302 :ゲームセンター名無し:2008/07/14(月) 21:49:36 ID:UxtSWjqS0
(´・ω・`)「今日のデッキは『飛天』 ……兄者さんに薦められてプレイする事になったよ!
デッキはこんな感じかな?」

UC蔡文姫、SRトウガイ、SR王異、UC楽進、LE曹操、GR郭嘉
(´・ω・`)「槍大目の相手には曹操でごり押し、
それ以外は飛天でどうにかという臨機応変なデッキだね。」
(メ▼▼)「ほう、店長が飛天とは珍しいな。」
(´・ω・`)「おおグラサンさん。来てたのですか。」
(メ▼▼)「ああ、悠久の車輪をやりにな。
サマカとアーライとバハムートは俺の嫁だ。」
(;´・ω・`)「……今、なんと?」
(メ▼▼)「気にするな、おっと、それより対戦相手が表示されたぞ。」

303 :ゲームセンター名無し:2008/07/14(月) 21:55:40 ID:UxtSWjqS0
(´・ω・`)軍

VS

俺は最強だ軍

SR関羽、Cリョウカ、SR諸葛亮、R張飛
(メ▼▼)「所謂『業務用』か。
戦歴が不自然に少ないし、もしかしたら中身は……かもしれないな。」
(´・ω・`)「疑うのはよくないよ。 ……最も、強いデッキには変わりないですけどね。」
(メ▼▼)「だな…。」

店長の配置は、こうだ。

まず、後ろ向きにした王異を、左端奥に配置し、柵を斜めに置く。
その王異の前に曹操、王異の逆サイドにトウガイを配置。
そのトウガイの更に奥に蔡文姫を配置し、真後ろに楽進を配置する。
これで、左右どちらから攻められてもある程度は対応できる。
右から来た場合はトウガイを踏ませ、楽進と姫を捨てる覚悟で押し返す。
左から来た場合は曹操を踏ませ、楽進を左に派遣しながら、姫を敵城へ突撃させる。
真ん中から来た場合は……まぁ、どうにかなるだろう。
(メ▼▼)「さて、どうでるかな?」
そして戦いの火蓋が切って落とされると同時に…二人は一瞬、阿鼻叫喚に陥る。


(´・ω・`)「敵が…。」
(メ▼▼)「いない…だと!?」

305 :ゲームセンター名無し:2008/07/14(月) 22:05:48 ID:UxtSWjqS0
文字通りだ。
敵が何処にもいないのだ。

(メ▼▼)「何を考えているのだ相手は……。」
(´・ω・`)「…しかしここは攻めにく……はっ!
そういう事か!」
しかし店長の戸惑いはすぐに消えた。
店長は蔡文姫と王異を敵陣に突撃させ、その辺りをウロチョロさせる。
刹那、王異が諸葛亮を踏み、乱戦に。
その乱戦状態に楽進と蔡文姫が突撃し、諸葛亮は撤退した。
その後、店長は女性二人を城に戻した。
(メ▼▼)「……なるほど、敵はあえて「攻めにくい状況」を作り、士気を溜めて速攻でけりをつけるつもりだったんだな。」
(´・ω・`)「躊躇せずせめて良かったが、時間稼ぎにしかならないな…。」
店長は伏兵二人を前進させた後、兵力が満タンになった蔡文姫を柵の後ろに出す。
(´・ω・`)「……槍は二体だが、孔明の武力は低い…、ここは舞おう。」
(メ▼▼)「張飛が怖いが。」
(´・ω・`)「張飛に士気を使わせたら、孔明は飛んでこない。……筈。」
こういう業務用デッキでの張飛は、計略よりも武力要員としての採用が主だ。
知力は低いとはいえ、武力10の槍は硬く、強い。
(´・ω・`)「それに、こちらには王異がいるからね…孔明の計略は、使わざるを得ない…。
3人掛けをしないと、せっかくの速度アップも全て王異に消されるからね。」

