※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

253 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:09:01 ID:6FNZebQu0
(;o゚ω゚)「…………」

白い部屋の中に、プニプニが深刻そうな表情で立っている。
目が覚めたら白い部屋でどこなのかも分からない。
そんな状況だから当然なのだが――

(o゚ω゚)(あ、夢か)

このプニプニは、別格だ。

「目覚めたようですね。早速ですが、扉を開いて先へ進んでください」

(o゚ω゚)「ああ、分かりました」(夢なら流れに乗っていかないとな)

(……おや? 随分物分りが良いですね。まさか、目的を知っているのでしょうか)

それにしても、この人は深読みしすぎである。

プニプニは様々な色で7と書かれた扉を開き、先へ進む。
そこには三国志大戦の筐体と――

щ( ▽ щ)「…………」

虚ろな目をした、神速使いの山田がいた。
流石に空気が読めない男でも状況は分かるはずだ。

(;o゚ω゚)(リアルな夢だな)

それなのに、こいつは……以下略

254 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:12:30 ID:6FNZebQu0
「さて……君は山田君と戦って貰います。バージョンは2.00。“ゲーム”は後一回負けるとあなたたちの敗北ですよ」

(o゚ω゚)「…………」

後一回負ける、と言われてもまったく反応しない。
図太い性格をしているのか、はたまた――

(;o゚ω゚)(ちょwwww思い出したwwww負けると人生オワルとかどんだけwwww)

錯乱しすぎて反応できないか、だ。

「デッキは自由に組んでも構いませんが、勢力は呉以外の全てを入れてもらいます」
       ______
      /  \    /\ どんな条件なんだ……
    /  し (>)  (<)\
    | ∪    (__人__)  J | ________
    \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          |
         ↑多分読者
         ____
      /  \    ─\   チラッ
    /  し (>)  (●)\
    | ∪    (__人__)  J | ________
    \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          |
         ↓↑恐らく読者
         ____
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | ________
     \:::::::::   |r┬-|  / | |          |
    ノ::::::::::::  `ー'´   \ | |          |

255 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:17:24 ID:6FNZebQu0
――読者の皆様、本当にすみませんでした――

無茶苦茶な条件だ。
常人ならばそう思うだろう。
だが、このプニプニはネタと言われているデッキを知り尽くしている。

(o゚ω゚)「うーん、仕方ないなぁ……山田君、厨デッキでフルボッコしちゃうから先に謝っとくよ」

プニプニはそう言うと、部屋の中を見回してカードの山を見つけるとその側に行き
デッキを組んだ。

そして、三国志大戦の筐体に近づき、差し込まれていたICカードを奥へ差し込む。

――対戦相手が見つかりました――

プニプニ軍 一州 勝率----
『R顔良 UC周倉 C張繍 R楽進 C張梁 UC蔡文姫』

山田軍 一州 勝率----
『SR張遼 R徐晃 UC司馬懿 UC李通 R楽進』

(o゚ω゚)(総武力が異常に高く、飛天の弱点である人馬にも大車輪で対応可能。
     さらに、単体強化ではトップクラスの使いやすさを誇る顔良。
     多色でよくある士気溢れを防ぐ為にも楽進を投入。完璧すぎて怖いぐらいだ)

こいつの話を聞くと、どうもガチに聞こえてしまうから困る。

二人とも配置を終え、画面に朱雀と龍が書かれている扉が開かれていく。
その先には何もない平原があった。

プニプニの配置は右端に密着しており、開幕から攻めていく配置だろう。
対する山田は、城門に騎馬が並んでいた。

258 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:21:33 ID:6FNZebQu0
――開戦――
開戦の音が鳴り響く。
その瞬間、両者の部隊が一気に動き出す。

プニプニは張繍を壁にするように槍兵と歩兵、そして騎兵を動かす。
山田も張繍が近くに居る事を分かっているのか、余りラインを上げてこない。

しばらくの間、睨み合っていたが89cにその沈黙は破られる。

ジャーンジャーンジャーン
『伏兵』「張繍」
いよっ、ご苦労さん
ジャーンジャーンジャーン
『伏兵』「司馬懿」
まんまとかかったな

張繍と司馬懿がお互いに踏む。
それを見たプニプニは騎兵を司馬懿めがけて突撃する。

『撃破』「司馬懿」
読み違えたわ
『撤退』「張繍」
くそう、まるで敵わん

周倉の槍で威嚇しつつ司馬懿を撃破するものの、槍オーラを掻い潜って張繍に突撃され、撤退してしまう。
それに構わず張梁を周倉の槍で援護しつつ城壁まで進ませ、騎兵でマウントを取ろうとする。

