※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

106 名前: (’A`)の全国(前)1/2 [sage ] 投稿日: 2006/07/23(日) 04:53:18 ID:FCI4VcVc

(*'A`*)「よーし、俺の番だからパパはりき(ry」
先ほどのすばらしい試合の後の自分の番で興奮気味だったドクオ。
柄にもなくほほを高潮させ、意気揚々とコインを用意する。
ξ゚⊿゚)ξ「あ、あんた、ちょっとデッキと持ってるカード見せてみなさい。
      たとえ資産は無くても今のデッキはバランスが悪すぎるわ。
      それじゃあ勝てる勝負も勝てなくなるわよ」
(*’A`)「お、すまんな、じゃあお言葉に甘えて…」
どこかしら違和感。
(’A`)(ツンは上級者だ、初心者である俺の発想より
     彼女のアドバイスは正確に違いない。
     しかし、人に任せてしまっていいのか?)
だが、それを押し隠してドクオはツンへカードを渡した。
単純に渡したほうが強くなれると思ったからである。
( ^ω^)「あ、ドクオばっかりずるいお!ブーンも見て欲しいお!」
ξ*゚⊿゚)ξ「ブーンのはあとで真剣に見てあげるから待ってなさいよね!」
(;’A`)(おいおい、俺には真剣に見てくれないのかよ…)
少し不安になるドクオ。
渡した全資産。と言ってもたいした数があるわけではない。
真剣に選ぶツン。その横顔を見たドクオは
(’A`)(やべwww惚れそうwww)
なんて思うのだった。


107 名前: (’A`)の全国(前)2/2 [sage ] 投稿日: 2006/07/23(日) 04:56:48 ID:FCI4VcVc

ξ゚⊿゚)ξ「それにしても本当に初心者なのねぇ…ぜんぜん資産がないじゃない…」
ぶつぶつとツン。R田豊に手がかかるが、
(’A`)「ああ、その紫のジジイははずさないでくれ。
     ブーンからもらった大切なカードなんだ」
ξ゚⊿゚)ξ「…ブーンからもらった…!ば、バカッ!
      そんなのっ、ちっともうらやましくなんて無いんだからねっ!」
ギャーギャーと文句を言いながら、その中からツンは
1:R田豊 UC淳于瓊 C周倉 C金環三結 SR張角 C裴元紹 C袁兄弟
2:UC甘寧 C凌統 C呂範 C祖茂 R田豊 
の二つのデッキを用意した。
淳于瓊に関しては少し前に破ったカードをセロテープで張り合わせたものだ。
二度とカードを破るなとブーンから怒られたため反省し、
マスターがこれでも十分使えるからと言ってこの処置をしてくれたらしい。
C裴元紹、C袁兄弟の二枚はツンが偶然ケースに入れっぱなしだったカードを
無理やりデッキとして作るためにはめ込んだらしい。
ξ゚⊿゚)ξ「2パターン作ったけどどっちがいい?
     1番は数が多くて扱いにくいかもしれないけど、ポテンシャルは高いわ
     2番は隙無き攻勢で攻めて火計で止めを刺す一般的なデッキになるわ
     きっとどっちもあなた程度の腕じゃ勝てるはずが無いんだけどねっ!
     なによ、ブーンからカードもらったくらいでいい気になって!
     ヤキモチなんて焼いてないんだからね!」
(#’A`)「なんだと…」
すこしムカつくドクオ、しかしこれもツンなりの照れ隠しだとスルーすることにする。
足りていないカードも追加してくれ、ツンなりに真剣に作ってくれたとわかったからだ。
(’A`)「俺が選ぶデッキは…」

1:一番
2:二番

アンカ>>110の回答で。


156 名前: (’A`)の全国(後)1/7 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 11:29:05 ID:FCI4VcVc

(’A`)「なら俺は一番のデッキを選ばせてもらおうかな。
     数でいやらしく攻めていくって感じの戦術だろ?
     間違いなくそういうののほうが性に合ってる」
にやりと笑いながら言うドクオ。
(´・ω・`)「ふむ、ドクオ君はワラワラ型のデッキか…」
うなづくマスター。何か考えるところがあるらしい。
ξ;゚⊿゚)ξ「あんた…根性捻じ曲がってるわね。友達いないでしょ?」
(;^ω^) 「ドクオ…らしいけど正直キメェwww」
(#’A`)「うるっせぇよ!」
二人からの激励(?)も受け取り筐体へコインを入れるドクオ。
メニューから選ぶのはもちろん全国大戦。
はじめは群雄伝で練習と今まで言っていたが、
あんな勝負を見た後でコンピューターとは戦えない。
城の絵が現れる。流れる文字は自らの軍勢。
一州 指揮官 ドク軍 進行値~~~
(’A`)「さぁ、どんな相手が来る…?」
自らを奮い立たせるような物言い。ドクオ2度目の全国大戦だ。
前回はなすすべも無く敗れた悔しさを忘れてない。前より強くなったはずと言い聞かせる。
ジャジャーン「大戦相手が見つかりました」
(*’A`)「!…ゴクリ…」


