※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヨーヨーって何?


INDEX





本当にヨーヨーを知らない人

な ぜ 来 た
とりあえずググれ


上下させるだけのヨーヨーしか知らない人

お祭りなんかで売っているヨーヨーは、上下させるだけで遊ぶ玩具ですが、このページで扱うのはもうちょっと特殊なヨーヨーです。上下させるだけのヨーヨーでは競技もクソもありませんが、現在販売されているヨーヨーには


こんな感じに糸が伸びきったところでヨーヨーが空転するように出来ているものがあります(空転している状態をスリープと言います)。空転している状態で糸をあやとりのようにしたりヨーヨーの溝を使って糸に乗せたり、ヨーヨーが宙を描くような技をします。

プロの世界

けん玉世界一っていうの、聞いたことありますよね?玩具にだって世界大会が存在するのです。ましてや海外でもプレイされているヨーヨーならなおのこと。世界大会の様子は動画にまとめられています。ヨーヨーの世界大会で勝利したプレイヤーは、大変な名誉とシグネチャーモデルによる収入を得るのが現在のヨーヨー会です。
また、ヨーヨーはジャグリング道具の一種ですので、当然そのパフォーマーも存在します。
「ヨーヨー パフォーマー」で検索してみると、プロのパフォーマーのブログが数件ヒットします。

趣味の世界

競技会は存在するものの、参加しているプレイヤーの割合はさほど多くありません。多くの人が競技の存在を知っていながら、趣味のスポーツとして楽しんでいます。趣味としては目に見えて上達がわかる、ランニングコストはかかるもののあまり高額でもない、上から下まで年齢を問わないとかなり優れた玩具で、実際プレイヤー層は10代以下~40代と幅広いです。
2010年現在、バンダイのハイパーヨーヨーが発売され、ヨーヨー本体は多くの玩具店で手に入ります。価格は2000円弱、糸を買い換えることを考えると月々1000円ほどで維持できます。


コカ・コーラヨーヨーやハイパーヨーヨーを知っている人

ヨーヨーの基本的な構造は変わっていません。軸に固定されていない糸、一番下で空転するスリープ、投げて戻したり…。しかし基本を全く変えないまま、めざましい進化を遂げました。まずは世界大会の動画をどうぞ。


ブランコとか犬の散歩といったレベルではない、まさに競技の世界が繰り広げられています。

本体の進化

  • ストリングトリック部門
現在のヨーヨーは本体が金属で作られているものがあります。高い精度と剛性を元とした重量バランスの進化、加えてバインドというトリックを前提とした構造の進化により、最大スリープ時間は数十分台まで伸びました。
使用されているベアリングは通常の工業製品ではなく、プーリーのように糸を中央に集める構造をしていて、ボディに触れて回転力を失わないように作られています。

  • ルーピングトリック部門
使われているのは昔から変わらずハイパーレイダーです。
が、現在のヨーヨーは自分の使いやすいように改造するのが当たり前となっており、一般的にはナイスペレイダーと呼ばれる作成に経験と手間の必要なものが競技において最上のものとされています。


トリックの進化

  • ストリングトリック部門
トラピーズ(ムーンサルト)、ダブル・オア・ナッシングを基本としたトリックの進化が目覚しく、バインド?仕様と合わせて長時間スリープを利用したロングコンボが花形です。同様にブレインツイスターを基礎とした高速コンボもよく使われています。
バインド?仕様の恩恵を受け、昔は存在しなかったスラック?フック?ウィップ?ホップ?といったストリングを飛ばしたりたわませるトリック、ヨーヨーを水平にスリープさせた状態で行うホリゾンタル?があります。

  • ルーピングトリック部門
トリック自体は昔と同じくダブル・ループやシュート・ザ・ムーンを基本としています。これに加えて体に巻きつかせて行うラップ?・糸同士を接触させるタングラー?が目立ちます。


ヨーヨーをはじめたいんだけどどうすればいい?

まったく触ったことが無いならば、バンダイのハイパーヨーヨーを手に入れましょう。長く続けるかもわからない状態でお試し感覚に手に取るには十分です。
近くのイトーヨーカドーやジャスコといった量販店の玩具売り場に行けば、まず間違いなく手に入ります。ハンズだと手品用品のあたりに置かれていることもあります。
初心者用機種として安いものもありますが、これらの機種は上達するにも時間がかかります。うまくいかない遊びは楽しくないもの、あまりケチらずにクロスドラゴン?を購入しておくことをお勧めします。このとき、一緒にストリングも買いましょう。5本セット500円といいお値段でガッツリ練習すると一週間持ちませんが、最初のお試しとしてはこれで十分です。
ヨーヨーが手に入ったら練習練習!まずはハイパーヨーヨー2010のページからスーパーレベルのトリックを試してみましょう。このとき、一番簡単といわれるロング・スリーパーにこだわらず、フォワード・パスやブレイク・アウェイも試してみましょう。人には向き不向きがあります、これらの方が簡単という人もいるのです。


過去にハイパーヨーヨーブームを経験したことがあるのなら、下記サイトが参考になります。これらのヨーヨーはこれらの実店舗へ出向くか、通販でなければまず手に入りません。また、これらの店舗で購入する場合、ストリングは100本の束で購入することをお勧めします。1本あたり20円と過去のストリングとは1/5のコスト、昔と違いケチりながら練習する必要の無い開放感を味わえます。








.