※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

( ^ω^)の初戦相手となった( ゚∀゚)は翌日。。
(作者さんはブーンの初全国戦を書いた方です)
21 名前: 初心者狩りの『プライド』 1/6 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 01:16:40 ID:TXATrQqg
(;゚∀゚)「全く、昨日は散々な目に遭ったぜ。店員から説教喰らうわ、ゲーセンに1ヶ月出勤禁止に
     なるわでよ」
( ゚∀゚)「だが、これぐらいでへこたれる俺様じゃないぜ! 
     さ~て、他のゲーセンでも行って、今日も初心者狩りでもするかな~♪」

どうやら、ジョルジュはとことん根性が曲がっているようです

そして、とあるゲーセンに到着した( ゚∀゚)であったが…

( ゚∀゚)「ふぅ、やっとゲーセンに着いたぜって……ん?」

(´;д;)「ウワーン、返してよ~」
(#゚д゚)「ガキのくせに、こんなキラキラなカードを持ってるなんて生意気なんだよ! 
    罰としてこれらのカードは全部俺がもらう!!」

─三国志大戦のサテライトに目を向けると、小さい子がDQNにカードをせびられている様子が目に映った

(;゚∀゚)「おいおい、変なDQNちゃんがいるよ。周りに他の人や店員はいないし、助けは誰も来そうにないな…。
    揉め事は勘弁だから、知らん振りして事が終了するまで待つか…」

(#゚д゚)「第一、テメェみたいなガキの風情が三国志大戦やっていることがムカツクんだよ。
     さっさとこのカード諦めて、ガキは家に帰って、チャーハンの練習でもしてろってんだ」
(´;д;)「そのカードはニイチャンからもらった大事なカードナノ~。カエシテヨー」
(#゚д゚)「ガキが何言おうが、俺の耳には入らないんだよwwww」

( ゚∀゚)「…………」

─目を瞑ろうと思った。その場から去ろうとも思った。だが、何故かその場から一歩も離れない自分がそこにいた

そして─


22 名前: 初心者狩りの『プライド』 2/6 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 01:19:06 ID:TXATrQqg
(#゚∀゚)「おい! そこのDQN!!」
(#゚д゚)「あぁ!? なんだよテメェは!!」

(#゚∀゚)「お前にはプライドってものがないのか!? テメェみたいな馬鹿を見るとこっちまでイライラするんだよ!!」
(#゚д゚)「……何を勘違いしてるのか知らんが、そこのガキは俺との賭けに負けて喚いてるだけなんだぜ?」
(´;д;)「ダッテ、そこの人が『ヤラナキャ、カードヘシオルゾ!!』って言うから…」
(#゚д゚)「ウルセェ! ガキは黙ってろってんだよ!!」

( ゚∀゚).o0(成る程、そういうことか…)

─つまりは、カードを賭けた試合を嫌がる小さな子に無理やりやらせ、小さな子が負けたことにより
DQNがカードを取り上げているという場面に出くわした─と解釈した

( ゚∀゚).o0(やっていることは弱者をいたぶる初心者狩りと似ているが、
奴の場合は『プライド』ってものがねえんだよ…)

( ゚∀゚)「Ok、把握した。じゃあ、今からお前と俺が試合をして、俺が勝ったらその子にカードを返してやれ」
(#゚д゚)「ホホゥ、ならば、お前が負けたらどうする気なんだ?」
( ゚∀゚)「俺が負けたらおっぱいうp…じゃなくて、俺の持っている全てのカードをやろう。
     貴様程度の雑魚に負けるようじゃ、俺が三国志大戦続ける義がないも当然だからな」
(#゚д゚)「ナンダト!? 面白い! その賭け、受けてやろうじゃねえか!!」
(´;д;)「…………」

( ゚∀゚).o0(プライドの差ってもんをDQNに見せてやろうじゃねえか)

(#゚д゚).o0(ククク、変な事態になっちまったが、これでどうやら俺が失ったカード分を取り戻せそうだなwww)

こうして、初心者狩り( ゚∀゚)とDQN(#゚д゚)の試合がきって落とされた


23 名前: 初心者狩りの『プライド』 3/6 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 01:22:19 ID:TXATrQqg
─店内大戦─

( ゚∀゚)軍  十二州
SR呂布(西涼) R董卓 R馬超(西涼)
VS
(#゚д゚)軍 九州
R馬超(蜀) UC張飛 UC法正 UC馬岱 C簡雍

─相手のデッキを見たお互いの思惑─

(;゚∀゚).o0(ゲッ!? 挑発持ちの法正!! しかも、相手は伏兵・槍多めの蜀デッキかよ!?
     下手に伏兵踏んで、開幕乙には気をつけなきゃな…)

(#゚д゚).o0(西涼馬単のケニアか。相性的にはバッチリだから、この試合もらったなwwww。
      いっきに兵法:増援でカタをつけてやるwww)

両者思惑を抱えたまま、いざ!! 開戦!!!

