648 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 21:10:49 ID:bd20WRYv0
('A`)「さて、俺の番か……次誰だっけ?」
ξ゚⊿゚)ξ「ブーンと言いアンタと言い……対戦相手ぐらい確認しときなさい」
('A`)「へ? 誰?」
( ^ω^)「しぃちゃんだお!」

( ゚д゚ )←ドクオです

ξ゚⊿゚)ξ( ^ω^)「こっち見んなwwwww」


店員「第二回戦第三試合、ええーと、しぃさんVSドクオさんでーす」


(´・ω・`)「うん、というわけで、しぃちゃん、ドクオ君、サテライトについてほしい」

(*゚ー゚)「ドクオさん、頑張りましょう♪」
('A`;)「ええ、ああ、よよよろしきゅお願いしみゃしゅ」

( ^ω^)「噛み噛みだお……ドクオ、落ち着くお」
('A`)「おおお落ち着け俺ー。冷静になるんだー」
( ^ω^)「ちょwwwおまwww今時、手の平に人の字を書いて呑むなんてやつも珍しいおwww」
ξ゚⊿゚)ξ「しぃ、がんばんなさいよ」
(*゚ー゚)「はい、頑張ってきます」
ξ゚⊿゚)ξ(無邪気ねぇ。ドクオもなかなか、大変よね……)

お互い同性の友人の言葉を背に、サテライトに着いた。
君主カードを入れ、カードを登録する。

649 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 21:11:48 ID:bd20WRYv0
('A`)(あああどうしよう、ドキドキする。負けたら格好悪い……好きな女の子に負けられない……いや、花持たせるべきか……いやそんなことしたら余計失礼……か?)
(*゚ー゚)「? ドクオさん、大丈夫ですか? なんだか震えてません?」
('A`)「え、ええそんなことは無いですよ。きっと冷房がきついんですね」

(´・ω・`)(冷房なんか入れてないんだけど……)

(´・ω・`)「準備できたみたいだね。それじゃ、二回戦第三試合、始め!」

ドクオの葛藤とは無関係に、試合開始を告げるショボンの声が響いた。


ドク軍
R田豊・UC曹仁・SR甄皇后・UC麹義・R荀彧・C袁兄弟・UC袁術

VS!

(*゚ー゚)軍
R周泰・R周喩・UC小喬・C陳武・C虞翻



※作中で右・左という描写がありますが、これに関しては視点がしぃ&ドクオでコロコロ入れ替わっても『ドクオ側から見た左右』で固定しています。

650 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 21:13:42 ID:bd20WRYv0
地形は、中央に荒れ地がある地形。櫓が、城門前に二つある。


('A`)(どうする? 落ち着けー。守る相手には攻城優先だ。だから、こうだ!)
(*゚ー゚)(うーん、あの女の子は舞い計略でしたよね……)

二人は悩んだ末、自陣に武将を配置。

('A`)(っと、兵法は……火計に保険か? それとも開幕攻城に賭けるか?)
(*゚ー゚)(兵法はこれしかないです!)

兵法を選択した。



ギギギギィィー
開戦!



ドクオは、柵要員であるUC袁術のみを自軍右端に柵を置き、残りの部隊全てを前線配置。

対するしぃは、柵を櫓に合わせ、城門前にハの字に横棒を足したような形で柵三枚を配置。ほぼ全部隊が柵の中で、UC小喬だけが柵の外にいる。

('A`)(これは、攻めるしかない)
(*゚ー゚)(あら? みんな前にいます……どうしましょう)

652 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 21:15:38 ID:bd20WRYv0
ドクオはC虞翻の弓をUC曹仁で集めながら、相手の城門の右端に、UC麹義、C袁兄弟、SR甄皇后を貼り付けにかかり、UC袁術とR荀彧でC陳武を狙う。

UC小喬、C陳武、R周泰を、乱戦させようと、しぃがカードを動かす。

迎撃!
<ナンダコイツハ!

