( ^ω^) ブーン 五州→大尉
主人公。行きつけのゲーセン「バーボンハウス」にて店長から勧められて三国志大戦を始める。
まだ成長途上だが、数々の上級者プレイヤーとの出会いを経て得たものは大きい。
店内の比率が高いため州の上がり方が遅く、狩りと勘違いされてしまったことも。

('A`) 毒男(君主名:ドク) 五州→四品→一品 
もう一人の主人公。ブーンと一緒に店長に勧められて大戦を始めた。
ブーンに比べると対戦の頻度は低いが、いろいろな人から教わっている故か腕はほぼ互角。
品の上がり方がブーンよりも遅いのはプレイ回数が少ないというだけ。

ξ゚⊿゚)ξ ツン 覇者→大尉(良将)
ブーンに恋心を抱くも、なかなか素直になれない女の子。現在大尉。
勝てるデッキを使おうといろいろ考えるのだが、姉の影響あってかそこまで偏らない。
勝ちに執着していたがためにスランプに陥ったこともあるが、現在は脱している。

(*゚ー゚) しぃ 四州→六品 
ドクオの彼女(?)。何気にその道のお嬢様だったりする。
そんな彼女が大戦を始めた理由は不明だが、何やら事情がある様子。
初心者ながら流星をうまく使い、順調に上達している。

( ´∀`) モナー(君主名:ろくでモナ) 三州→七品 
ブーンとドクオの同級生。二人より先に大戦を始めていた。
が、幸か不幸かあっさり二人に抜かれてしまっているのが現状。
頑張れ第二の主人公。

( ^Д^) 宝(君主名:金宝) 二州→八品
ブーンとドクオの同級生。金持ちで文武両道だが、良くも悪くもそれを感じさせない。
SR袁紹を見つけて「運命だ」とそれを購入、袁紹軍のカードをコンプリートしてしまった。
3.1になり袁勢力が漢として復活、漢の大号令をメインに使っている。

川 ゚ -゚) クー 三州→五品
ツンの姉。ツンの影響で大戦を始めた。
三国志フリークで、関羽が大好き。関羽やそれに関連した将の話になると目の色が変わる。
大人な女性のためか、様々なキャラと親交がある。ギコとのやりとりは必聴に値する…かも。

(・∀・) ジサクジエン 七州→五品
神出鬼没のプレイヤー。規律にうるさいところがある。
喋るときは半角カナに漢字を交えることが多い。全角も使えるが、疲れるらしい。
一度はジョルジュを通報したが、それがきっかけで奇妙な友情が芽生えた。

( ゚∀゚) ジョルジュ長岡 覇者→一品(良将) 他IC一杯(狩り用)
ケニア使い。ブーンの全国初戦の相手で、その時は初心者狩りをしていた。
だが相応の実力はあり、時折その片鱗が垣間見られる。
狩りから助けたことがきっかけで坊やに懐かれている。

(,,゚Д゚) ギコ 覇王→大尉(勇将)
昔はDQN、今は大尉。昔あまりのDQNぶりに、店長にカードを没収されてしまった事がある。
その後、ある事件をきっかけにして立派な大戦プレイヤーに生まれ変わった。
普段は色々なバイトを転々とし、仕事中は丁寧な言動を取る等、公私をキッチリ使い分ける。
時折バーボンハウスに彼女と出没する3DQNに似ているが、関係は不明。

щ(゚▽゚щ) 山田 八州→二品(大戦1では二品)  
ドクオとブーンの同級生。神速使いで、SR張遼(またはLE張遼)は絶対にデッキから外さない。
「速度上昇は武力上昇を凌駕する」というのが信条。代山の先輩でもある。
決めゼリフは「お前のやったことは全てエブリシングお見通しだ!」

( ━〇∀〇) デューク代山 覇王→大尉(一般兵/策士/勇将)
山田の後輩。現在大尉(一般兵/策士/勇将の称号を使用)。物腰丁寧な店内頂上常連。
メインは全突だが、騎馬主体なら何でも扱う。ネタデッキがガチに化けることでも有名。
クーとは別ベクトルの三国志好きでもある。眼鏡は伊達とのことだが、真偽は不明。

/ ,' 3 荒巻スカルチノフ 覇王→司空(英雄/勇将/書記官)
ゲーセン「ソニックブーム」の大戦プレイヤー。英雄で、現在司空。
固定デッキがなく、既存のデッキを一ひねりしたものを使う。スタイルは戦局型。
代山と何らかの関係があるようで、代山のプレイングには荒巻に影響されたような部分がある。

( ´_ゝ`)(´<_` ) 流石兄弟 兄者:二州→六品  弟者:覇者→大尉(良将)
飛天使いと呉バラ使いの凸凹兄弟。弟の方が腕は高い。
兄者はパンツ見たさに飛天を使いまくる。弟者は兄を殴りつつ、兄にアドバイスをする。
弟者が単独でプレイすることは少ないが、その際はレベルの高いプレイを見せてくれる。