(、´・ω・)▄︻┻┳═一挑発対策なんて、チョロイモンダゼ
(メ▼▼)「油断するな店長。」
(´・ω・`)「解っている。『勝つ事の確信。それ即ち負けへの第一歩』だからね。」
(;メ▼▼)(意味しかあってないぞ…。)

会話はあっても戦場に変化はなく、やがて相手の士気が満タンになろうとしていた。

306 :ゲームセンター名無し:2008/07/14(月) 22:10:52 ID:UxtSWjqS0
しかし、敵が計略を使う事はなかった。
まず、敵は張飛以外の全員で、こちらに突撃してくる。
王異が懸命に矢を放つが、突撃状態の騎馬を倒すにはいたらず…。

―天は我に…じゃなくて、えっと―
―戦いの時は来た!―
―(´・ω・`)―

二人の伏兵が、敵の騎馬二体に踏まれ。
―踊ってきますぞ!―
―男の踊りなんかみたくねぇよ! ウワァァァン!!―
凡将が撤退する。
その後、関羽と孔明は踵を返し、代わりに張飛が城門前に現れ。

(´・ω・`)「やばい!」

そのまま挑発を発動。
―ハム、大安売りですよ!―
―何だと!それは買いに行かないと!―
―先日蔡文姫に沢山食べられたのよ!―
曹操と王異がつられる。
派手に刺さった曹操は大ダメージを受けるが。
(´・ω・`)「なーんてね、これでオマエの張飛の槍は消滅、
王異の計略でオマエの武力はゼロだ、ひゃーはっはっ!」

308 :ゲームセンター名無し:2008/07/14(月) 22:18:23 ID:UxtSWjqS0
―舐めないでよね―
暴勇の報いにより、張飛が正真正銘役立たずになった。
その張飛に大して

―野を越え山を攻えた我の力、ご覧に入れよう…!―
隠密神速を発動させたトウガイが突っ込む。
張飛はそのまま撤退する。
(´・ω・`)「とりあえず曹操を逃がして、王異を攻城、トウガイでマウン―

―ズバシャ!!―
店長の独り言を切り裂くかのように、派手な音が鳴り響く。
曹操が…後ろから来た孔明の槍に刺さったのだ。

―……不貞寝してやる!(一刻経ったら起こせの意)―
(メ▼▼)「曹操でよかったな。トウガイが刺さったら色んな意味でやばかったぞ。」
(´・ω・`)「さて、関羽はトウガイで、凡将は楽進で止めるとしよう。」
騎馬同士、武力の差は低いが…速度の差はある。
店長は丁寧な突撃で二人の騎馬を撤退させ、王異との乱戦状態で槍が消えていた孔明も突撃で撤退させる。

―貰ったわ!―
孔明の撤退と共に、王異の城門への痛烈な一撃が炸裂する。
その刹那。

―お、奥義、ファンネリアブレード!―
―妹の影響です、てへ☆―
ビジクの再起が発動する。
(´・ω・`)「でも後一撃ならなんとかなるかな?」
店長は王異、トウガイ、楽進で一度ずつ城門を攻撃し、そのまま部隊を自城へと引き返した。

309 :ゲームセンター名無し:2008/07/14(月) 22:25:41 ID:UxtSWjqS0
その後、
―うーん、後5分だけ… は!ゆ 夢か!―
曹操が復活したが、現在の士気は満タンではない。
大して敵はまだ挑発しか使っていないのだ…、次に来るのは、孔明の3人掛け>2人掛けのコンボだろう。
計略での妨害は許されず、速度の上がった高武力が暴れまわる…。
そうでなくても、挑発に、関羽の号令まであるのだ。
業務用という悪口はあるものの…完成されたデッキの一つといわざるを得ない。