と、動いてきたR周泰に迎撃をもらい、曹仁が一瞬で撤退する。

('A`)「おわっ!」
(*゚ー゚)「ラッキーですね」

慌てて、城門に向けていたC袁兄弟、SR甄皇后を、UC小喬、C陳武に向かわせるが……

迎撃!
<ダ、ダメェ

またしても陳武に迎撃をもらい、武将が撤退する。


( ━〇∀〇)「おや? ずいぶんお粗末ですね……一回戦とはまるで別人みたいですが」
(; ^ω^)「ドクオ、完全に舞い上がってるお……大丈夫かお?」
ξ゚⊿゚)ξ「これはしぃの勝ちかしら。お気の毒だけどね」


('A`)(麹義……入るか?)

迎撃を受けなかったC袁兄弟も程なく乱戦で撤退。弓を受け続けた陳武も撤退してしまう。

ドクオは気付いていないが、C虞翻の横弓で攻城妨害されていたUC麹義。UC小喬が乱戦に入り、すぐに撤退してしまう。

653 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 21:17:41 ID:bd20WRYv0
('A`)(ああ……一発も入らなかった……)

仕方なく、弓部隊を引き返させるドクオ。

(*゚ー゚)(すごく上手くいっちゃいました。田豊のおじいちゃんはまだ出てきてないですけど……これなら、今でも大丈夫♪)

後退する弓の部隊を尻目に、無傷の柵の裏側に戻ったUC小喬の、カットインが入る。

シュイン!
――流星の儀式準備――

('A`)(何やってんだ俺……こんな不甲斐ない戦いしちまって……)

もちろん、今攻めてもその発動を阻止することは出来ない。ドクオは、撤退した部隊の回復に専念することにした。

('A`)(まだまだ挽回できる。勝ち負けはともかく、しぃちゃんとの戦い。つまらない戦にだけは、したくない!)

撤退した部隊がおおむね回復し、出城準備を整えるドクオ。

<天よ、力を!

そこへ流星が飛来し、ドクオの城ゲージにダメージ。


('A`)(しっかりしろ俺! 行くぞ。今回は悲哀だ!)


<力を分けてあげるわ!

655 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 21:21:06 ID:bd20WRYv0
悲哀の舞いを発動し、ドクオ軍が攻めあがる。

柵に向かってくる敵軍を押しとどめるために、しぃも部隊を上げる。

('A`)(陳武か周泰が踏んでくれれば……)

ジャーンジャーンジャーン
<油断大敵じゃな

('A`)(周泰だな。よし、これで楽になr)

ジャーンジャーンジャーン
<よく来たな

(*゚ー゚)(こんなトコにいたんですね。危なかった……)

('A`)(……ですよねーorz)

R田豊とR周喩が伏兵を踏み合って出現。周喩は柵の中に引っ込んでいき、田豊は柵にダメージを与える間もなく、槍撃と弓で蒸発。

悲哀で、後続部隊が強化される。

('A`)(……で、俺は誰を睨んでいればいいんだ?)

UC曹仁とUC麹義を柵に向かわせ、C袁兄弟を右端の城門に向ける。弓部隊は荒れ地の上に配置し、柵破壊の援護に向かわせるが……

('A`)(士気的に、火計の二人はまだ少し無理そう……多分、漢の意地。……どっちのだ?)

R荀彧の視線が定まらない。とりあえず、被害の大きくなりそうなR周泰をマークすることにした。

656 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 21:21:58 ID:bd20WRYv0
(*゚ー゚)(うーん、周喩さんはまだ無理そうです。時間を稼がなきゃ……)

C虞翻がC袁兄弟に横弓し、UC小喬がC袁兄弟と乱戦。

そしてここで画面が暗転。

兵法レベル8! 『連環の法』!!

('A`)(ここで!?)

柵に悲しいくらい無力に、体当たりを繰り返していたUC麹義が、敵の集中攻撃にあい、撤退。悲哀の効果がさらに加算される。

ここで、弓を受けていた陳武が撤退。

ドクオは最大武力のUC曹仁を、仕方なく攻城の補助に向かわせるべく、C袁兄弟の方へ移動させる。
UC小喬が乱戦で撤退。C袁兄弟の近くで柵を壊しながら、乱戦に来る周泰を止めようとするUC曹仁。C袁兄弟の攻城が入りそうになったその瞬間。

<焼き払え!

