リンカーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イリノイ州のニュー・セーレムとバンダリアにいる間、大統領に成る前のアブラハム・リンカーンは、まだ”人生哲学”(英:philosophy of life)を見つけてはいませんでした。なぜなら、あまり熱心に求めてたわけでもありませんでし、必要性も感じませんでした。しかし、イエス・キリストによる心の支えがなかったから、息子Eddieの死は彼にとってあまりにも負えないものになったのです。

スプリングフイルド第一長老教会の牧師、ジェームス・スミス博士、がEddieの葬儀を行いました。心を痛めていた親は、希望の光を求めて、牧師の一言一言を熱心に聞きました。

葬儀の後、リンカーンは、牧師を探して、牧師の”心の旅”(spiritual journey)について聞きました。リンカーンは、牧師の正直なところに興味を持ちました。牧師は、神を疑っていた時もあったのです。牧師は、時間をかけ、キリスト教について熱心に学び、神をも試しました。彼の疑いの一つ一つが解消されました。その結果、牧師は、キリスト教の弁明(The Defense of Christianity)と言う本を書きました。

リンカーンは、その本を借りました。家に帰って、当時弁護士でもあったリンカーンは、裁判の準備するかのように、その本の一言一言を読み、疑い、熱心に考えました。それを終えて、彼は、ため息をしたそうです。子供の頃、彼が信じていた純粋な聖書にたいする信仰は、大人の彼の理論的考え(logical mind)によって弁明されたのです。リンカーンは、聖書が神の誤りのない御言葉である、イエス・キリストにある救いは確かである、ことに信じ安らぐことが出来たのです。」参考: ジョー・ウィラー、リンカーン:信仰と勇気の人。(Joe Wheeler、Lincoln: A Man of Faith and Courage)

リンカーンが大統領に成った時、耐えられないような試練にあいました。国は南北戦争戦争(奴隷解放戦争とも言える)で裂かれ、多くの血が注がれ、家族にも不幸がありました。<やがてリンカーンは暗殺されます。>彼の支えと成ったのは、国々と歴史を治める神でした。彼は、聖書を大統領の執務室の机に置き、熱心に神に祈ってことで良く知られています。

Total Hits: -
Today Hits: -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。