※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

612 名前: (´)д(`)対( ^ω^) [sage] 投稿日: 2006/07/25(火) 00:41:56 ID:6gkXZ24Q

ゲーセンバーボンハウス

(;´・ω・`)「や、やぁ」
(´)д(`)「今回は、ちゃんとメモ張に保存したちょおおおりゃあああああ!」
(´・ω・`)「取り敢えずこのテキーラは・・・」
(#´)д(`)「ちょおおおりゃあああああ!」
(;´・ω・`)「えぇぇぇぇ!?(何言ってんだ?)」
(´・_・`)「俺は未成年だから飲めないって毎回言ってるだぁ~と、言っております。」
(´・ω・`)「き、君は?」
(´・_・`)「はい。趙君の友達のジュンと申します。」
(´・ω・`)「そうか、じゃあ君もテキーラを・・・」
(´゚_゚`)「私も未成年なので断らさせていただきます」
(;´・ω・`)「そうかい(今、目が・・)」


613 名前: (´)д(`)対( ^ω^) [sage] 投稿日: 2006/07/25(火) 00:45:32 ID:6gkXZ24Q

(´・ω・`)「で、今回も屍デッキかい?」
(´)д(`)「そりゃそうさぁ~今回は負けないだぁ~」
(´・_・`)「前回のエラーの屈辱を晴らすため、趙君も必死みたいですね」
(´・ω・`)「そういえば、君は一体どんなデッキを?」
(´・_・`)「それは、毎回色々なデッキを試していますので、メインはそれといってないですね」
(´)д(`)「おっ!サテが、開いたみたいだぁ~」
二人仲良く腰掛ける趙と、ジュン
(´)д(`)「お金を入れてぇ~」
(´・_・`)「君主カードを入れるのが先だよ。」
(´)д(`)「ミスっただぁ~ん?」


614 名前: (´)д(`)対( ^ω^) [sage] 投稿日: 2006/07/25(火) 00:48:39 ID:6gkXZ24Q

(;´)д(`)「君主カード忘れたぁ~」
(#´゚_゚`)・・・
(;´)д(`)「すぐ取ってくるだぁ~」
そうしてバーボンハウスを後にして、家にICを取りに帰る趙。
(´・_・`)「やれやれ・・・」
(´・ω・`)「若いな・・・サテ開いてるけど君はプレイしないのかい?」
(´・_・`)「金欠なので・・・」
その時バーボンハウスに誰か入ってくる。
(^ω^)「おっす!マスター!」
(´・ω・`)「やぁブーン君。今日は一人かい?」
( ^ω^)「そうだお。ドクオは、今日は用事だって」

(´・_・`)「マスター。彼は?」
(´・ω・`)「内藤君。最近新規で始めたんだ。なかなか飲み込みの早い子でね。
615 名前: (´)д(`)対(^ω^) [sage] 投稿日: 2006/07/25(火) 00:51:24 ID:6gkXZ24Q
(´・_・`)「ほぅ。」
(´・ω・`)「まだST曹操や、UC惇とかつかってるけどね。山田君にも勝ったんだ」
(´・_・`)「山田君に・・・」
( ^ω^)「マスターその人は?」
(´・ω・`)「あぁ僕の知り合いの知り合いのジュン君」
(´・_・`)「どうも。」
( ^ω^)「初めましてだお!ジュン君も三国志やってるのかお?」
(´・_・`)「まぁね。」
( ^ω^)「なら対戦を」
ブーンが言い終わる前にバーボンハウスに誰か入ってきた。
(´)д(`)「おまたせぇ~」
(´・_・`)「ご苦労さまです。」
(´・_・`)「ブーン君、僕の友達の趙君だ。」
(´)д(`)「はじめましてぇ~」
( ^ω^)「おぉ・・・はじめましてぇだお」


616 名前: (´)д(`)対( ^ω^) [sage続く・・・] 投稿日: 2006/07/25(火) 01:01:04 ID:6gkXZ24Q

(´・_・`)「どうだい?趙君。このブーン君が対戦したがってるみたいだけど」
(´)д(`)「店内対戦かぁ~?いいぞぉ~」
( ^ω^)「マジかお!?じゃあ先にCPU戦して待ってるお」
すぐに、サテへつくブーン
(´)д(`)「じゃあおいらもぉ~」
(´・_・`)「待って趙君。この三枚と趙君の孫堅で戦ってきて。」
と、三枚のカードを渡すジュン
(´・_・`)「ブーン君はまだ初心者でSTパックのカードを使ってるからね」
(´)д(`)「そうかぁ~なら仕方ねぇ~」
そういい趙もサテについた。
(´・ω・`)「いいのかい?あれで?」
(´・_・`)「趙君も最近、強カードの性能にのせられてるから、ちょうどいい機会さ」

( ^ω^)対(´)д(`)

(´)д(`)軍デッキ
SR孫堅、ST孫権、UC甘寧、祖茂
( ^ω^)軍デッキ
ST曹操、UC惇、C鮑信、C曹彰SR春華

( ^ω^)「見たことないカードばっかだお・・・光ものは一枚かお・・・」
(;´)д(`)「春華がいるじゃあねぇかあ~」