157 名前: (’A`)の全国(後)2/7 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 11:32:30 ID:FCI4VcVc

ドドーン
二州 都尉(´_>`)軍
デッキ:ST孫権 UC甘寧 SR周瑜 UC韓当
デッキを見てブーン以外の二人はホッとした顔だ。
(´・ω・`)(相手もどうやら初心者のようだな…デッキのバランスも何もあったものじゃない…)
ξ#゚⊿゚)ξ「あんた、私の組んだデッキでこんなのに負けたら許さないんだからね!」
カードだけでデッキの強さがまだわからないブーンは無邪気にドクオを応援。
開幕配置。~~地形は障害物無しの平野~~
ドクオは片寄せ型で端攻城を狙うポジションを作る。ちゃっかり逆サイドに張角を置いて囮を狙うのも忘れない。
(´・ω・`)「うん、ドクオ君、では始まりのようだ」
ドクオの戦いが始まる…!


158 名前: (’A`)の全国(後)3/7 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 11:33:29 ID:FCI4VcVc


開幕!
相手は城門前に甘寧、すぐ横に孫権と韓当という形。柵は城門前、片攻めに関係ない位置。
ドクオの開幕配置を見て慌てたように韓当を張角へ矢を打つように、
他の二体を他の武将が来るほうへ向ける。
( ^ω^)「相手はベタ引きだお、伏兵は一体だけだしガンガン攻めるお!」
(’A`)「そうだな、相手は枚数も少ないしここでリードを奪うべきだ」
進軍していくドクオだが素早い対処により金環三結がプスプスと弓矢を射られて撤退。
このタイミングで逆サイドの張角も撤退。しかし周倉、淳于瓊が敵の城に取り付く。
(’A`)「このまま壁一発もらう…!」
後ろから直進し立ち止まる騎馬2体。7枚と多いカードに処理が追いついていないのだ。
ξ゚⊿゚)ξ「あ、ちょっと!そんなに不用意に近づけば…!」
ジャジャーン!SR(=周=)「思ったとおりだ」
(;’A`)「なっ…こんな位置で伏兵なんて…」
グギャ!(`周´)「覚えてやがれぇ!」
そのまま周瑜は淳于瓊へと移動する。ドクオは明らかに動揺し手が止まっていた。


159 名前: (’A`)の全国(後)4/7 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 11:34:35 ID:FCI4VcVc

ξ#゚⊿゚)ξ「ちょっと!なにやってんのよ!早く馬をばらすの!」
指示に従い慌てて袁兄弟を走らせるドクオ。その瞬間に
SR(=周=)「この炎からは逃れられん…!」
ボボボボーン!「後は任せた…」
UC淳于瓊、C裴元紹が範囲に巻き込まれ燃え尽きる。ギリギリのタイミングで袁兄弟は範囲から外れた。
(;^ω^)「ちょwww相手も死んだけどドクオいきなりピンチだおwww」
R田豊も巻き込まれ伏兵状態を解除し、ダメージを受ける。
(;’A`)「なんだ?伏兵が解除されたぞ?」
(´・ω・`)「ダメージ計略は相手の伏兵でもダメージを与えられるんだ、
       そして食らったカードは伏兵を解除させられてしまうのさ」
(;^ω^)「なるほどだお…恐ろしいお、ドクオ!気をつけるお!」
(#’A`)「言うのがおせぇよ!ブーン!くそっ…残りのジジイと兄弟だけでも帰らせる…!」
今が好機と追ってくる相手の弓兵3枚をなんとか兄弟一人で牽制し相手を遅らせる。
その活躍あって田豊は城に帰りそして金環三結が復活。
(’A`)「よかった…これでしのげる…」
急いで出城させると不利と見たか対戦相手もワタワタしながら退却する。
序盤はお互い痛みわけ、いや、相手の士気損か。
相手の攻勢を危なく何とかしのいだドクオ。一息入れる。


160 名前: (’A`)の全国(後)5/7 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 11:36:04 ID:FCI4VcVc

(´・ω・`)「うん、よく序盤をしのいだね。ここからはこちらのペースでいけるよ」
ドクオの手元では業炎に焼かれた武将が復活し回復中。士気は最大。
つまりお互い体勢は万全、にらみ合いの時間。
(’A`)「そろそろ攻める…か?」
(´爺`)「攻撃あるのみじゃ!」
中盤くらいで全隊掛けの隙無き攻勢、左右両翼に散開し敵城へと進ませるドクオ。
( ^ω^)「みんな強いお!これなら押しつぶせるお!」
(;’A`)「押し込んでさっき大変なことになったんだよ…でも…」
相手の城の右端と左端からモクモクと土煙があがる。
ξ゚⊿゚)ξ「なに考えてるのよ!また焼かれるわよ!」
(’A`)(大丈夫…作戦は考えてる…)
左右4:3に分けた部隊。相手は4部隊に固めた方へ周瑜を出す。
武力8が1人では乱戦では隙無きのかかった4部隊はとめられない。
左の3部隊は武力の差から相手の3枚でも防衛が間に合わない。
相手は再起を視野に入れ防衛のために4部隊まとめて業炎を打つ!