フィールド:焼け野原(中央に火炎地帯有り)

序盤
(#゚д゚)は右端にR馬超、UC張飛を配置。( ゚∀゚)は伏兵が怖いのか、全軍城前に整列している

( ゚∀゚).o0(左端から知力の高い董卓で攻城したいところだが、伏兵踏みの董卓がいなくなると
      守りが手薄になってしまうな…)

何とか董卓で伏兵を一掃したい( ゚∀゚)であったが、張飛が槍で牽制してくるため探すのにてこずってしまう

(#゚д゚)「オラオラ!! 早く、伏兵を掘り当ててみろってんだwww」
(;゚∀゚)「クッ!!」

UC張飛の槍でじわじわとラインを上げていく(#゚д゚)軍。気づけば、城の手前まで迫っていた


25 名前: 初心者狩りの『プライド』 4/6 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 01:28:57 ID:TXATrQqg
(#゚д゚)「ホラホラww 攻城準備中に入っちゃうぞwww」
(;゚∀゚)「ここは呂布を城内に下げて、董卓と馬超で乱戦だ」

乱戦を仕掛けようと、董卓と馬超(涼)が馬超(蜀)と張飛に接近する。だが、それはいけなかった

ジャーンジャーンジャーン♪
 <ココニイルゾ!!
ジャーンジャーンジャーン♪
 <オロカモノメガ!!

 <マダダ! マダヤレル!!
(;゚∀゚)「なに!? 同時に伏兵を当てるだと!?」

馬超(涼)が馬岱と法正を踏んだため、城に戻る間もなく、撤退
残った董卓だけでは敵軍に対抗出来るわけなく、馬超(蜀)と馬岱の連突に遭い、あえなく撤退してしまう

(#゚д゚)「こりゃ、試合にならねぇなあwwww」
(;゚∀゚)「こっちにはまだ呂布がいるんだ。攻城はさせねえぞ」

張飛&馬岱に城に張りつかれ、攻城させまいと独り城から出て奮闘する呂布であったが…

(#゚д゚)「そろそろ頃合だな」 ポチッ
挑発発動!!
 <ワレノコウゲキヲトメラレルカ

(;゚∀゚)「しまった!! 攻城妨害をしていた呂布が城からはがされちまった!」
(#゚д゚)「それだけじゃねえぜwww」

ジャーンジャーンジャーン♪
 <カカレィ!

(#゚д゚)「挑発には敵を伏兵に当てる使い方もあるんだぜ? こんな腕でお前12州かよ?www(プゲラ」


26 名前: 初心者狩りの『プライド』 5/5 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 01:30:51 ID:TXATrQqg
(;゚∀゚)「…ここは再起で体制を立て直すしか」 ポチッ

兵法Lv8 ─再起の法─

しかし、再起の法を使うも復活するのが遅れ、張飛 馬岱 簡雍に攻城されてしまう
 <ヒルムナー、ススメー!!
 <ジョウモンヲコジアケヨ

(#゚д゚)「ここは一気にカタをつけさせてもらうぜwww」 ポチッ

兵法Master──!! ─増援の法!!─

( ゚∀゚)「フッ、やっぱり増援か。だがな、俺にはこれがあるんだよ!!」 ポチッ

赤兎咆哮発動!!
 <ハアァァァ!!

(#;゚д゚)「チッ、赤兎呂布がいるのを忘れてたぜ」

赤兎呂布の活躍により、城に張り付いていた張飛 馬岱 簡雍を撃破することに成功するが…

プスッ♪ 『 迎 撃 ! ! 』
 <セキト、ココハヒクゾ!!