ミ,,゚Д゚彡 フサギコ 六州→三品(良将)
フサギコ屋の店長(らしい)。何故か馬を全く使わない。
まだ腕は未知数だが、弓阿蒙や弓中心に編成した回復の舞デッキを使ったりと、
なかなかこれから目が離せないプレイヤーでもある。

(´;д;) 坊や 三州→九品
災難続きの少年。何故かDQNに絡まれまくる。
ジョルジュに助けられて以来彼に懐いており、時々一緒にプレイしている。
兄がおり、君主カードや武将カードはもらったものを基にしている。

(o゚ω゚) プニプニ 十州→三品(良将)
何大后大好きなワラワラデッキ使い。「一部の希望もない用兵の奥義」を数多く持つ(笑)。
メインデッキの総武力が13だったり、組むときに奇行を見せたり、いろいろと変わっている。
イヨウを見てすごく動揺していたが、理由は現時点では不明。

(=゚ω゚)ノ イヨウ 十三州→四品(良将)
超絶号令使い。語尾に「~よう」と付く話し方をする。
超絶号令を使いこなすだけあって腕は高いようだが、超絶号令の性格故かまだ四品である。
プニプニとの関係は不明だが、少なくとも二人はかなり似ている。

川^ー^) ラグ 覇王→一品(勇将)
覇王プレイヤーだったが、いったんは覇者に降格。そして最近覇王に返り咲き、現在は一品。
語尾によく「~w」がつく。腕はそれなりにあるようだ。
NEET的な言動がしばしば見られる。

(-_-) ヒッキー 一州→九品
ブーンとドクオの同級生。一見女の子と見紛うほどの美少年だったりする。
ビギナーズラックか初心者離れしたプレイを見せ、店長を驚かせた。
いきなり騎馬単を使ってみたり、ジョルジュや代山に教わったり、結構面白い遍歴を持つ。
現在のデッキは人馬。代山に師事している可能性もあり、これからの化け具合いに期待。

(´・ω・`) ショボン店長 表では十四州→二品(良将) 裏では魏皇帝→丞相(大英傑/史家)
我等が店長。バーボンハウスを一人で経営している。頼れる人物で、人望も厚い。
大戦の腕も相当なもので、なんと元魏皇帝。ただ、知っている人の前ではあまり見せない。
夜中はサングラスを装備し「天頂」としてプレイしているが、マッチング運は"最悪"の域。

(`・ω・´) シャキン店長 表では覇者→一品(良将) 裏では征涼覇王→丞相(英傑/史家)
ショボン店長の兄。ゲーセン「ブランデーハウス」を経営する。
ショボン店長と同様に大戦の腕は高く、こちらは元征涼覇王。特に人に隠すそぶりはない。
夜中はショボン店長とお揃いと思われるサングラスを装備し、一般客に紛れて大戦に勤しむ。

ヽ(`Д´)ノ 孟徳 覇者→大尉(良将/書記官)
元覇王。現在は大尉。妻である卞に頭が上がらない。曹操が好き。
高圧的な言動のため敵を作りやすいが、人を見る目もある。なんだかんだで結構熱い人物。
背が低く、そのことをかなり気にしている。

(´・ω●) 元譲 覇者→二品(良将)
おしゃれ眼帯の孟徳の従兄弟。気のいいあんちゃん的なキャラ。妻の文月とは和気あいあい。
孟徳にはよく暴言を吐かれるが、いつものことと受け流している。
真島カードをこよなく愛し、人にも勧める。孟徳にも勧めるが、その都度つっぱねられる。

(●ω・´) 妙才 二州→七品
孟徳の従兄弟。孟徳と元譲の影響で大戦を始めた。元譲とは逆の目に眼帯をしている。
攻撃的なデッキを好み、初心者ながら攻城兵を使ったりもしている。
人間的に大成している部分があるようで、言動は非常に落ち着いている。

( ゚゚∀゚゚) 砕馬 覇者→一品(良将)
強者を求めるプレイヤー。「セガワールドワロス」をホームにする。現在一品。
いろいろなゲーセンを渡り歩いては強者を見つけて「ギャッピイイイ!」が基本パターン。
注意すべきは本人そのものは至って真面目で正常なことである。奇声はあくまで心の中でだけ。

(メ▼▼) グラサン 十四州→司空(英雄)
店長いわく「ネタの猛虎」。マナーもよく、人は見掛けによらないというのを地でいく。
一度引退している。その後も頻度は低いが時々やっている様子。腕は衰えていない。
決めゼリフは「相手が勝ち誇ったとき、そいつは既に敗北している…」

