※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

708 名前:家のクーラーが壊れた[sage] 投稿日:2007/08/21(火) 17:36:37 ID:7isk5AnE0
ごく普通の居間に二人の女性がいる。
しかし、なにやら騒いでいるようだ。

川゚-゚)「…………」
ξ;゚⊿゚)ξ「姉ちゃん、いくらリモコンのボタンを押しても無駄だって……」

姉らしき女性がリモコンをクーラーに向けてボタンを押し続けている。
しかし、クーラーは何の反応もしてこない。

川#;゚-゚)「ええい、このクーラーめが! こんな時に壊れるでない!」
ξ;゚⊿゚)ξ「怒るともっと暑いんじゃない……? それに、壊れたのはそもそも
      姉ちゃんが寝ぼけてクーラー目掛けてリモコンを投げて両方とも壊したからでしょ」

怒るクーにだるそうに収めようとする妹のツン。
その言葉を聞くと、「む……」と唸りながら諦めたように座る。

川;゚-゚)「……バーボンハウスにでも行くか」
ξ;゚⊿゚)ξ「そうね。あれなら涼しいかもだし……」

二人とも窓の外を見て、深い溜息を吐く。
それもそうだ、ニュースで33度と宣言されており外を出るのは自殺行為だからだ。

川;゚-゚)「仕方あるまい、バーボンハウスに行けばその暑さなど吹き飛ぶ」
ξ;゚⊿゚)ξ「じゃあすぐ行きましょう」

玄関から出て、駆け足でバーボンハウスへ向かう。
しかし、そのバーボンハウスの冷房も壊れていた真実を知らなかった二人(+店長とその他)は地獄の狭間(と鬼の形相)を見る事になったとか。

終わり