(#゚д゚)「だけど、赤兎呂布の計略ってのは移動速度が上がるから槍には弱えんだよwww」
( ゚∀゚).o0(だが、邪魔な奴らは撃破出来た。よくやってくれた…呂布よ…)

その後、残った兵で兵力を削りあい、お互いの全軍が城に戻りあう結果になったも
( ゚∀゚)は半分もの城ゲージが削れるという痛い痛手を負ってしまった


58 名前: 初心者狩りの『プライド』 後編 1/5 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 03:03:33 ID:TXATrQqg

中盤
( ゚∀゚)は巻き返しを図ろうと仕掛けるも、攻め手にも守り手も少ないケニアデッキでは
相手に大打撃を与える隙も無く、法正+槍の脅威もあるわでなかなか攻めあぐんでしまっていた

(#゚д゚)「アーヒャッヒャwww そんなチキンな攻め方じゃ、俺に逆転おろか勝つなんて無理だぜwww」
(´;д;)「オニイチャン……」
( ゚∀゚).o0(我慢だ…、ここは我慢するしかない。耐えてくれ…、呂布 董卓 馬超よ…」

そして、撤退・撃破という文字を何度も重ね続け、試合は膠着状態のままで最終局面へと向かっていった

終盤  残りカウント30
( ゚∀゚)は最後の可能性をかけて、全軍出撃させる
(#゚д゚)の軍もこれに応戦するため、法正を筆頭に軍を出撃

(#゚д゚)「そろそろトドメを刺させてもらおうかなwww」
( ゚∀゚)「それはこっちの台詞だ。せいぜい余裕ぶっこいて、足元すくわれないことだな(プゲラ」
(#゚д゚)「何だと!? 大体、西涼馬単ケニアっていうネタデッキ使ってるお前にそもそも勝ちなんて零なんだよww」
( ゚∀゚)「それを慢心って言うんだよ。これからがこのデッキの真髄の見せ所さ」

( ゚∀゚)の馬超が戦陣をきって、敵軍に向かって突撃してきた

(#゚д゚)「ヘッ、そんなヘボオーラ覆った馬なんて法正で迎げ…って、何ー!?」

(#゚д゚)が法正の槍で迎撃を取ろうと思った最中、忽然と馬超(涼)が槍の手前で止まり、馬オーラを散発させていた

( ゚∀゚)「迎撃を無くすために、槍の手前でオーラを無くす技術\\\\\"ピタ止まり\\\\\"。
     お前も大戦者の端くれなら、それぐらい分かるだろ?」

ピタ止まりで挑発迎撃を防いだ馬超(涼)はそのまま法正を乱戦状態にもちこみ、後方から呂布&董卓で突撃
一瞬の内に、脅威であった法正を撃破することに成功した


60 名前: 初心者狩りの『プライド』 後編 2/5 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 03:06:42 ID:TXATrQqg
(#゚д゚)「だが、俺のデッキは法正だけじゃねぇ!! これでも喰らえ!」 ポチッ ポチッ

大車輪戦法発動!! by張飛
『自身の武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う』

一騎当千発動!! by馬超(蜀)
『自身の武力が上がり、敵の計略の効果を受けなくなる』

(#゚д゚)「アーハッハッハww この高武力の二人で守れば、お前は攻城すら出来ないだろ!?」
( ゚∀゚)「……憐れだな」
(#゚д゚)「ハァ!? 何言ってんだテメェは!!」

( ゚∀゚)「お前はまるっきり三国志大戦の兵法というものを忘れてる。そんな何も考えずに計略連発させるよう
    じゃ、カードも可哀想ってもんだぜ」
(#゚д゚)「ウルセェ!! 世の中ってのは勝てばいいんだよ。これから負ける弱者のお前は黙ってろってんだよ!!」
( ゚∀゚)「……じゃあ、今回はお前が黙る番だな」 ポチッ

赤兎咆哮発動!!
 <ハアァァァ!!

