※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ふつうのファイルの読みこみ


open(FILE, 'test_1.fas') or die "$!";
while (my $line=<FILE>){
	chomp $line; 
	push(@array,$line);
	}
close (FILE);

1行目 open(FILE, 'ファイル名を入れる') or die "$!";
3行目 改行を取り除く。不必要な際は取り除いても良い

forループを用いたファイルのオープン

for($i=0;$i<1000;$i++)
{
	$str="test_$i.fas";
	open(FILE, $str) or die "$!";
	while (my $line=<FILE>){
		push(@array,$line);
	}
	close (FILE);
処理の中身
}

変数の宣言はやっておきましょう
連番になっているファイルにたいして同じ処理を行ないたいとき、
一度文字列に作り替えてから(3行目)ファイルを開ける

ちなみに、文字列の中に通し番号が入っているときは
$str='test'.$i.'data.txt'
のように、文字列は' 'でかこみ、変数と文字列を.でつなぎましょう。