVte0
同時刻 バーボンハウスフリースペース

ξ゚⊿゚)ξ「まったくもう、ブーンったら・・・」
川 ゚ -゚)「まあまあ。」
( ^ω^)「おーい、ツーン。」
/ ,' 3「おや、噂をすれば・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、ブ、ブーン。」
( ^ω^)「僕達何か大事なこと忘れてる気がするお。」
ξ゚⊿゚)ξ「は?何よ。」
( ^ω^)「それが思い出せないからツンのところに来たんだお。」
ξ゚⊿゚)ξ「んー。何かしら。」
川 ゚ -゚)「・・・・・・あ、あれじゃないか?私が来たとき君達何かしてただろう。」
ξ゚⊿゚)ξ「え・・・何してたかしら・・・」
( ^ω^)「・・・・・・」
( ゚ω゚)「アッー!」
ξ;゚⊿゚)ξ「な、何?」
(; ^ω^)「くす球だお!くす玉に きがしんねん って書いてないお!」
ξ;゚⊿゚)ξ「謹賀新年ね。」
川 ゚ -゚)「そろそろ用意しないとまずいぞ。新年まであと10数分だ。」
(; ^ω^)「まずいお!急ぐお!」

⊂(^ω^ ;)つ三ニ一 ブーン!

ξ;゚⊿゚)ξ「あ、待ちなさい!謹賀新年も分からない奴には任せてられないわ!」
川 ゚ -゚)「いってらっしゃい。」

935 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:46:55 ID:TknCmVte0
同時刻 バーボンハウス前

(`・ω・´)「店があんなになっちまって・・・・・・どうしよう。」
(`・ω・´)「車が突っ込んできた店・・・・・・流行るとは思えない・・・お金も保険でどうこうできるレベルじゃない。」
(`・ω・´)「・・・・・・閉めるっきゃないかなぁ。」
ミ,,゚Д゚彡「ゲプ。食った食った。」
(`・ω・´)「あ、ありがとうございました。」
ミ,,゚Д゚彡「おりょ?シャキン店長。なんでここで木の葉はいてるのですか?」
(`・ω・´)「うーん。・・・・・・・・・平たく言えば、燃えちゃった。」
ミ;,,゚Д゚彡「うえ?そりゃ大変でしたね。」
(`・ω・´)「うん。」
ミ,,゚Д゚彡「大変だろうけど、頑張ってください。店長のお店の雰囲気大好きだから。」
(; ´∀`)「排出がまたダブってなきゃいいけど・・・嫌な予感しかしないモナ。」
(`・ω・´)「ありがとうございました。」
(; ´∀`)「え・・・店長なんでk・・・・・・・・・あ、シャキン店長だったモナ。なんでバーボンハウスにいるモナ?」
(`・ω・´)「お店燃えちゃって。」
(; ´∀`)「ええ!燃えちゃったモナ!?シャキン店長のお店好きだったのに・・・またお店できないモナ?」
(`・ω・´)「う、うん。できるといいんだけどね・・・」
/ ,' 3「うー。外は冷える。」
(`・ω・´)「ありがとうございました。」
/ ,' 3「あ、シャキン店長。ご苦労様です。」
(`・ω・´)「どうもありがとう。」
/ ,' 3「・・・・・・・・・お店、再開できることを心から祈ってます。」
(`・ω・´)「・・・・・・・・・・・・」
/ ,' 3「お店が炎上したと聞いた人は、皆口をそろえていっています「また再開してほしい」って。」
(`・ω・´)「・・・・・・・・・・・・」
/ ,' 3「これからも頑張ってください。」
(`・ω・´)「・・・・・・・・・はい。頑張ります。」
(`・ω・´)(・・・閉めるわけにはいかない。お客さんが求めてくれる限り・・・何があっても。)

937 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:50:20 ID:TknCmVte0
同時刻 バーボンハウス従業員控え室