(´・ω・`)「とりあえずラインを上げさせないようにしよう。
……王異には囮になってもらおう。」
(メ▼▼)「凡将しかつれないぞ。」
(´・ω・`)「それで良いんだ。」


敵がじわじわとラインを上げる。
その途中…なんと、張飛が再び挑発を使った。

―ハム、タダだよ♪―
―我、ハム買いに行かん―
そのまま楽進が槍に突き刺さり、数を減らされる。
(´・ω・`)「そう来るか…!」
敵が挑発まで使って無理矢理ラインをあげ、自陣に入った辺りで、諸葛亮が計略を使用する。
3人掛けだ。
その後、再び張飛が挑発を使用。
―……今日はこんな役ばかりか……。―
曹操が突き刺さり、遂にトウガイと王異だけになった。

310 :ゲームセンター名無し:2008/07/14(月) 22:34:21 ID:UxtSWjqS0
(メ▼▼)「ふむぅ、挑発を絡めてきたか。
確かに武力をあげても、敵の城を落とせなければ意味がない。
ここで数を減らすのは妥当な判断だろう。」
(´・ω・`)「ちょっと勿体無いが、仕方ないか!」

王異とトウガイが残っているが、王異は案の定凡将にジャマをされている。
トウガイ一人では他の3人を相手には出来ない。ましてや敵は武力が上がっているのだ。
店長は王異の撤退を待たずして、再起を発動させる。
―これが軍師の奥義というものだ! ……リサボに俺を捨てないでくれ!―
(メ▼▼)「て、マスターかい!」
(´・ω・`)「店長って、営業時間外は暇でね…。」
曹操と楽進が復活し、王異が変わりに撤退する。
その後、敵が3人城に張り付くが、孔明だけはトウガイが連続突撃をして撤退させる。
だが…。
―ハム、大安売りだよ!―
張飛の一撃が城に入る。
(´・ω・`)「……さて、勝てるかどうか。」
張飛の周りに曹操と楽進が現れて。
―曹操に(ry―
求心を発動させる。
曹操はそのまま張飛と乱戦、楽進とトウガイが突撃をし、張飛は撤退する。
その後、凡将と関羽が奮闘するも…、飛天の勢いによってスピードアップした騎馬部隊には、敵わなかった

(メ▼▼)「勝ったと思った刹那、その者は既に負けているとは言うが…。」
グラサンですら、この時点で勝負は決まった事は確信した。
後は全員で敵城に突撃、復活した孔明がジャマしに来た頃には…既に城は店長軍のものになっていた。

(メ▼▼)「お疲れ様だ。 …って、大丈夫か。」
(;´・ω・`)「はぁ~!ふぅ~!なんと忙しい戦いだ!いつもの倍以上は疲れたぞ……!
(メ▼▼)「猛スピードで動く部隊を管理しないと駄目だからな。
しかし、飛天のお陰で、相手が挑発に士気を割いてくれたな。」
(´・ω・`)「再起を選んでいなかったらやばかったですね…。」

311 :ゲームセンター名無し:2008/07/14(月) 22:38:14 ID:UxtSWjqS0
(´・ω・`)「にしても疲れた…。当分飛天はやめておこう。
兄者はなんでこんなのが使えるんだ。」
(メ▼▼)「飛天はIC1枚や2枚を潰して、初めてサマになるというからな。
それに店長のは「飛天で戦う」デッキではなく、「飛天で強くする」デッキだから…。」
(´・ω・`)「……というと?」
(メ▼▼)「つまりだ、スピードアップを、単に連続突撃の機会が増えたり、撤退回数を減らしたりするのだと考えず、
……実践でやった方が早いな。」


しかし、グラサンの超絶張松テクは、上手過ぎて参考にならなかった。
(´・ω・`)「… ……と、とりあえず…飛天はまた今度にしよう。」


(メ▼▼)▄︻┻┳═一店長もマゾにナラナイカイ?
(´・ω・`)「グラサンさんマゾだったのかwwwww」