163 名前: (’A`)の全国(後)6/7 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 11:48:56 ID:FCI4VcVc

(;^ω^)「ちょwwwドクオまた焼かれたおwww」
ξ゚⊿゚)ξ「だから言ったじゃないのよ!」
しかし、にやりと不適に笑うドクオ。
(’A`)「いや…これでいいんだ…!」
火計に入っていたのは「張角、田豊、周倉、裴元紹」の4枚。逆サイドには「UC淳于瓊 C金環三結 C袁兄弟 」の3枚。
どちらへ火計を打たせてもバックの士気で太平要術が使え、最悪痛みわけ。
うまくいけば攻城が成功すると予測しての「作戦」。
ドクオの作戦は見事に的中した。
(´爺`)「まだ若いな」
ガシャーン!ガシャーン!
(*’A`)「うまくいった…!」
満足げな微笑みを浮かべるドクオ。自分の推測どおりにことが動いたのが何よりの快感のようだ。
兵法LV1!再起の法!(がおー)
慌てて再起を叩くが、時既に遅し。
リードは奪われ、相手に逆転の要素はもう残されていなかった。
(´・ω・`)(…荒削りだがすばらしい思い切りの良さだ…
      ドクオ君は一試合ごとに成長していくな…)
あせった相手は無理攻めを繰り返し、自らリズムを崩していく。
結局この攻防で奪ったリードを守りきり、ドクオが見事にこの試合を制した。


164 名前: (’A`)の全国(後)7/7 [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 11:49:42 ID:FCI4VcVc

ξ゚⊿゚)ξ「まさかあそこでわざと『焼かせる』なんて思っても無かったわ…意外とやるじゃない」
( ^ω^)「よくわからないけどドクオが勝って良かったお!ブーンも負けられないお!」
(’A`)「いや、うまくいってよかったさ。
    頭のいいやつはダメージをくらいにくいって話だったから
    それに相手も初心者だったみたいだからさ」
(´・ω・`)「いや、わざと焼かせるってやり方に気がついたドクオ君が上手だったのさ」
みんなから褒められて顔を真っ赤にするドクオ。
(*’A`*)「…たいしたことじゃねーよ…ブーンからもらったカードが強くて…」
ピンポーン…コンティニュー時間切れです…カードを忘れ(ry
(;’A`)「あ」
(;´・ω・`)「あ」
みんなに話しかけられてついコンティニューを忘れてしまったドクオ。
(’A`)「マスター、やっぱり…」
(´・ω・`)「うん、排出交代なんだ、すま(ry」
マスターはそういって排出されたカード、ICカードなどを手早くドクオに渡す。
(’A`)「融通きかねぇなぁ…さて…なにかな…」
ペリペリ…中身は…C逢紀。
ξ;゚⊿゚)ξ「…攻城兵とは、マニアックな兵種ね…」
(;^ω^)「この出っ歯キメェwww」
(;’A`)「…紫のカードなら今度デッキに入れてみるか…」


165 名前: (’A`)の全国(後)last [sage] 投稿日: 2006/07/23(日) 11:50:52 ID:FCI4VcVc

(’A`)「さ、今日はもう遅くなったから帰るよ、じゃあな」
帰り支度をするドクオ。もう日は落ちてしまった。きっと家で母が心配している。
( ^ω^)「そうかお?ブーンはもう少しツンに教えてもらってから帰るお」
ξ*゚⊿゚)ξ「な、なによ!かわいそうだから教えてあげるんだからね!」
そのままギャーギャーと騒ぎ始める二人。
(’A`)(やれやれ…この二人の邪魔してたら馬に蹴られちまいそうだな…)
(´・ω・`)「またいつでもおいで、このバーボンはサービスだか(ry」
(’A`)「…はい、いつでも」
そういってバーボンハウスを出る。
夜空はどんよりと曇り、まだ梅雨時の空をいっそう陰鬱なものにしている。
しかしドクオの心のなかは新しい友人と今日のゲームとで、輝いていた。
(’A`)(あ、そういや来週俺誕生日じゃねぇか…)
ふと思い出す。今年はバーボンハウスに行こう。あそこなら誰かしら祝ってくれるし…
(’A`)「欲を言えば、彼女でもできねぇかなぁ…」
そう誰にとも無く祈り、家路を急ぐのであった。