371 :外伝【帰ってきたグラサン?(1/6)】:2006/07/31(月) 21:49:39 ID:fDxpwrn6

(メ▼▼) 「ちっ、今日の調子はいまいちだったな。
      音ゲーは一度リズムが崩れると、なかなか点があがらねぇ・・・」
カードを取り出し、台を軽く拭いてその場を離れるグラサン

(メ▼▼) 「まっ今回はこの辺にしておくか、根をつめてもすぐ上がるわけじゃねぇしな・・・」
点が伸びないのが不満なのかグラサンは、とぼとぼとした足取りで出口に向かう。
ヒュルルルルルー、どこからか投げ捨てられたカードのようだ。
目の前に落ちるカード、それは三国志大戦のカードだった。

(メ▼▼) 「・・・、筐体は此処から大分離れてるんだがな・・・」
そこはゲーセンの出口、三国志大戦の筐体は一番すみの筈だが・・・
そう思いながら拾ったカードは『C張松』だった。

(メ▼▼)-3 「もうやめたんだがな・・・」
軽くため息をつきながらも、三国志大戦スペースへ向かうグラサン。
其処ではありえない音が鳴っていた。

  バゴン!!バゴン!!ゴガーン!!

(#゚Д゚)「なんで張松なんだよ、ゴルァ!!!!」
(メ▼▼)-3 「チッ、めんどくせぇなぁ・・・」
つかつかとDQNに歩み寄るグラサン、やたら存在感の有るグラサンにDQNはすぐに気付いた。

(#゚Д゚)「んだよ、もっんく!あんのかよゴルァ!!!」
下から睨み付けるDQN、しかしグラサンは軽くグラサンを直しただけでそれをいなした。

(メ▼▼)-3「テメェのカードか?」
グラサンは張松を、そっと差し出した。


372 :外伝【帰ってきたグラサン?(2/6)】:2006/07/31(月) 21:50:42 ID:fDxpwrn6

(#゚Д゚)「ナッンデ!!モッテクンダヨォ!!
    4000円も入れて最期に張松!腹立ってんだよ!
    もう金もねぇのによ!みたくもねぇんだよ!!」
(メ▼▼)-3「そうか、じゃあRBOXに入れるぜ。じゃあな」
さって行こうとするグラサン、其処に思いがけない言葉がとんだ。

(#゚Д゚)「マテヨッ、テメェ金かけて勝負しねぇか?
    俺に勝てたら、有り金全部やるよ。
    そのかわり俺が勝ったら、お前の有り金全部貰ってくがな!」
ギャハハハと笑うDQN、その時グラサンが軽く光った気がした。
(メ▼▼)「金はいらねぇ、代わりに張松を最低1ヶ月は使い続けろ・・・」
そうつぶやいて、RBOXにグラサンは向かった。

開戦
地形:障害なし、両端城門前に櫓あり。
(メ▼▼)軍:C張松 C劉表 C沙魔柯 C劉封 C孟優 C王平
  兵法:速軍の法MASTER(外伝なし)
(#゚Д゚)軍:LE本宮劉備 LE本宮張飛 R馬超 C趙累 R関銀屏
  兵法:再起の法MASTER(外伝:士気+士気)

(#゚Д゚)「ブハハ、何あのデッキ。テラヨワス、金いただきでつね」
(メ▼▼)「最近流行の蜀デッキって奴か・・・、さてどの程度のものか」


373 :外伝【帰ってきたグラサン?(3/6)】:2006/07/31(月) 21:51:32 ID:fDxpwrn6

開幕
(メ▼▼)軍:右隅にC王平 C劉表 C沙魔柯を配置、左隅にC張松 C孟優 C劉封
(#゚Д゚)軍:左隅に全軍集結、最後尾は馬超。


(#゚Д゚)「ヒャハハらくしょー、全軍突激ー」
槍を前列に並べ、猛進してくるDQN軍

(メ▼▼)「全軍攻めあがるか、当然といえば当然だが・・・」
C劉封 C孟優 C張松を城門内ギリギリで移動させつつ、弓槍を左サイドへ移動させるグラサン。

(#゚Д゚)「一気に決めるぜ!これでSR引けるぜ!」
城門に次々と向かうDQN軍、しかしC孟優によって城門に取り付けないDQN
そればかりか一番端にいた関銀屏に弓の集中砲火、王平が取り付き始めた。

(#゚Д゚)「ハッ、無敵槍が消えたこれで突撃できるぜ!」
(メ▼▼)-3「それはこっちも同じだぜ・・・」
馬超が来るよりも早く、馬2体による突撃が行われた。
皆の者すまぬ
即座にやられる関銀屏、其処に突っ込む馬超・・・迎撃!一気に大打撃を食らう馬超
下がる馬超!、援護に来る張飛!しかし、またも城門突撃体制にグラサンは入った。

(#゚Д゚)「ちったぁ!やるじゃねぇか!だが張飛はそうは行かないぜ!」
(メ▼▼)-3「てめー 頭脳がまぬけか?」
なんとC孟優は既に城内へ戻っていた、DQNが馬超に気を取られている間に回復していたのだ。
誰もいなくなった場所へ槍撃をくりかえしていた、DQN