対する山田は、李通を逆側の左端で攻城に向かわせて張遼と楽進を城へ戻らせる。
李通の攻城を阻止する為、楽進を戻らせた。

260 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:26:14 ID:6FNZebQu0
その時、画面が明るくなる。

『周倉』                『徐晃』
『 プニプニ軍 』 対 『   山田軍   』

(o゚ω゚)ノシΩ「よし……」

― 無双 激 無双 無双 激 ―


△  ×  ○  △  ×

          『敗北』
        ―DEFEAT―


『周倉』                『徐晃』
『 プニプニ軍 』 対 『   山田軍   』
――へっ、俺の大斧、効いたろう?――

『撤退』「周倉」
ぐぅあぁぁぁ

(;o゚ω゚)(なんという禿……これは間違いなく山田君はリアル勇猛持ち)

周倉と徐晃の一騎討ちが起こり、敗北して周倉が撤退する。
これでは拙い、と考えたのだろうか張梁を置いて他はすぐ退いていく。

『撤退』「張梁」
どぅわあぁぁぁ
『撃破』「李通」
くぅ

261 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:30:10 ID:6FNZebQu0
張梁が山田の突撃によって撤退する。
しかし、李通は戻る気配が無く楽進の突撃によって撃破する。
二人とも武将が城へ戻り、睨み合いが始まった。

(o゚ω゚)(さて、騎馬単相手に攻めても城内突撃で守りきられるだろう。
     となると、カウンターしかない……問題はどうやってカウンターするのか――)

左下に表示されている兵法を見る。

(o゚ω゚)(ん? この兵法とこれなら……少し確認してみようか)

プニプニは目を瞑り、頭の機能を総動員する。
騎馬の攻城は何%なのか、相手の兵法が○○だったら……などと、様々な思考を繰り広げていた。

そして、一つの結論に辿り着いた。

(o゚ω゚)(あの“兵法”を使ってきたら、勝ち。使ってこなかったら負け……
    こんな危険な賭けはしたくないけど――まあ、仕方ないか)

まだだ
だっしゃぁ
人よ

いつの間にか士気が6になっていた。
しかし、魏武の強兵は使わずにプニプニは待っていた。

73cぐらいで山田の城から土煙が上がる。
それに対応してカードを動かし、出撃させる。
右側に司馬懿、左側に李通、中央に徐晃と連計を狙いつつ神速の大号令の範囲に全て入れている。

プニプニは城門に周倉と張梁を重ねて出撃させ、その後ろで騎兵がオーラを纏い迎え撃つ。

263 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:34:25 ID:6FNZebQu0
その時、画面が暗くなり緑と赤い色の玉が兵法の文字を中心に回転する。
そして、その二つの玉が重なり合って消えた瞬間に赤い眼が見える。
再び画面が暗くなったかと思うと、突如金色の龍が舞い吼える。

兵法マスタァァァー! プラス外伝!

-連環の法-MASTER
[速軍] [士気]

(;o゚ω゚)「くっ……」

プニプニの顔に焦りが表れる。
嗚呼、賭けは失敗してしまったのか。

『撤退』「周倉」
ぐぅあぁぁぁ

突撃によって周倉が撤退する。
それを見届けた山田は、赤いボタンを押した。

『神速号令』―HIGH SPEED―

― すすめぇー ―

『      神速の大号令   [知力時間]
  味方の武力と移動速度が上がる
                          』

山田の部隊に青いオーラが包まれ――

『撤退』「顔良」
何が起こった!?