6゚∀゚) 劉備 三州→五品
耳はちょっとデカいけど、魅力あふれるいい男。計略コンボを得意としている。
技術は粗削りだが、士気コントロールはうまい。劉備だが、蜀にこだわったりはしない。
今のところツボにハマれば一撃必殺の一発屋デッキを好んで使っているようだ。

(*‘ω‘ *) ちんぽっぽ 九州→四品
いつもぼいんぼいん跳ねてる白馬象使い。
傍若無人な態度で(;><)を振り回すも、店長が(;><)の彼女と思ってるほど仲良し。そもそも性別不詳だけど。
大戦では攻めすぎて自爆することもあるが、時折計算なのか気まぐれなのか解らない理不尽なプレイで相手を蹂躙することも。
3.1で象が復活し、現在は白馬象・象鮑・牛金入り飛天象などを使用している。

(;><) わかんないんです 十州→四品
いつも困った顔の多色悲哀使い(現在は苦楽使い)。困りごとの8割は相方のちんぽっぽに振り回されることによる。
考えすぎなほど堅実なプレイをする割には、些細なミスなどで何故か結果に結びつかないこともしばしば。
ある意味では彼が一番悲哀に満ちているのかもしれません><

( ・(ェ)・) クマ(君主名:釣られるクマ) 十州→四品(良将)
昔は小喬や大虎等、流星を主に使っていたが、アクシデントにより紛失し、今はR呂姫(またはEX呂姫)を主体としたデッキを使う。
語尾に「クマ」を付けて話す。良くも悪くも人間臭い(クマなのに)。
感情に左右されやすい所があるが、最終的に間違った判断は決してしない、強い所がある。
ブーンに負けず劣らず女性キャラ好きで、その時萌えてるキャラをデッキに入れるが飽きも早い。

(゚д゚.) BUTI. 十二州→二品
近くで医院を開いている、いい男を探すのに目がないニューハーフ。
異性も同性も魅了する美貌の持ち主で、中身もれっきとした女性だが、やはりオカマ。
ただ性癖も女…つまり、アッー。
断金の交わりという言葉が何故か好きらしく、デッキには必ず孫策か周瑜(軍師含む)を入れている。
稼動当初からやっているが仕事と男探しが忙しいため、あまりプレイが出来ない。

( ・∀・) モララー 十二州→三品(良将/史家)
史実デッキをこよなく愛する、暑すぎる男。
ガチ18禁の言葉をゲーセンで平気で吐いたり、高圧的な態度のせいで誤解されやすいが、本人は至って良い奴。
イメージトレーニングによって生み出される一騎討ちテクはかなりのもの。

リ´〇_〇ル さくら(君主名:桜花) 覇王→大尉(名将/勇将/書記官)
ドクオの従姉妹。クーの後輩でもある。隣町のゲーセン「AAジョイポリス」をホームにしている。
冗談を言うのが好きで、大戦中も言っているがプレイ自体は真面目。スキルより立ち回りや戦略眼に優れるタイプ。
わりと面倒見が良く、カードを大事にする(かぶっても他者に譲るかリサボに入れる、絶対捨てない)。
メインであった袁が漢として復活、呉と使いわけている。
「デッキにはリーダーが必要や」というポリシーがあるので君主系は必ず入れる(漢の君主=献帝)。

( ΦωΦ) ロマネスク 覇王→大尉(英雄/勇将)
グラサンの古い友人。グラサン曰く「喧嘩は相当強い」らしい。
メインデッキは無いが、豪快な性格で攻めを重視したデッキを好む。
槍も馬も弓も上手い、という完璧超人っぽいが実は開幕乙などのガン攻めする相手には弱い。

( ΦωΦ) ジュニア(君主名:ロマネスク) 十四州→二品(良将/書記官)
ロマネスクの息子。父を慕っていて、君主名は父の名前を借りている。
弟者の対戦では連合を使っていたが、恐らくメインは魏。
グラサンと対決した際に後一歩の所で敗れたものの、腕はかなりのものだろう。

ノパ⊿゚) ヒート 覇王→大尉(勇将)
ロマネスクの妻であり、ジュニアの母親。グラサン曰く「喧嘩はロマネスクより強い」らしい。
そのせいか、大戦でもロマネスクより強い。ボーイッシュな性格で、20代と間違えられる事が多い。
メインは無いが、グラサンとの対決で神速を使っていた事から攻めを重視したデッキを好むと見られる。

( ●●) 阿部(= ( ○○) メガネ) 魏皇帝→司空(大英傑/書記官)
しぃの護衛。しぃの兄であるギコの事も知っており、捨て子からいるという組の古参。
その実力は三国志大戦でも発揮し、2では魏皇帝となっている。
阿部さんの名前は伊達ではないようで、ガチホモ……アッー