(; ^ω^)「うおー!」

ババババババババ

ξ;゚⊿゚)ξ「ハァ、ハァ、あんた何お店で走ってんのよ。」
ξ;゚⊿゚)ξ「しかも謹賀新年って書いてな・・・・・・え!?」
(; ^ω^)「フヒヒ。サップライズってやつだお。きっと驚くお。」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・確かに、いいアイデアだわ。」
ξ#゚⊿゚)ξ(こういう心遣いができるのに、何で私の心が読めないのよ!)
(; ^ω^)「さー。くっつけるお!ツンも手伝うお!」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、はいはい。」

939 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:53:22 ID:TknCmVte0
同時刻 VIP市のどこか

(;●ω・´)「はぁはぁ、久しぶりに走った。病院までもうすぐ。まずは孟徳に会わないと。」
ピーピーピ、ピーピーピ、ピーピーピーピー

(;●ω・´)「む、孟徳から電話!」 ピ
ヽ(;`Д´)ノ「おう!妙才!今日は眠る暇はないと思え!」
(;●ω・´)「どう言うことだ?」
ヽ(;`Д´)ノ「俺達の先祖がコツコツ貯めてきた金、そして親父の力、全部使って惇を救出する。」
(;●ω・´)「・・・・・・・・・無理だろ。あんな大事になったんだ。」
ヽ(;`Д´)ノ「俺の親父を誰だと思ってる。国会議員の孟 嵩曹(たけ かさぞう)だぞ。報道規制くらいもうしてある。」
(;●ω・´)「あー。いっつも狭い職場で微妙な味の弁当を食ってる仲だからな。完璧に忘れてた。」
ヽ(;`Д´)ノ「俺は親父のおこぼれで仕事するんのはまっぴらだからな。ともかく、車もブレーキが壊れてたことにする。
       あいつの車、ついこの前ぶっ壊れてたから丁度いい。そして、警察のほうにも手を回しておいた。」
(;●ω・´)「それでは不十分だ。」
ヽ(;`Д´)ノ「安心しろ。あいつがのした警官に、先祖の貯めてた金をちょっと渡したらホイホイと忘れてくれた。」
       てか、警察事態に親父から圧力を掛けてもらった。」
(;●ω・´)「・・・・・・お前が小父さんにそこまでたよるなんて」
ヽ(;`Д´)ノ「惇のためだ。おかげで俺は親父に馬鹿でかい借りだ、クソ!」

941 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:56:50 ID:TknCmVte0
(;●ω・´)「元々お前が車すっとばしたからだろ。」
ヽ(;`Д´)ノ「幸い、けが人もいなかったそうだ。なんでもその店の店長が迅速に行動して、驚くほど早く店を空にしたそうだ。」
(;●ω・´)「あとはそのできのいい店長さんに金を積んで?」
ヽ(;`Д´)ノ「人の心を金で買う・・・・・・あんまりいい方法じゃねぇ。だが、他に惇を助ける方法が思いつかない。」
(;●ω・´)「まぁ、そんだけ手を回せば裁判で無罪になるのは可能だな。その店長さんも、顔ははっきり見てないだろうからな。」
ヽ(;`Д´)ノ「どんだけ汚い手を使ってでも俺はあいつを犯罪者になんかさせない。そのためだったら俺は何にでもなる。」
(;●ω・´)「・・・・・・なんか奸雄って感じだな。孟徳。」
ヽ(;`Д´)ノ「・・・褒め言葉として受け取ろう。ところでお前今どこだ?」
(;●ω・´)「お前の後ろ。」
ヽ(`Д´;)ノ「うお!お前走ってきたのか?」
(;●ω・´)「病院。意外と近いじゃないか。」
ヽ(`Д´;)ノ「・・・・・・・・・走らないでタクシー使えよ。」
(;●ω・´)「ああ。その手もあったね。」
ヽ(`Д´;)ノ「ともかく、今からいろんなところに頭を下げにいく。お前も手伝え。」
(;●ω・´)「できるかな。」
ヽ(`Д´;)ノ「するしかねんだよ。まるで浮世離れした、本当に無茶苦茶な話だがな。」


