584 名前:英霊達 ~また逢う日まで~[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 19:08:17 ID:Q+BtlD8x0
12月12日 ブランデーハウス

三国志大戦2最終稼働日とあって凄い人だかりである。
最初は歓声や笑い声など賑やかさがあったが、刻々と閉店時間が迫ると常連は次第に無言になっていく。
彼らは「別れの時」が迫る事を感づいている。3では西涼、袁紹、他の3つの勢力が群雄勢力として登録される。
その影響か、その3勢力の武将カードの大半が3で使用不可になるのだ。

そして、閉店時間のアナウンスが店内に鳴り響く。筐体の前に集まる常連達、
その中にはブーンやドクオ、ツンにクー等のプレイヤー達の姿もある。
その筐体の一番手前に陣取る男が2人、バーボンハウス、ブランデーハウスの店長、ショボンとシャキンである。

(`・ω・´)「皆、最後まで付き合ってくれてありがとう!」
( ^ω^)「・・・・・、」
('A`)「・・・・、」
(´・ω・`)「皆が愛してくれた三国志大戦2も今日で幕を閉じる。」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・、」
(*゚ー゚)「・・・・・・、」
( ´∀`)「・・・・・・・・・、」
( ^Д^)「・・・・・・・、」


585 名前:英霊達 ~また逢う日まで~[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 19:20:37 ID:Q+BtlD8x0
(`・ω・´)「そして悲しい事に、3で使用不可になる英雄達もいる。」
川 ゚ -゚)「・・・・・・・、」
(・∀・)「・・・・・・・、」
( ゚∀゚)「・・・・・、」
(,,゚Д゚)「・・・・・・・、」
(´・ω・`)「この中にはある武将と戦を戦い抜いた者もいれば、ある武将に苦汁を舐めさせられた者もいる。
でも、彼らは今日でこの戦場から姿を消すでしょう。」
щ(゚▽゚щ)「・・・・・、」
( ━〇∀〇)「・・・・、」
/ ,' 3「・・・・、」
( ´_ゝ`)(´<_` )「・・・・・・・、」
ミ,,゚Д゚彡「・・・・・、」
(o゚ω゚)「・・・・・・、」
(=゚ω゚)「・・・・・・、」
川^ー^)「・・・・・・、」
(-_-)「・・・・・、」
(`・ω・´)「でも忘れないでほしい。彼らのおかげで三国志は盛り上がっていたんだ。
そして彼らも過酷な戦場を生き抜いた英雄達なんだと・・・・、」
ヽ(`Д´)ノ「・・・・・・、」
(´・ω●)「・・・・・・・・、」
(●ω・´)「・・・・・・・、」
( ゚゚∀゚゚)「・・・・・・、」
(メ▼▼)「・・・・・・、」

589 名前:英霊達 ~また逢う日まで~[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 19:37:28 ID:Q+BtlD8x0
(´・ω・`)「そして今日!僕達はこの戦場に去る英雄達に別れを告げよう!悲しさも、悔しさも・・・・、」
6゚∀゚)「・・・・・・、」
(*‘ω‘ *)「・・・・・・・、」
(;><)「・・・・・・・・、」
( ・(ェ)・)「・・・・・・・、」

シャキン店長は懐から1枚の大きな紙を広げ、前に突き出す。
書かれているのは、三国志大戦という戦場で火花を散らし、戦い続けた英雄達の名前、
BGM ~I DON'T WANT TO MISS A THING エアロ・スミス~
(`・ω・´)「今日でこの戦場を去る者達の名前を告げる!
西涼軍
閻行、王異、韓遂、魏続、牛輔、高順、侯成、蔡文姫、蔡ヨウ、鄒、臧覇、R董卓
馬玩、馬岱、R馬超、UC馬騰、UCホウ徳、赤兎呂布、R呂布、俄何焼戈、成公英、張横、
程銀、SR馬超、SR馬騰、Rホウ徳、梁興、R呂姫、

590 名前:英霊達 ~また逢う日まで~[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 19:55:30 ID:Q+BtlD8x0
(`・ω・´)「袁紹軍
SR袁紹、R袁紹、
( ^Д^)「殿・・・・・・、今までありがとうございました!」

ー名門はまた甦る!その時は宝よ、また逢おう!はーはっはっはっはっは・・・・・!
( ;Д;)「殿・・・・・・・・!」

(`・ω;´)「於夫羅、R顔良、麹義、許攸、紀霊、高覧、淳于瓊、審配、甄洛、沮授、
張&#37059;、陳琳、R田豊、UC田豊、」

('A`)「田豊、本当に獄行きかよ・・・・!」

ー殿、今まで私を用いてくださいありがとうございました。この田豊、感謝の気持ちでありふれております!
('A`)「・・・・・、また、逢えるかな?」

ーえぇ、逢えますとも!逢ってまた、我が進言を取りいれて下さいませ!-
(;A;)「あぁ!絶対に、絶対に・・・・・、」
(`・ω;´)「&#36427;頓、R文醜、逢紀、劉備、R袁術、2R袁紹、閻象、SR顔良、蒋義渠、
辛評、SR文醜、LE顔良、LE文醜、」