('A`)「ってアッー!」

まさにその瞬間に、遠くからC袁兄弟とUC曹仁を焼き殺すR周喩。
弓の部隊が一気に武力上昇する。が、最初の田豊の分の悲哀効果はとっくに効果切れ。もうすぐ、麹義の分の悲哀効果も切れる。

('A`)「無警戒すぎだろ俺……常識的に考えて……」

657 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 21:23:06 ID:bd20WRYv0
(-_-)「火計って怖いですよね……」
(,,゚Д゚)「上手く焼かせて対処するしかない。ドクオなら、R荀彧もいるし。対抗手段はいくらでもあるさ」
(`・ω・´)「デッキによってはどうしようもない場合もあるけど。それに対処手段があると言っても、残り時間わずか、城ダメが取りたい。そんな状況の火計は、かなり怖い」
( ゚∀゚)「ドクオ、いい感じに手玉に取られてるじゃねぇかw」
(´・ω・`)「あの連環は士気が溜まるのを待つためだったんだね」


('A`)(くそ、もう一度、ゆっくり体勢を立て直すしかない)

ドクオは、弓を少し下げる。

しぃも、無理に追わず、全部隊を城の中に戻して部隊の回復に務めることにした。

(*゚ー゚)(もう一回の火計と、トカゲさんでなんとかできるはず)

('A`)(ん? SR甄皇后は潰しに来ないのか。なら、この勝負勝てる!)

しぃがラインを上げてきたときのために、念のため募兵のUC袁術だけを柵の場所に置き、残りを全て城に収容するドクオ。

658 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 21:24:42 ID:bd20WRYv0
全部隊が再び回復。動いたのは、当然ドクオ側だった。

<攻撃あるのみじゃ!

SR甄皇后を含む全部隊に隙無き攻勢をかけ、攻めあがる。
弓部隊だけを盤面中央でマウントし、残りの部隊が全部隊、城門から右端までの城壁に向かってくる。


(*゚ー゚)(残り時間もそんなに残ってないですし……守りきれるはずです)

しぃはUC小喬は戦力にならないと判断、無防備のドクオの城壁に、端攻城をしかける。

('A`)(上手くいってくれよ)

ドクオは如才なくUC小喬をR荀彧で処理。

そして、ドクオは残りの部隊を、柵めがけて突っ込ませた。当然、R周泰とC陳武が迎え撃つが、如何せん数と武力に差がありすぎる。

そんな2対5の乱戦の最中、突然に一騎打ち!

曹仁VS陳武!

('A`)(ここでかよ……あんまり必要ねぇなぁ)
(*゚ー゚)(勇猛持ちですし、トカゲさんならきっと)

('A`)ノシ∩  激!  激!  強!  無双!  失敗!

(*゚ー゚)ノシ∩  激!  強!  失敗!  無双!  無双!


666 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 22:30:06 ID:bd20WRYv0
ガキーン!
<これで流れは俺たちのもんだ!

(*゚ー゚)(ああっ、トカゲさんが……。あ、でも、ドクオさん、気付いてないみたい)

しぃは、R周泰を柵の裏に下げ、わざと柵を壊させる。そして、固まった部隊が雪崩を打って柵の裏側に入ってきた瞬間。

<全てを灰燼と帰さしめよ!

<ナンダコイツハ!
<ヒッ、ヒィ
<ウゥー
<バ、バカナ、アリエナ…

待ちかまえていたC虞翻が、全部隊を焼き払った。


(*゚ー゚)(これできっと守り切れまs

しぃが安堵の息を吐くと同時、画面がここで暗転!

兵法レベル7! 『再起の法』!!