943 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 19:59:41 ID:TknCmVte0
同時刻 ニュー速県警留置所

(´-ω●)「・・・・・・・・・」
(´-ω●)(これでいいんだ。文月に迷惑がかかるけど、孟徳のためだ。僕が罪をかぶれば孟徳は・・・・・・・・・)

ガシャン。

( ゚゚∀゚゚)「おい、起きてる?たった今表の公園のゴミ箱を壊した奴がいる。」
(´-ω●)「・・・・・・それが何なの?」
( ゚゚∀゚゚)「あんたと一緒の部屋に入れろって聞かないんだ。いっしょにいてやってくれ。」
(´-ω●)「・・・・・・まぁ、どこの物好きだろうね。好きにどうぞ。」
( ゚゚∀゚゚)「・・・・・・入れ。・・・・・・じゃぁ、俺は仕事がありまっさかい。さいなら。」
(´-ω●)「・・・・・・なんで関西弁?」
(・ω・)「おじゃましまーす。」
(´-ω●)「・・・・・・あ、どうも・・・・・・て、」
(;´゚ω●)「うえええ!?文月!?」
(・ω・)「今日は孟徳さんから伝言を言付かってきました。」

カクカクシカジカウラトリヒキイホウコウイオヤノナナヒカリ

944 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 20:02:20 ID:TknCmVte0
(´-ω●)「・・・・・・・・・」
(・ω・)「今更どうこうできないって。惇君は承知しないだろうけど、もう外で暮らすしかないよ?」
(´・ω●)「・・・・・・でも、あんな大事故起こして、誰も責任を取らないなんてわけにはいかない。そうだろう?」
(・ω・)「都合のいい言い方だけど、責任の取り方は何も法律で裁かれることだけじゃないでしょう?
    孟徳さんには惇君が必要だって。孟徳さんがもう同じ過ちを繰り返さないように惇君が見守ることで、罪を償うってのは?」
(´・ω●)「そんな都合のいい・・・・・・大体、見守る役なら妙才で十分だ。」
(・ω・)「・・・・・・今更どうにもならない。止めることはできない。お願い。私と暮らして。」
(´・ω●)「・・・」
(・ω・)「あなたがいないと私は生きてはいけない。もうあなたと一緒じゃないなんて耐えられない。
    私はこの先何も望まない・・・・・・だから・・・」
(´・ω●)「・・・・・・文月。」
(;ω;)「悪いことだとはわかってる。でも、お願いだから・・・」

ギィィィィ

( ゚゚∀゚゚)「証拠不十分で釈放だ。二人とも出ろ。」
(´・ω●)「・・・・・・」
(;ω;)「お願い。」
(´・ω●)「・・・・・・・・・」

949 名前:皆がバーボンハウス・・・ 10時の部[sage] 投稿日:2006/12/31(日) 20:04:56 ID:TknCmVte0
数ヵ月後、ゲームセンター「ブランデーハウス」が、何ものかの支援を受けて業務を再開。
一説には店長シャキンが車を突っ込ませた者からの多額の賠償金を資金に立て直したと言う説があるが、
店長が多くを語らぬため、未だ持って真相は判っていない。


そして数年後。砕馬は警視監となる。
異例の出世に様々な噂が広まったが、有力なのは、
「国会議員孟 嵩曹の甥の起こした事件をもみ消し、
その見返りとして昇格した」との説だが、確たる証拠は全く発見されていない。


数十年後、孟徳はその生涯を閉じ、その後を追うように元譲が病死。
死に際、元譲は妻文月に「役目は終わった。君と暮らせて楽しかった」と呟いた。
葬儀の際、従兄弟である妙才は
「数十年、惇兄は良心の呵責に耐えていたが、当事者である孟徳はその様な様子は全くなかった。」
と友人に語っている。