ソドムとゴモラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ソドムとゴモラの滅亡」


皆さんは、旧約聖書に記述されているソドムとゴモラの滅亡のエピソードをご存知ですか?聖書にはソドムとゴモラの町が天よりの硫黄と火によって滅亡したと記されている(創世記19:24)のですが、それが考古学的事実と実証されたのです。
1924年、ある探検隊が死海付近でBC2000年頃の町の遺跡を発見しました。その遺物からは、その場所がその時までたいへん繁栄しており、突然消失し、それ以降その地方が荒廃してしまったことがわかったのです。それはまさに、聖書の記述のとおりだったのです。
  当時探検隊の一員だったM.G.カイル博士によると、この地域には遊離した硫黄の混じった泥灰層があるので、このガスに火がつけられたなら大爆発が起こり、塩と硫黄が灼熱したまま天に放出され、文字どおり火と硫黄が天から降ったのではないかということです。
 また、歴史によると、エジプトから救出されたイスラエル人たちは、その後、カナンの地を攻略したのですが、BC1400年頃にカナンの民がイスラエル人から攻撃され、エジプト王に救援を求めた手紙(「アマルナ文書」)も発見されており、現在ではこの事を裏付ける一つの証拠となっています。
 さらに、1929-36年に発掘された「エリコ」の町では、聖書の記述どおり、城壁がくずれ落ちた(ヨシュア記6:20)形跡が見られ、また、その他のカナンの都市も発掘されています。そして、どれも聖書の言うとおり、道徳的に堕落し「悪に満ちていた」(創世記15:16)ことが明らかにされているのです。
このように、ある歴史的事実と聖書の中の記述を対照させながら、当時の様子を思い起こしてみると、聖書に対する興味がさらに増しますね。


Total Hits: -
Today Hits: -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。