(#゚д゚)「ハ? 何やってんだてめえは? そんなの張飛の大車輪で迎g…」
( ゚∀゚)「これを見ても、そう言ってられるかな?」 ポチッ

『  英  傑  号  令  !  !  』

人 馬 の 大 号 令 b y 董 卓
 <オノレノヨクスルママニイケィ!!
『範囲内の味方の騎兵の武力と移動速度が上がり、槍の迎撃ダメージを受けなくなる』

(# д ) ゚ ゚ 「……迎撃を無効にする計略だと!?」

─( ゚∀゚)「全てを喰らい、全てを蹴散らせ…呂布よ…」─


61 名前: 初心者狩りの『プライド』 後編 3/5 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 03:08:19 ID:TXATrQqg
赤兎咆哮+人馬の大号令で、武力35で迎撃無効の呂布が敵陣へと突撃していく
その動きはまさに飛将軍と呼ばれることだけあり、触れるものを一瞬のうちに撃破していった

固まっていた(#゚д゚)の軍は呂布という一騎の騎馬だけで全滅するという有り得ない結果になっている

(# д ) ゚ ゚ 「…………」
( ゚∀゚)「終わりだな…」

( ゚∀゚)は残った全軍で城門に張り付かせる。もはや、( ゚∀゚)の攻城に誰一人として邪魔するものは
戦場からいなくなっていた

──ペキンペキンペーキン!!
 <セキトヨ、マタワレラノショウリダゾ!!

(# д ) ゚ ゚ 「…………」

(#゚д゚)はまだ信じられないといった様子で画面を見つめていた。たかが一騎、されど一騎の騎馬に
誰が全滅すると想像したであろうか?

( ゚∀゚)「西涼馬単のケニアだからといって、なめてかかったお前の負けだ」
(#゚д゚)「……テ、テメェ!!!」
( ゚∀゚)「おっと、約束は約束だ。お前はさっさと奪ったカードをガキに返して、家にでも帰って
    チャーハンの練習でもしてろってんだwww(プゲラ」
(#゚д゚)「チ、チクショー!!!」

(#゚д゚)は小さな子から奪ったカードを盤台に投げつけると、足早にその場を去っていった


62 名前: 初心者狩りの『プライド』 後編 4/5 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 03:09:55 ID:TXATrQqg
( ゚∀゚)は丁寧にそのカードを拾い上げ、小さな子の方に差し出した

( ゚∀゚)「ホラ、お前のカードだぞ」
(´;д;)「エ? でも、勝負に勝ったのはオニイチャンなんだし、そのカードはオニイチャンノ…」
( ゚∀゚)「バーカwww                 大事なんだろ?」
(´;д;)「…………ウン!!!!」
( ゚∀゚)「だったら、おっぱいうpだのまんこうpだの言わずにさっさとカードを受け取れよw」
(´;∀;)「ウン! オニイチャン、アリガトー!!」

小さな子は嬉しそうにカードを受け取ると何度もお辞儀をし、ゲームセンターを址にした

( ゚∀゚)「ありがとう……か」

(・∀・)「人助け、カッチョイイ!!」
(;゚∀゚)「ウワ!? って、お前いつからそこにいたんだ?」

突如現れた(・∀・)〔(・A・)でもある〕に驚く( ゚∀゚)

(・∀・)「シアイガハジマルマエカライタヨッテ、イイ!!」
(;゚∀゚)「なんだよ? じゃあ、事の成り行きをまるっとずっと知ってるってわけか」
(・∀・)「ヤッパリ、キミハイイ!! ヒト」
( ゚∀゚)「オイオイ? 俺はただ、あいつのやり方がむかつくから許せなかっただけだぜ。それに…」
(・∀・)「ソレニ?」

(*゚∀゚)「あいつのデッキケースから面白そうなカード 一 枚  盗  っ  た  しなぁ。アーヒャッヒャッヒャww」

(・A・;)「……ヤッパリ、コノヒトイクナイ……」

こうして、初心者狩り( ゚∀゚)は>>75というカードを手に、次なる初心者狩り(?)に備えることにした

        ~ 終 劇 ~


63 名前: 初心者狩りの『プライド』 後編 5/5 [sage 疲れたorz] 投稿日: 2006/07/23(日) 03:11:46 ID:TXATrQqg
オマケ♪

(#゚д゚)「チクショーーー!!! 俺があんなケニア風情なんかに負けるなんて!!」

家の帰宅途中に暴れ撒き散らすDQN、そこに…

???「あの人イクナイ…」
覆面A「小さな子からカードを無理やり取り上げようとしているプレイヤーは彼だね?」
覆面B「君、ちょっとそこの路地裏まで来て  や  ら  な  い  か  」
(# д ) ゚ ゚「ちょwwwおまwww  なにをするやめrくぁwせdrftgyふじこ」

こうして、DQNは旅立った(?)

教訓:年齢差別をせずに、マナー良く、三国志大戦を楽しみましょう♪

        ~ 終 劇 ♪~