('A`)(読み通り!)
(*゚ー゚)「ああっ!」

667 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 22:32:55 ID:bd20WRYv0
ヽ(`Д´)ノ「ほう、これは」
(´・ω●)「良いデスコン」
(●ω・´)「これが『焼かせる』って事なのか……」


こっそりと生き残ったR荀彧の武力は11。瞬く間に、射程内にいたR周喩を射殺し、更に他の武将に襲いかかる。

(;*゚ー゚)(あわわ……大変です!)

しぃは慌てて生き残った武将を、城内に戻す。R荀彧は、その隙に左側の、柵一つと櫓を破壊して、マウント状態に移行する。

そして、火計で焼き払ったそのわずか数カウント後に、モクモクとドクオの城から煙が上がる。

<攻撃あるのみじゃ!

再び全部隊が、今度はR荀彧の作った道がある左側から攻めあがる。

しぃは、ギリギリまで部隊を引きつけて、出城。

<へy
<ご苦労様です

が、渾身のR周泰の漢の意地も、反計されてしまう。

残された時間は少ない。ドクオ軍が次々と城壁に張り付いていく。

<やっちまえ!

乱戦と横弓で攻城妨害を試みるしぃだが、再びドクオの隙無き攻勢が展開されるに至り、敗北は必至となった。

落城までには時間が足りなかったが、7割の城ゲージを奪い、ドクオの勝利となった。

669 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 22:35:37 ID:bd20WRYv0
(´・ω・`)「二回戦第三試合は、ドクオ君!」

( ^ω^)「ドクオ……最後の田豊は、なかなか大人げなかったお」
('A`)ビクッ

ξ゚⊿゚)ξ「そうねぇ。あれ、やらなくても勝てたんじゃない?」
('A`)グサッ

(*゚ー゚)「ドクオさん……」
('A`;)「ええと、あの」

(*゚ー゚)「ありがとうございました。敵いませんでしたね」
('A`)「そんな……最初のほうはやばかったし、負けると思ってたですよ」
(*゚ー゚)「そんなことないです。ドクオさん、やっぱり強いです。凄く楽しい対戦でしたよ。でも、その……」

少し口を尖らせて、しぃは少し拗ねたようにドクオを見つめる。

(*゚ー゚)「……ちょっと悔しかったです。また今度、一緒にやりませんか?」

('A`)(また今度一緒にまた今度一緒にまた今度一緒に)

('∀`)「ははははい、喜んでゅ!」
( ^ω^)「肝心なところで噛むなお……」

('A`)(それにしても……良かったぁ。しぃちゃんに嫌われたら生きて行けねぇよなぁ)

670 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 22:36:21 ID:bd20WRYv0
胸をなで下ろしているドクオのそばに、ツンが寄ってくる。

ξ゚⊿゚)ξボソ「変に手加減しなくて良かったわね」

('A`)ドキッ

('A`)ボソ「おっ、お前……そんな余裕無かったって」
ξ゚⊿゚)ξボソ「あら、そうかしら?」
('A`)「……」
ξ゚⊿゚)ξ(私も人のこと言えないか……)


(*゚ー゚)「ドクオさん?」
('A`)「え?」
(*゚ー゚)「次の試合が始まるみたいです。見に行きましょう♪」
('∀`)「はい、行きましょう!」

ドクオとしぃが連れだって、センターモニターに歩いていく。

ξ゚⊿゚)ξ「ふん、別に、羨ましくなんか……ないんだから」
川 ゚ -゚)「ツン、何をぼーっとしている?」
( ^ω^)「ツンも早く行くお!」

ξ//⊿//)ξ「……しょうがないわね。一緒に行ってあげるわよ」



 ――続――

671 名前:二回戦第三試合[sage] 投稿日:2007/05/29(火) 22:39:27 ID:bd20WRYv0
生まれて初めてさるさん喰らったぜ……ご迷惑おかけしました。
支援してくださった皆さん、お付き合いくださいまして、ありがとうございました。

ちょっと時間の推移が分かりづらかったかなー、と反省。残りカウント書いた方がやっぱり良いのかしら(´・ω・`)

では、次の作者さんに更なるwktkを!