(#゚Д゚)「なっ、いつのまに・・・;;」
DQNは背筋に冷たいものが流れるのを感じ始めていた。


374 :外伝【帰ってきたグラサン?(4/6)】:2006/07/31(月) 21:52:45 ID:fDxpwrn6

(´●ω●`)「賭け試合をやってるってのは、ここかな?
      ん?もう始まってる?・・・おそかったか?」

(#゚Д゚)「けっ、んならさっさと張り付くまでよ!」
(メ▼▼)-3「やれやれだぜ」

(´●ω●`)「アレはグラサン君・・、もう辞めたと思っていたが・・」
すこし見ていようと思うてんちょう、しかし試合は動いていた。
王平が突撃を貰うも、弓の集中砲火と馬2体の連突でやられる張飛
残る馬超も生き残る王平を前に下がるしかなく、その間に張り付こうとする槍に弓で射掛けていた。
(´●ω●`)「さすがは「ネタの猛虎」とうたわれたグラサン君だな。」
そこには下がるしかない馬超と、張り付いた槍と乱戦する孟優が映し出されていた。

(メ▼▼)「かははは…くだらねー」
そうこうしている内に劉備も趙累も弾き飛ばされてしまった。
しかし、怒り狂ってるDQNにいい判断ができるはずも無く。
またも城門へ張り付こうとする、しかし死地に戻るも同然だった。

『包囲されたか』 『人間、なめんじゃねぇぇ』
やられる劉備と趙累、DQNの怒りは最高潮に達していた。

(#゚Д゚)「ちっくしょぉぉぉ!!」
再起の法MASTER!!(外伝:士気+士気)

(メ▼▼)「外伝って奴か、確か1UPだったな。」
それは70Cを回ろうとした頃だった。
武力差をものともせず、スキルだけで跳ね除けたグラサン
しかし、戻った馬超とともにDQNは再攻撃を開始しようとしていた。


375 :外伝【帰ってきたグラサン?(5/6)】:2006/07/31(月) 21:53:43 ID:fDxpwrn6

(#゚Д゚)「士気も溜まった勝ったも同然さ!」
(メ▼▼)「相手が勝ち誇ったとき そいつはすでに敗北している・・・(ボソリ」
中盤まで軍を押し上げるグラサン、馬超の回復をまち出撃するDQN
カウントは63を回り始めた。
全軍出撃するDQN、そして全軍を固め大徳を打った。

(#゚Д゚)「てめぇの軍で止められるかな!」
(メ▼▼)「蒸発しそうな勢いだな、こりゃ参った。」
全軍を下がらせるグラサン、しかし劉表だけは其処に居座っていた。
<まだ若いのぅ
劉表の計略で、全軍が知力0となるDQN

(#゚Д゚)「だからなんなんだよ、ゴルァ」
其処に組み付く沙魔柯 孟優 劉封
だが圧倒的武力を前に一気に兵力が減っていく。
速軍の法MASTER!!
猛スピードで向かっていく張松、固まる全軍に一つの計略が発動した!
<ほっほー、おねむの時間じゃて

(メ▼▼)「残ったのは馬超だけだぜ?」
下がろうとする全軍、しかし組み付いていた兵は間に合わなかった
『ぐあぁぁぁ』『父さん、無理でした』『俺の血が足りないねぇ』
(メ▼▼)「肉を切らせて骨を絶つ、まっ計算ずくって奴さ」
しかしDQN軍をあらぬ方向に導く張松は健在だった。
その瞬間にも、猛スピードで王平と劉表は攻城にむかっていた!


377 :外伝【帰ってきたグラサン?(6/6)】:2006/07/31(月) 21:57:11 ID:tg8qYZQk

(##゚Д゚)「張松さえ倒せばいいんだよ!」
猛然と張松へ向かう馬超、それを不敵な笑みで返すグラサン

(メ▼▼)「すくえねぇ!」
<ほっほー、おねむの時間じゃて
案の定計略にかかる馬超、ぐるぐると回るDQN軍全軍
それはさながらチビクロサンボを彷彿とさせる光景だった。

(###゚Д゚)「いつになったら切れるんだよ!」
その間にも、入る攻城。
『まだ若いな』『我に続けぇー』
(|||゚Д゚)「なっ馬鹿な、俺が負けるって言うのか・・・何故・・・;;」
(メ▼▼)σゴゴゴゴゴ!!「たった一つシンプルな理由だ、テメェは俺を怒らせた!」
『任務達成せり、帰還する! 』



(メ▼▼)σ「張松・・・、使うんだよな?」
台の上に置かれる張松、クスクスと聞こえる笑い声
そこにてんちょうが近づいた。
(´●ω●`)「やぁグラサン君、帰ってきたんだね」
(メ▼▼)「今日は、たまたまだよ・・・」
そのままRBOXにカードを戻し、ギャラリーに背を向けグラサンは家路に着いた。