インパルスガンダム

正式名称:ZGMF-X56S IMPULSE  パイロット:シン・アスカ
コスト:2500  耐久力:620  変形:×  換装:○
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
インパルスガンダム フォースシルエット ソードシルエット ブラストシルエット

【更新履歴】新着3件
13/05/22 アップデートの誤情報を訂正
12/02/11 新規作成

解説&攻略

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の前半主役機がNEXTより復活参戦。
今作ではフォースだけでなく、格闘重視のソードや射撃重視のブラストなどストライクと同じように全シルエットへの換装が可能になった。
どの形態でも全形態の武装がリロードされる。シルエットを換装することで、原作通りに機体のカラーリングも変わる。

それぞれ「機動力」「格闘」「射撃」に特化した三形態を入れ替えて戦うことになる換装機。
ポイントはストライクのI.W.S.P.のような時限強化要素がなく、素の状態で2500コスト分をひねり出す必要がある事。

フォース以外の機動力の低さや攻撃換装でのキャンセルが存在する事もあり、形態間の武装を換装を経由して取り回すシナジーが強く、
この点ではリボーンズと同様に「それぞれの形態で戦うというより、3機分の武装を詰め込んだ1機」としての性質が強い。
たとえばFやSでもそれぞれの武装だけに固執する必要はなく、換装Bメインを扱ってコンボの奪ダウン力を底上げできる、といった形。
このあたりがシナンジュやストライクとの考え方、戦い方の違いになってくる。

BR持ちであり機動性が2500随一でサブや特格などトリッキーな要素も多いFは、射撃戦でのライン形成を中心として相方救援やガン逃げなどにも役立つ基本形態。
強力なブーメランを有し格闘も強力なSは、近接での拒否や逆に放置された時のガン攻め・起き攻めなどで輝く。
メインの効率がよく弾幕形成力も高いBは、足回りこそ劣悪だが換装経由でメインを扱ったり、射撃戦でCSなどでプレッシャーを与えれる。
それぞれの特徴を把握して戦っていこう。

以上の特徴からとても初心者向けとは言えず、ゲームに慣れてから真価を発揮するタイプだが、
3形態を等価で自由に駆使できるという点では全機唯一であり、かなり奥深いやり込みができる機体でもある。
換装を経由してのトリッキーな性能を把握できれば、守る者を守るべき力も手に入れられるはず。

勝利ポーズは3形態それぞれがOPでとった決めポーズ。覚醒技で決めると対フリーダム戦でのエクスカリバーを構えたポーズ。
敗北ポーズはフリーダムにトドメを刺した後爆発に巻き込まれた際の半壊状態。


キャンセルルート

○全形態共通
N特射 → Fサブ
右特射 → Sメイン
左特射 → B後格闘
前特射 → SBD格と前特射以外の格闘

  • フォース
メイン → サブ、右特射、3特射、9特射
CS → サブ、前後左右N(以後は全)特射、特格
サブ → 特格、全特射
格闘任意段(特格除く) → 前後特射

  • ソード
全格闘任意段 → 後特射
N、横、後、BD → 特格 (N最終段&N前派生&横最終段&前&特格は除く)
特格任意段 → 前格闘

  • ブラスト
メイン → サブ、左右N特射
サブ → 全特射
後格闘 → 左右N特射
特格 → 全特射

戦術

上述のとおり換装を使いこなさなければならないため、かなりの判断力が必要になる。
一見フォース、ソード、ブラストの3つを等しく使いこなす機体のように見えるが、それは間違い
基本となる形態は機動性が抜群に良く、BRで相方との連携もしやすいフォースとなる。
逆にブラストは足回りの悪さから近接自衛がしにくいだけでなく、射撃戦でもライン形成が滞るなど問題がある(いわゆる空気ガナー状態になりやすい)ため、癖が強い。

位置取りしやすいフォースを中心として、戦況によってはソードやブラストの武装を戦況によって使ってダウンを取り、すぐフォースに戻って位置取り…の繰り返しが基礎戦術。
特にブラストは「長くブラストでいる」という事自体が、開幕などの余裕のある射撃戦以外では自衛面や相方へのダブルロックなどリスクが大きいため、
フォースやソードからブラストの武装をキャンセルできる機体なのだという考え方をまず持とう。
そう考えると、ひと手間かければ単発ダウンメインを出せる高機動万能機やブメ持ちの格闘機という、インパルスの強みが見えてくる。
その後に初めて「使いどころを間違えなければ弾幕形成力を生かせるブラスト形態でいてもいい」戦況…というのを体で覚えていくのがいいと思われる。