592 名前:英霊達 ~また逢う日まで~[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 20:16:07 ID:Q+BtlD8x0
(`・ω;´)「これいじょうはダメだ・・・・!弟よ、後はお願いする。」
シャキンの目には少量の涙が溜まり、声も震えている。コレ以上は読めないと判断したシャキンは弟にバトンタッチする。
(´;ω・`)「解ったよ。兄さん」
他勢力
阿会喃、王允、鄂煥、華佗、金環三結、献帝、皇甫嵩、兀突骨、司馬徽、周倉、祝融、
帯来洞主、朶思大王、張任、張宝、董荼那、木鹿大王、SR孟獲、孟優、・・・・、」
(*‘ω‘ *)「ぽ・・・・・・、象兵皆いなくなるっぽ・・・、」
ーいなくならねぇよ!-
(*‘ω‘ *)「!?」
ーわしら南蛮の者達は不屈の闘志を持った英傑じゃて!こんぐらいでいなくならんわ!-
(*‘ω‘ *)「・・・・・・・・、」
ーまたいつか、ここに戻ってくる!それまでに腹ごしらえに肉でも食うか!ガハハハハハハハハ!-

(*;ω;*)「また・・・・・、いつか・・・・・、」
(´;ω;`)「・・・・・・りゅ、劉表、廬植、公孫淵、張燕、禰衡、LE孟獲・・・・・・・、」

596 名前:英霊達 ~また逢う日まで~[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 20:46:29 ID:Q+BtlD8x0

(´;ω;`)「以上、85名!この戦場を去ります!しかし、使えなくなったと言って見捨てないで下さい!
もし、何かの壁にぶつかり、どうしようもなくなった時は、彼らのことを思い出してください!」
( ;ω;)「・・・・・、」
(;A;)「・・・・、」
ξ;⊿;)ξ「・・・・・、」
(*;ー;)「・・・・・・、」
( ;∀;)「・・・・・・・・・、」
( ;Д;)「・・・・・・・、」

(`;ω;´)「彼らと供に渡り歩いた日々を、刃を交えた日を、もう一度思い出してくれ!」

突然、全員の目線は4台の三国志台に向けられる。その上にはさっき名前を上げた英雄達のカードがずらりと並んである。
(`;ω;´)「いつかまた逢う日が来るであろう。その時までに、我らは貴方達の事を忘れない!
全員、気をつけ!」

もはやここにいる者達は、彼らとの別れに涙を流していた。シャキンの声に全員が姿勢を正す。
(`;ω;´)「英霊達に・・・・・、」
その時だった。

599 名前:英霊達 ~また逢う日まで~[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 21:02:18 ID:Q+BtlD8x0
並べられていた85枚のカードのイラストから、光の玉が飛び出してきた。85の玉は浮遊しながら上昇していく。
(´;ω;`)「こ・・・これは一体・・・!?」
ヽ(;Д;)ノ「嗚呼・・・・、これは・・・・!」
6;∀;)「間違いない!奴らは帰っていくんだ。故郷に・・・・!」
川 ;-;)「役目を終えた者達は、故郷に戻るんだ!決して帰るのではない。また我らに逢うために・・・、」

光の玉が徐々に形を変え、武将の姿になる。馬に跨り、夜空を駆け抜ける漢達の姿が映し出される。

-行くぞホウ徳!広大な西涼へ!-
-孟起!我ら西涼の誇りは、ここより輝くのだ!-

-我が名門!新しき戦場のためにまた這い上がるぞ!-

-赤兎よ!我らは永久に不滅だ!-

英雄達は光を放ち、夜空を駆けぬけていく。その光景を見ていたのはシャキン達ではなかった。
(゚д゚.)綺麗な星ね・・・・・、いや、散り行く英雄達の姿かしら?
( ・∀・)おや?英雄の姿が・・・・・、流れ星の見間違いかな?

リ´〇_〇ル綺麗やな・・・・・、また・・・・、逢えるかな~?

603 名前:英霊達 ~また逢う日まで~[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 21:13:35 ID:Q+BtlD8x0
(´;ω;`)「皆・・・・・・、」
(`;ω;´)「夜空を駆ける英霊達に・・・・・・・・、」

(´;ω;`)ゝ「敬礼!!!」

( ;ω;)ゝ
(;A;)ゝ
ξ;⊿;)ξゝ
(*;ー;)ゝ
( ;∀;)ゝ
( ;Д;)ゝ
川 ;-;)ゝ
(・∀;)ゝ
( ゚∀;)ゝ
(,,;Д;)ゝ
щ(;▽; )ゝ
(( ━〇∀〇))ゝ
/ ,' 3ゝ
( ;_ゝ;)ゝ(;<_; )ゝ
ミ,,;Д;彡ゝ
(o;ω;)ゝ
(=;ω;)ゝ
川;ー;)ゝ
(;_;)ゝ(ゆっくり休んでね・・・・・)
ヽ(`Д´)ゝ(貴様らのこと・・・・、忘れんぞ、)
(´;ω●)ゝ
(●ω;´)ゝ
( ゚;∀;゚)ゝ
(メ▼▼)ゝ(こういうのは性分じゃないが、涙がこみ上げてきたぜ。)

605 名前:英霊達 ~また逢う日まで~[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 21:20:17 ID:Q+BtlD8x0
6;∀;)ゝ
(*;ω; *)ゝ
(;><)ゝ
( ;(ェ);)ゝ




12月13日 三国志大戦3稼動

いつものように台には待ちが出るほどの盛況ぶり、そこから離れた場所に一つのガラスケースがあった。
その中には、前作、三国志大戦2で使用されたカードが丁重に飾られ、一言分の言葉が刻まれていた。

~前時代を輝かせた英雄達~


               終

606 名前:英霊達 ~また逢う日まで~[sage] 投稿日:2007/12/15(土) 21:24:07 ID:Q+BtlD8x0
以上で終了です。前作で愛用していたカードが使用不可になって涙を飲んだ人がいるでしょう。
そのために作った話です。一部のキャラを入れていませんでしたが許してください。(ボーヤがいないのは
夜遅くに小学生をゲーセンにいさせるのは教育に悪いと言うことで、)

短いですが、多くの支援をありがとうございました。
また皆に逢えるかな・…?