266 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:38:11 ID:6FNZebQu0
突撃による、蹂躙が始まった。

『撤退』「楽進」
この程度で
『撤退』「張繍」
くそう、まるで敵わん
『撤退』「蔡文姫」
ふぁ~あ
『撃破』「楽進」
この程度で

楽進を撃破するが顔良に続いて、騎兵が全て撤退してしまう。
張梁は上手く城内へ逃れ、城門に張り付いてきた張遼と城内乱戦をするも――

『徐晃』
『   山田軍   』

― 我に続けぇ ―

          『攻城』
     ―TARGET STRIKE―

徐晃の城壁攻城が入り、城ケージが削れる。
続いて李通、司馬懿の攻城も入って城ケージがさらに削れていく。

『撤退』「張梁」
どぅわあぁぁぁ

城ケージが次々と削られていく中、遂に張梁も撤退してしまう。

(;o゚ω゚)「…………」

269 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:42:22 ID:6FNZebQu0
『張遼』
『   山田軍   』

― 我に続けぇ ―

          『攻城』
     ―TARGET STRIKE―

張遼の城門攻城が入ったのを見て、プニプニは青いボタンを押す。

その時、画面が暗くなり緑と赤い色の玉が兵法の文字を中心に回転する。
そして、その二つの玉が重なり合って消えた瞬間に赤い眼が見える。
再び画面が暗くなったかと思うと、突如金色の龍が舞い吼える。

兵法マスタァァァー! プラス外伝!

※読者に優しくない再生紙を使用しております

神速の大攻勢MASTER
[再起] [再起]

だっしゃぁ
出るぞ
出るぞ
まだだ
おっはよ~

神速の大攻勢、さらに外伝の再起。
その効果で一気に四部隊が復活する。

すぐさまプニプニはカードを動かし城門の張遼には顔良を、李通には楽進を、司馬懿には張繍を、徐晃には周倉と出撃させる。

272 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:45:44 ID:6FNZebQu0
「おや、蔡文姫が――まさか!?」

『舞踊』―LOVEY DANCE―

― あはっ、強くしてあげる ―


『        飛天の舞い 
    味方の移動速度が上がる
                          』

蔡文姫が踊り、騎兵が的確な連突を繰り出す。

『撃破』「張遼」
ここが潮時か
『撃破』「徐晃」
焦らず退くぞ
『撃破』「司馬懿」
読み違えたか
『撃破』「李通」
くぅ

山田もすぐ退かせるが、神速の大号令は既に切れている上に三倍速が相手だ。
あっけなく全滅する。


――――もう、これ以上は語るまい。



『攻略』「張繍」
――  ふはは、どうだぁ~  ――

274 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:48:33 ID:6FNZebQu0
(;o゚ω゚)「あ、山田君!」

勝利、という文字が映し出された時に山田が音を立てて倒れた。
プニプニはすぐ山田の近くまで行き、抱き上げる。

щ( ▽ щ;)「うあ……外伝再起だけではなく神速も利用するなんて完璧に予想GUYだったぜ……」

目は瞑ったままだが立ちながら答える山田。
それを見てプニプニは安心した表情を表した。

「いやはや、何とも衝撃的なものでした。全て計算してやったのですか?」

(o゚ω゚)「んー、計算したといえばそうだけど――あれほど削られるとは思わなかったよ。
    まあ、運も実力の内って言うし、終わり良ければ全てよしとも言うしいいかな?
    ……でも、どうしても勝たなければならなかったから何太后は使えなかった。それが一番残念だ」

どうやらあの時、顔が青くなったのは予想外の削り方だったようだ。

(o゚ω゚)「あ、それと……次の人は誰ですか? 後、対戦相手も教えて貰えますか?」

「いいでしょう。次の方は>>275で――」

275
タイトル
(メ▼▼)“今度こそ” (´・ω・`)過去への清算 (・∀・)『驚け!』

この中から選んでくだしあ><

275 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:49:31 ID:wKVnXZt70

ジエンでお頼み

277 名前:『ネタでガチ、ガチでネタ』[sage] 投稿日:2007/12/02(日) 20:55:00 ID:6FNZebQu0
「――相手はモナー君ですよ」

ジエンとモナー。
この対決ではジエンの方が実力は上だろう。

だが、それでもプニプニは安心出来なかった。

(o゚ω゚)「……バージョンは?」

「おや、そこまで聞いてきた方はいませんでしたよ。
確か――1.10ですね。許楮荀彧が猛威を振るった頃でしたかね?」

щ(゚▽゚щ;)「あん? モナーとジエンは確か、2からのプレイヤーのはずだぞ?」

確かにそうだ。
2からのプレイヤーならば、難しいだろう。

「ええ、そうですね。ジエン君にとっては不利ですが、催眠術は不可能を可能にするのですよ」

(;o゚ω゚)「まさか――!」






――to be continued...