ソードはブラストほどピーキーではない。
自分が放置されそうになった時や、ブメを利用した起き攻めをしたい時など、ソードに換装してどんどん押していける場面というのはある。
迎撃も強力で生半可な格闘機を寄せ付けないぐらいはあるが、機動力の面から「ガン逃げにおいてはフォースの方がやりやすい」というのは覚えておきたい。

最後に基本であるフォースは機動性だけなら2500でも上位の部類に入る。
ただしBRのリロが遅いためCSやブラストメインへの換装キャンセルなどを生かして節約したい。
特格はジャンプ系の格闘としてはとても高性能で、サブと合わせればあがき力もかなり高い。

3形態を使いこなしていけば、隠者やフリーダムといった2500万能機筆頭に部分的に上回る面を上手く出していける。

換装について

換装機には換装したその後の状況が有利になるように換装することが求められる。
インパルスにはソード、ブラストに換装する方法はそれぞれ二種類あり、その場で換装する左右特射と、前進後退しながら換装する前後特射がある。

前特射はソードに換装する。視点変更無し。前進しながら換装する。強判定の格闘で突っ込み、虹ステ可。
右特射はソードに換装する。視点変更有り。足を止めて換装する。ブメキャンセル可。
左特射はブラストに換装する。視点変更有し。足を止めて換装する。後格キャンセル可。
後特射はブラストに換装する。視点変更無し。後退しながら換装する。ケルベロスを撃つ。

それぞれ上記の特徴があり、それをしっかり把握することが必要。
ソードで攻める時は前特射で前進しながら、守りを固める時はブメでキャンセルできる右特射を使う。
ブラストの時では戦線を下げながら換装する場合は後特射を、戦線を維持、又は上げながら換装する場合は左特射を使うなど上手く使い分けられるといいだろう。
通常の換装には基本的に視点変更があり足が止まる左右特射ではなく、視点変更が無く動きながら換装する前後特射を使うようにするとよい。そうすることで換装後の形態の有利な距離を保つことができる。


覚醒考察

  • A覚醒
ソードの格闘の伸びと火力、ブラストのケルベロスによるとどめ刺し能力が跳ね上がる。ブースト速度が上がるのでフォースでの追い込み能力も上がるだろう。モーション高速化の恩恵によりコンボ完走率も上がるため安定して大ダメージを与えることが可能。

  • B覚醒
ソードではブメを青ステできるようになって確定を作りやすく、ブラストではほぼ全ての射撃を青ステ可能になるので、射線形成がしやすくなる。覚醒時間も長く、ブースト燃費も良くなるので逃げにも使える。

今作では(何故か)カットイン及び覚醒SEが種割れではないものの、システム上はSEED覚醒(デスティニーやフリーダム等)と同様の覚醒補正を持つ。
今の所固定ではB覚醒の方が有力だが、ソードの格闘をうまく使いこなせてかつワンコンに全てを捧げて確実にデスコンを決めることが出来る自信があるならばA覚醒も視野に入れられる。自分の好みと相方によって決めよう。

僚機考察

換装機の宿命か、コスト3000と組むのが喜ばしい。ただコスト2500の中でも自衛力は結構あるのである程度はどの機体とも組める。ただし、当てれば火力が出るが当たらない、当たるけど火力が出ない、の2択を迫られているインパルスには手数の多さで光る機体や、当てやすさと火力をある程度両立している機体がマッチする。

コスト3000


  • フルクロス・00・V2
    • 時限換装機とのコンビ。相性も悪くない。強化換装時は共に荒らし回り、生時はソードで護衛してあげたい。

  • ウイングゼロ(TV版)・OOクアンタ・ガンダムDX・ターンX・デスティニー
    • 常に圧力をかけ続けやすい万能機とのコンビ。これらの機体の後ろからケルベロスとF特格CSを刺していき、あわよくばソードの格闘を闇討ちで入れていけると勝利は近い。インパルスに乗るときは相方にはこれらの機体に乗ってもらおう。

コスト2500

バンシィ
 当てやすいがダメージの出ないバンシィのサブに上手くケロベロスを重ねることができれば十分なダメージが取れるので、固定であれば一考の余地はある。


逆に、ルナザクやデュナメスのような後衛機と組んだときは(主にシャッフルなどで)、序盤はいつもどおりブラストだがそこからは主に相方の護衛についてあげて闇討ち狙撃をさせるというのが効率いい。とにかく離れないこと。